よしづきくみち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よしづき くみち
生誕 (1974-01-26) 1974年1月26日(44歳)[1]
日本の旗 日本東京都[2]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
活動期間 2002年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
代表作 魔法遣いに大切なこと』シリーズ[3]
受賞 講談社アフタヌーン四季賞佳作
公式サイト つちのこ準星群
テンプレートを表示

よしづき くみち1974年1月26日[1] - )は、日本漫画家イラストレーター東京都出身、埼玉県在住[2]血液型はO型[1]左利き[4]

2002年1月に『月刊コミックドラゴン』(富士見書房)掲載の『Living Quarter』でデビュー。同年5月、同誌にて連載開始した『魔法遣いに大切なこと - Someday's dreamers』(原作:山田典枝)で連載デビューし、代表作[3]となった。2017年から2018年まで『週刊少年マガジン』(講談社)にて『8畳カーニバル』を連載。

姓名の区切りを「よしづ / きくみち」と誤解されることがあるが、「よしづき / くみち」と区切るのが正しい。

来歴[編集]

デビューまで[編集]

1974年東京都で生まれる。小学生のころに姉の影響で漫画を読み始め、漫画の絵を真似して描くうちに漫然と漫画家を志すようになった[5]。中学校時代はイラスト部に所属し、作品展に出品したイラストを褒められた経験から「絵の仕事で食べていこう」と考えたという[5]

高校卒業後、専門学校へ進むも「自分で勉強して投稿した方が早いな」と考えて中退[6]。『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に2回投稿したが実らず、当時好きでよく読んでいた『月刊アフタヌーン』(講談社)に投稿し[6]1993年アフタヌーン四季賞佳作を受賞した[7]。デビューに向けて短編のネームを担当編集者に見せる日々を送っていたところ、漫画家・藤島康介にアシスタントを依頼され、専属アシスタントとなった[7]

アシスタントを始めてしばらくしたころ、藤島の職場にパソコンペンタブレットが導入され、初めて使ったペイントソフトに「これ使えばもう描けない絵なんてないじゃん」と思うほどの強い衝撃を受ける[8]。やがて自分でも購入し、2000年に自身のホームページ「つちのこ準星群」を開設[9]。翌2001年、ホームページで公開していたイラストが富士見書房の編集者の目に留まり、「原作つきの作品をやってみないか」と誘いを受けた[9]。その誘いを一旦保留とさせてもらった上で[9]、同社刊行の『月刊コミックドラゴン2002年2月号にて『Living Quarter』を発表。四季賞佳作受賞から約8年越しのデビューを果たした[注 1]

原作付き作品のヒット[編集]

『Living Quarter』を描く中で「話の構成がいちばんむずかしい」と力不足を感じ、「原作つきで修行させてもらえるのはやっぱりありがたいな」と考えて当初の誘いを引き受ける[9]。こうして2002年5月、藤島のアシスタントを辞めて[6]同誌にて『魔法遣いに大切なこと - Someday's dreamers』(原作:山田典枝)の連載を開始し、連載デビューした。同作はアニメ化小説化もされるヒット作となってシリーズ化。翌2003年に連載開始したシリーズ第2作『魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道』(同原作)でもよしづきが作画を担当した。

2006年の『太陽と風の坂道』連載終了後、2008年のシリーズ第3作『魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜』(同原案)ではストーリーからよしづきが担当。また同年には『夏のソラ』の連載と並行し、同名実写映画を原作とした『フレフレ少女』(原作:橋本裕志・渡辺謙作)も『スーパージャンプ』(集英社)にて連載した。

オリジナル連載の開始[編集]

2009年、『オースーパージャンプ』(集英社)に不定期連載[10]として発表していた『君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜』が毎号連載化し、初のオリジナル連載作品となる。2度の連載誌移籍を経て2012年に連載終了した翌2013年には、『別冊少年マガジン』(講談社)にて『クーロンフィーユ』を連載開始。同社の新人賞を受賞して以来初めて講談社刊行誌での連載を果たした。

2014年の『クーロンフィーユ』連載終了以降は、集英社の青年誌と講談社の少年誌を行き来しながら作品を発表している。2017年から2018年にかけては『8畳カーニバル』を『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載し、オリジナル作品では初の週刊連載作品となった。

年表[編集]

作風[編集]

出版社による宣伝文句などに用いられることのある「抒情派絵師[12]」との形容は、よしづきの作風を漫画家・イラストレーターという両側面について端的に表している。透明感溢れる作画に定評があり[13]、デジタル作画ながらアナログらしさを意識した絵作りが特徴[14]

特に「息吹を感じさせるやわらかな少女イラスト[9]」を得意としており、『マギの贈り物』巻末解説を著した脚本家・漫画原作者の横幕智裕は「よしづき先生の描く女の子は、[中略] 明るい表情、切ない表情、泣き顔、さまざまな表情が実に魅力的」と評している[15]。また、緻密な背景の描写も特徴的で[16]、光と大気を意識した[17]その画風を『コミックス・ドロウイング』4号では「淡い世界に広がる空気感[18]」と形容している。

趣味[編集]

趣味はバイク、写真、天体、キャンプなど広範囲に渡るほか[12]、交友のあるCLAMP・猫井椿から「猫ばか」と呼ばれる[19]ほどの愛猫家でもある。

特にバイクは趣味として最初に挙げられることが多い[1][12][20]。愛機の車種はCBR600RR[20]。16歳の時にNSR250Rを購入して以来、バイクを所有していなかった時期はないといい、「アクセルを開けばすぐにあのころの青春モードに心を乗せることができる」と語っている[21]

また、写真はアシスタント時代に先輩の勧めでカメラを始めて以来の趣味であり[16]、その体験は自身の描くイラストにも活かされているという[22]。「カメラを知って以降は、光や陰影の捉え方についてが大きく変わりました[22]」と語り、レンズを意識した構図や光彩の表現など多くのことを学んだと述べている[16]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

  • 各作品の詳細についてはリンク先の各記事を参照。
  • デフォルトでの表示は発表順。
  • 〉連載・読切・アンソロジー参加の3種に大別。アンソロジー参加は「アン」と略記。
  • 発行〉ワニマガジン社は「ワニ社」と略記。
  • 掲載〉初出を記載。雑誌の場合は掲載誌名と号数、書籍・同人誌の場合は『書名』と発行年を記載。
    • 掲載誌のソートは刊行頻度(週刊 etc.)を除いた名称で行う。
  • 短1:『よしづきくみち作品集 はじまりのはこ』、短2:『よしづきくみち短編集 君と僕のアシアト』、短3:『恋する凡人と六魔法 〜よしづきくみち短編集〜』、:短編集以外への収録、:単行本未収録。
連載作品 読切作品 アンソロジー参加作品
作品名 発行 掲載 備考
0 2000年代
1 りひんくくおおたあLivingQuarter 読切 ふしみしよほう富士見書房 こみつくとらこん月刊コミックドラゴン 2002年2月号 短1 デビュー作。
2 まほうつかいにたいせつなこと さむていすとりいまあす魔法遣いに大切なこと - Someday's dreamers 連載 ふしみしよほう富士見書房 こみつくとらこん月刊コミックドラゴン 2002年6月号 - 2003年2月号 連載デビュー作であり、「魔法遣いに大切なこと」シリーズ第1作。原作:山田典枝
3 まほうつかいにたいせつなこと たいようとかせのさかみち魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道 連載 ふしみしよほう富士見書房 とらこんえいし月刊ドラゴンエイジ 2004年1月号 - 2006年3月号 「魔法遣いに大切なこと」シリーズ第2作。原作:山田典枝。
4 てのひら 読切 同人誌 『てのひら』(2005年) 短2
5 なつみ 読切 同人誌 『てのひら』(2005年) 短2
6 ことのは 読切 同人誌 『ことのは』(2006年) 短1
7 すなぼし 読切 同人誌 『すなぼし』(2006年) 短1
8 きみとほくのあしあと君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜【不定期連載版】 連載 しゆうえいしや集英社 おおすうはあしやんふオースーパージャンプ 2007年4月号 - 2007年9月号 短2 初の青年誌掲載。
9 あはうとみいabout me 読切 同人誌 『about me』(2007年) 短2
10 いらはやしさんのふあんとむああむ伊良林さんのファントムアーム 読切 しやいふジャイブ こみつくらつしゆ月刊コミックラッシュ 2007年9月号 短1
11 おくりもの 読切 同人誌 『かぜおと』(2007年) 短1
12 かのしよのせかい彼女のせかい 読切 同人誌 『ひまなつ』(2007年) 短2
13 け・ん・か 読切 はくせんしや白泉社 やんくあにまるあいらいんとヤングアニマルあいらんど 2007年11月11日号 短2
14 まほうつかいにたいせつなこと なつのそら魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 連載 かとかわしよてん角川書店 しようねんええす月刊少年エース 2008年4月号 - 2009年1月号 「魔法遣いに大切なこと」シリーズ第3作。原案:山田典枝。
14 ふれふれしようしよフレフレ少女 連載 しゆうえいしや集英社 すうはあしやんふスーパージャンプ 2008年8号 - 21号 同名実写映画の漫画化。原作:橋本裕志・渡辺謙作。
15 いましなりいらいんImaginary Line 読切 同人誌 『Imaginary Line』(2008年) 短3
16 きみとほくのあしあと君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜【毎号連載版】 連載 しゆうえいしや集英社 おおすうはあしやんふオースーパージャンプ 2009年4月号 - グランドジャンプPREMIUM 2012年7号 初のオリジナル連載。
17 すすみやはるひのせかい涼宮ハルヒの世界 アン かとかわしよてん角川書店 『涼宮ハルヒの競演 ハルヒコミックアンソロジー』(2009年) 涼宮ハルヒシリーズのアンソロジー。
18 かのしよのしあわせ彼女のしあわせ 読切 はくせんしや白泉社 やんくあにまるあいらいんとヤングアニマルあいらんど 2009年3月27日号
19 ちええんおふさわーるどチェーン おブ ザ ワーるド 読切 わにまかしんしやワニ社 せらちん季刊GELATIN 2009年あき号 短3
20 しろいみち白い道〜Chemin blanc〜 読切 しようねんかほうしや少年画報社 やんくきんくヤングキング 22号 短3
20.5 2010年代
21 しるへシルベ 読切 同人誌 『シルベ』(2010年)
22 こうかん交換 読切 同人誌 『交換日記』(2010年) 短3 原作:とよ田みのる
23 くうろんふいいゆクーロンフィーユ 連載 こうたんしや講談社 しようねんまかしん別冊少年マガジン 2013年2月号 - 2014年3月号
24 らしおたいそうたいいちラジオたいそう第一 読切 同人誌 『ラジオたいそう』(コピー本版、2013年) 短3 続編に『ラジオたいそう第二』がある。
25 まきのおくりものマギの贈り物 連載 しゆうえいしや集英社 くらんとしやんふふれみあむグランドジャンプPREMIUM 2014年5月号 - 2015年1月号
26 らしおたいそうたいにラジオたいそう第二 読切 同人誌 『ラジオたいそう』(オフセット版、2014年) 短3 『ラジオたいそう第一』の続編。
27 せいけつなかのしよ清潔な彼女 読切 同人誌 『清潔な彼女』(2015年) 短3 月刊ComicREX 2017年10月号にも掲載。
28 きみとひやくかいめのこい君と100回目の恋 連載 しゆうえいしや集英社 やんくしやんふ週刊ヤングジャンプ 2016年22・23合併号 - 2017年10号 初の週刊連載であり、同名実写映画の漫画化。原作:Chocolate Records、構成:イナバセリ。
29 はちしようかあにはる8畳カーニバル 連載 こうたんしや講談社 しようねんまかしん週刊少年マガジン 2017年50号 - 2018年24号 初のオリジナル週刊連載。
30 あらくれえむあ・ら・クレーム! アン かとかわKADOKAWA 『いやされて 社畜女子のコミックアンソロジー』(2017年) いきのこれ! 社畜ちゃん』アンソロジー。

イラスト[編集]

当該イラストが初出の商業媒体のみ掲載。★はイラストが『よしづきくみち画集 〜Calendar Film〜』に収録されているもの。

展覧会出展[編集]

  • 夏のはな(2011年、『絵師100人展』)
  • pray(2012年、『絵師100人展02』)
  • 初参(2013年、『絵師100人展03』)
  • Magic Idol(2014年、『絵師100人展04』)
  • 畔(2015年、『絵師100人展05』)
  • 分光(2016年、『絵師100人展06』)
  • 時程(2017年、『絵師100人展07』)

雑誌掲載[編集]

小説挿絵[編集]

  • ★純情FBA!(著:野島けんじ、2003年、角川書店
  • キララの家(著:椎野美由貴、『ザ・スニーカー』2004年10月号掲載、角川書店) - 未単行本化
  • 真夜中のにらめっこ(著:赤川次郎、『少年探偵と4つの謎』所収、2010年、角川書店)
  • 僕が七不思議になったわけ(著:小川晴央、2014年、KADOKAWA
  • 君の声に耳をすまして(著:小川晴央、2015年、KADOKAWA)
  • やり残した、さよならの宿題(著:小川晴央、2016年、KADOKAWA)

カバーイラスト[編集]

  • ★高橋廣敏の現代文[客観問題]が面白いほどとける本(2003年、中経出版
  • ★高橋廣敏の現代文[記述問題]が面白いほどとける本(2003年、中経出版)
  • ★大宮理の 化学[理論化学編]が面白いほどわかる本(2003年、中経出版)
  • ★大宮理の 化学[無機化学編]が面白いほどわかる本(2004年、中経出版)
  • ★高橋廣敏の 「受かる! 小論文」が面白いほど書ける本(2004年、中経出版)
  • ★大宮理の 化学[有機化学編]が面白いほどわかる本(2005年、中経出版)
  • ★『ティアズマガジン』77号(2006年、コミティア実行委員会
  • ★新出題傾向対応版 大宮理の 化学[理論化学編]が面白いほどわかる本(2007年、中経出版)
  • 新出題傾向対応版 大宮理の 化学[有機化学編]が面白いほどわかる本(2007年、中経出版)
  • 阿由葉勝の 文系数学最頻出テーマ[I・A・II・B]を攻略する本(2008年、中経出版)
  • アマガミ -Various Artists- 4(2010年、エンターブレイン)
  • サウンドガール デュオ ―音響少女―(2010年、白夜書房
  • ぼくは科学の力で世界を変えることに決めた(2015年、講談社)

その他[編集]

キャラクターデザイン[編集]

漫画原作[編集]

  • 漫画『等価なふたり』(作画:とよ田みのる、2012年、『とよ田みのる短編集 CATCH&THROW』、小学館

出演[編集]

書籍リスト[編集]

漫画単行本[編集]

長編 短編集
書名 発行 レーベル 発行年
1 まほうつかいにたいせつなこと さむていすとりいまあす魔法遣いに大切なこと - Someday's dreamers かとかわしよてん角川書店 DC 06A5 2002年 - 2003年 2
2 まほうつかいにたいせつなこと たいようとかせのさかみち魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道 かとかわしよてん角川書店 DC 05B6 2004年 - 2006年 5
3 まほうつかいにたいせつなこと なつのそら魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜 かとかわしよてん角川書店 KCA 05B6 2008年 2
4 ふれふれしようしよフレフレ少女 しゆうえいしや集英社 JCD 05B6 2008年 2
5 きみとほくのあしあと君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜 しゆうえいしや集英社 JCD 05B6 2010年 - 2012年 6
6 くうろんふいいゆクーロンフィーユ こうたんしや講談社 KC 02新書 2013年 - 2014年 3
7 まきのおくりものマギの贈り物 しゆうえいしや集英社 YJC 05B6 2015年 1
8 きみとひやくかいめのこい君と100回目の恋 しゆうえいしや集英社 YJC 05B6 2017年 3
9 はちしようかあにはる8畳カーニバル こうたんしや講談社 KC 02新書 2018年 - 2[注 2]
10 よしつきくみちさくひんしゆうよしづきくみち作品集 はじまりのはこ しやいふジャイブ CC 05B6 2007年 1
11 よしつきくみちたんへんしゆうよしづきくみち短編集 君と僕のアシアト しゆうえいしや集英社 JCD 05B6 2008年 1
12 こいするほんしんとろくまほう恋する凡人と六魔法 〜よしづきくみち短編集〜 いちしんしや一迅社 IDC 05B6 2017年 1

画集[編集]

  • 『よしづきくみち画集 〜Calendar Film〜』富士見書房(2008年9月30日発行、9月17日発売[3]、ISBN 978-4-8291-7670-2) - 初の画集。代表作である『魔法遣いに大切なこと』シリーズのイラストを中心に、描き下ろしを含む100点超のイラストを収録している[3]

関連人物[編集]

藤島康介
ああっ女神さまっ』13巻収録分から26巻収録分まで[23]の約7年間[16]、よしづきがアシスタントを務めた。よしづき初のオリジナル連載作品単行本となった『君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜』1巻のには、藤島が推薦文を寄稿している[24]
かずといずみ
よしづきがホームページを開設した2000年当時から交流があり[25]、いずみの同人誌によしづきがゲストイラストを寄稿するなどしていた[26]。よしづきがデビューした後も単行本にしばしばスペシャルサンクスなどとして、いずみの名前がクレジットされていた[注 3]。現在[いつ?]も交流がある[要出典]その関係からか、絵のタッチが共通している[独自研究?]
とよ田みのる
同人活動を通じた交流がある。互いの原作ネームを交換して作画した合同誌『交換日記』を2010年に発表し[27]、後にその作品が互いの短編集に収録された[注 4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ イラストレーターとしては2000年に『カラフル萬福星』(ビブロス)15号にてオリジナルカラーイラストをkojita名義で発表し、デビューしている。
  2. ^ 2018年4月現在。
  3. ^ 魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜』各巻、『君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜』各巻など。
  4. ^ よしづき原作・とよ田作画の『等価なふたり』は『とよ田みのる短編集 CATCH&THROW』(2012年、小学館)に、とよ田原作・よしづき作画の『交換』は『恋する凡人と六魔法 〜よしづきくみち短編集〜』(2017年、一迅社)に収録された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『月刊少年エース』2009年1月号、角川グループパブリッシング、 12頁。
  2. ^ a b c 『絵師100人』、203頁。
  3. ^ a b c d よしづきくみち画集 ~Calendar Film~ よしづき くみち:書籍|KADOKAWA”. KADOKAWA. 2018年3月4日閲覧。
  4. ^ 『別冊少年マガジン』2013年4月号241頁。
  5. ^ a b 『Calendar Film』、104頁。
  6. ^ a b c 『Calendar Film』、105頁。
  7. ^ a b c よしづきくみち 『はじまりのはこ よしづきくみち作品集』 ジャイブ2007年、193頁。ISBN 978-4-86176-428-8。
  8. ^ よしづきくみち 『はじまりのはこ よしづきくみち作品集』 ジャイブ2007年、192頁。ISBN 978-4-86176-428-8。
  9. ^ a b c d e 『パレッタ』2002年秋号、52頁。
  10. ^ “野口賢とよしづきくみち、Ohスーパージャンプで新連載”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2009年3月6日). https://natalie.mu/comic/news/14057 2018年3月29日閲覧。 
  11. ^ 魔法遣いに大切なこと1 よしづき くみち:コミック|KADOKAWA”. KADOKAWA. 2018年3月22日閲覧。
  12. ^ a b c マギの贈り物|集英社グランドジャンプ豪華連載陣”. 2016年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月2日閲覧。
  13. ^ コミティア実行委員会 『コミティア30thクロニクル 第3集』 双葉社2014年、521頁。ISBN 978-4-575-30795-5。
  14. ^ 『コミックス・ドロウイング』4号、52頁。
  15. ^ 横幕智裕 「解説」『マギの贈り物集英社2015年、215頁。ISBN 978-4-08-890139-8。
  16. ^ a b c d 『月刊ニュータイプ』2003年3月号、210頁。
  17. ^ 『コミックス・ドロウイング』4号、51頁。
  18. ^ 『コミックス・ドロウイング』4号、54頁。
  19. ^ CLAMP公式ウェブサイト|CLAMP-NET.COM|CLAMPからの一言メッセージ”. 2009年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月29日閲覧。
  20. ^ a b 『別冊少年マガジン』2013年4月号、242頁。
  21. ^ よしづきくみち 『恋する凡人と六魔法 〜よしづきくみち短編集〜』 一迅社2017年、67頁。ISBN 978-4-7580-6681-5。
  22. ^ a b 『コミックス・ドロウイング』4号、53頁。
  23. ^ よしづきくみちの2014年3月20日のツイート2017年12月7日閲覧。
  24. ^ よしづきくみち 『君と僕のアシアト〜タイムトラベル春日研究所〜』1巻、集英社2010年、帯。ISBN 978-4-08-859816-1。
  25. ^ よしづきくみちの2017年5月6日のツイート2018年3月11日閲覧。
  26. ^ 『Calendar Film』、111頁。
  27. ^ つちのことよ田 | 交換日記 | とよ田みのる&よしづきくみち”. 2018年3月11日閲覧。

参考文献[編集]

主要参考文献のみを記載。この他の参考文献については脚注方式で#出典に記載している。