ゆずれない夏 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゆずれない夏
TUBEスタジオ・アルバム
リリース
録音 1995年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル J-POP
レーベル Sony Records
Sony Music Associated Records(再発)
プロデュース TUBE
チャート最高順位
  • 週間2位(限定盤、オリコン
  • 週間3位(通常版、オリコン)
  • 1995年度年間62位(限定盤、オリコン)
  • 1995年度年間42位(通常版、オリコン)
  • 1995年度年間43位(CT、オリコン)
  • 登場回数5回(限定盤、オリコン)
  • 登場回数13回(通常版、オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • ゴールド(台湾、韓国)
  • TUBE 年表
    Melodies & Memories
    1994年
    ゆずれない夏
    1995年
    TUBEst II
    1996年
    『ゆずれない夏』収録のシングル
    テンプレートを表示

    ゆずれない夏』(ゆずれないなつ)は、1995年6月17日に発売された日本バンドTUBEの15作目のオリジナル・アルバム2003年7月2日Sony Music Associated Recordsより再発売された。(規格品番はAICL 1466)

    概要[編集]

    • 1992年のオリジナルアルバム「納涼」から1994年のバラードベストアルバム「Melodies & Memories」の4作品連続首位を獲得していたが、今作は首位を逃してしまった。首位を逃したものの、100万枚を突破している。
    • オリジナルアルバムとしては1年ぶりに発売された。
    • 初回限定盤は前作同様、チューブ缶にステッカーと共に入っている。
    • アルバムのキャッチフレーズは「Everybody 夏王!!」
    • 今作を引っ提げて恒例の野外ライブツアー「明治生命スタンバイ TUBE LIVE AROUND SPECIAL ’95 FIGHT」を新富谷ガーデンシティ、横浜スタジアム、ナゴヤ球場、阪神甲子園球場で開催した。

    収録曲[編集]

    全作詞: 前田亘輝、全作曲: 春畑道哉、全編曲: TUBE
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.いつかの僕よ...前田亘輝春畑道哉
    2.シャララ前田亘輝春畑道哉
    3.ゆずれない夏前田亘輝春畑道哉
    4.Get back to those summer days前田亘輝春畑道哉
    5.乗りかえちゃうもんね前田亘輝春畑道哉
    6.雨の日の過ごし方前田亘輝春畑道哉
    7.晴れてタムレ前田亘輝春畑道哉
    8.Kona windに吹かれて前田亘輝春畑道哉
    9.暗闇をけとばせ前田亘輝春畑道哉
    10.海よりも深く 空よりも大きく前田亘輝春畑道哉
    11.今日からずっと前田亘輝春畑道哉
    12.僕達はどこへ前田亘輝春畑道哉

    タイアップ[編集]

    いつかの僕よ...
    ゆずれない夏
    Kona windに吹かれて

    ゲストミュージシャン[編集]

    • 小野塚晃DIMENSION) - キーボード
    • 鹿島伸夫 - キーボード
    • 中尾昌文 - マニピュレート
    • 沓野行秀 (Riding) - パーカッション
    • 勝田一樹 (DIMENSION) - サックス
    • 佐々木史郎 - トランペット
    • 小林太 - トランペット
    • 木幡光邦 - トランペット
    • 中路英明 - トロンボーン
    • Hiiro Strings - ストリングス
    • 小松久 - ウクレレ
    • 伊藤一義 - コーラス
    • 生沢佑一 - コーラス
    • 大黒摩季 - コーラス(#5)
    • 古川真一 - コーラス
    • 岩切玲子- コーラス
    • 山本千絵 - コーラス
    • 池田大介 - ストリングスアレンジ(#6,11)

    クレジット[編集]

    • TUBE - プロデューサー
    • 小松久 - ディレクター
    • 中島正雄 - スーパーバイザー
    • B・M・F - エグゼクティブ・プロデューサー
    • 橋爪健康 - エグゼクティブ・プロデューサー
    • 菅原潤一 - エグゼクティブ・プロデューサー