ゆめタウン熊本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イズミ > ゆめタウン > ゆめタウン熊本
株式会社ゆめタウン熊本
YoumeTown Kumamoto Co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 862-0965
熊本県熊本市田井島1丁目2-1
設立 1984年3月
業種 小売業
事業内容 大型SCなどの運営
代表者 吉田恒彦(代表取締役社長)
資本金 90百万円
従業員数 124名
決算期 毎年2月末
主要株主 株式会社イズミ 100%
関係する人物 真下梅夫(前・代表取締役社長)
外部リンク www.izumi.co.jp
テンプレートを表示

株式会社ゆめタウン熊本(ゆめタウンくまもと)は、かつて熊本県熊本市に本社を置き、株式会社イズミの傘下企業だった企業。

概要[編集]

元々はイズミがゆめタウン事業を山口県下関市長府で展開するにあたり、不動産取得および店舗運営を担当する会社として設立した「長府商業開発株式会社」が起源。以後、永くゆめタウン長府の運営に特化した事業を行っており、他のゆめタウンと同様の店舗運営を行っていたため、半ば休眠会社的な存在となっていた。

その後、かつて「ニコニコドー」の店舗名で熊本で展開していたスーパーマーケットチェーン運営会社のニコニコ堂(1960年創業)が2002年に民事再生法適用の申請をした際、スポンサー企業となったイズミが同社のショッピングセンター事業を引き受ける際に長府商業開発が同社の大型ショッピングセンター4店舗の運営を引き受けることとなり、「ゆめタウン熊本」の名称に改めた上で本社を熊本に移転したものである。(ニコニコ堂の中小店舗については、新たに株式会社ゆうあいマートを設立し、同社が継承した)。

2008年、イズミの事業効率化に向けた子会社再編に伴い、海外ブランド品の卸小売りを手がけていた株式会社エクセルと共にイズミ本体に吸収合併され、解散した。

沿革[編集]

かつての運営店舗[編集]

ゆめタウン鳥栖を除き、現在はイズミ直営店となっている。

  • ゆめタウンはません(旧「クリスタルモールはません」、熊本県熊本市田井島)
  • ゆめタウンサンピアン(旧「サンピアンシティーモール」、熊本県熊本市上南部)
  • ゆめタウンあらお(旧「あらおシティモール」、熊本県荒尾市)
  • ゆめタウン鳥栖(旧「鳥栖シティモール」、佐賀県鳥栖市) - イズミへ合併後、スーパーセンターイズミ鳥栖店を経て閉店

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “子会社の事業再編に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社イズミ, (2008年4月11日), http://www.izumi.co.jp/news_release/pdf/kogaisya_saihen.PDF 2010年10月17日閲覧。