ゆきねえの名古屋なごやか喫茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゆきねえの名古屋なごやか喫茶』(ゆきねえのなごやなごやかきっさ)は、NHK名古屋放送局2009年から2014年3月まで全国向けに制作・放送していたラジオトーク番組。

概要[編集]

この番組の“ルーツ”となったのは、沖縄局2007年度から放送している『沖縄熱中倶楽部』である。本土復帰35周年を記念し沖縄を全国に発信しようという目的で制作されたが、好評だったことから2008年度も継続され、これに加えて札幌局北海道洞爺湖サミット開催を記念して『もぎたて!北海道』を、また仙台局が『ぬくだまりの宿 みちのく亭』を、それぞれ全国番組として制作した。これらに続く第3弾として、福岡局制作の『博多屋台 こまっちゃん』とともに、始められることとなった。(2011・12年度はこれに松山局発の「つぶや句575」も加わっていたが、2013年から松山発は祝日を中心とした不定期となった[1]

名古屋市に限らず、愛知県の喫茶店は、モーニングセットの豪華さで知られている。そうした名古屋の喫茶店が舞台として設定されている。その女主人に地元出身のタレント“ゆきねえ”こと兵藤ゆきが起用され、名古屋局の男性アナウンサーが交替で店員を務める。来店客は名古屋出身者、または名古屋ゆかりの他地域出身人物で、名古屋についてのいろんなトークを展開する。番組の中盤に今回放送の店員役を務めるアナウンサーが当店挽きたてのコーヒーを入れるという演出(実際はナレーションのみ挿入でコーヒーを入れる音は毎回同じ)がある。

2014年4月から新番組「ミュージック・イン・ブック」(平成26年度国内放送番組編成参照)を編成するのに伴い、水曜日に放送した地方局制作全国ネット番組を終了するのに伴い2014年3月19日の放送分を持って終了となった。

  1. ^ 第5週は別の単発枠になった

放送時間[編集]

ラジオ第1 第3水曜 21:30 - 21:55(2009年度は5週おきに1回放送)

備考(放送休止の事例)[編集]

出演[編集]

  • 喫茶店主:兵藤ゆき
  • 店員:名古屋局アナウンサー(交替出演)
  • ウェイトレス:菜月(名古屋のローカルタレント。2011年10月11月(11月は前述のとおり12月に放送延期)に兵藤が欠席したのに伴い担当)
  • 来店客:毎回のテーマに沿ったゲスト
ゆきねえの名古屋なごやか喫茶 | NHK名古屋放送局
NHKラジオ第1放送 第3水曜日21:30-21:55
前番組 番組名 次番組
ゆきねえの名古屋なごやか喫茶
(2009-13年度)