よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吉本興業 > よしもとクリエイティブ・エージェンシー > よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社
SapporoFactory02.jpg
よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社がある
サッポロファクトリー一条館
種類 株式会社
略称 札幌吉本
本社所在地 日本の旗 日本
060-0031
北海道札幌市中央区北1条東4丁目1
サッポロファクトリー一条館3階
設立 1994年
業種 サービス業
事業内容 タレントの育成及びマネージメント
放送番組及び各種イベントの企画・制作・運営
外部リンク http://www.yoshimoto.co.jp/sapporo/
テンプレートを表示

よしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社(よしもとクリエイティブ・エージェンシーさっぽろししゃ)は、日本の芸能プロダクションよしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌市中央区にある事務所。サッポロファクトリー一条館3階に所在している。通称は札幌吉本さっぽろよしもと)。札幌市の劇場などの北海道地区各劇場を中心に活躍している。

歴史[編集]

吉本の札幌進出のきっかけとなったのは、1990年代に家庭の事情により大阪から札幌に拠点を移していた落語家の桂小つぶ(現・2代目桂枝光)であった。1994年に同じく大阪から笑ハンティングを呼び、事務所を設立。第1期オーディションを開催し、タカアンドトシアップダウンらを輩出した。このオーディションは北海道文化放送(UHB)の番組内で行われており、以来UHBとは「笑道」の放映をはじめ所属芸人の出演番組の制作が多く、親密な関係にある。

2007年9月30日までは吉本興業札幌事務所だったが、同年10月1日の吉本興業の持株会社化に伴い、新設子会社の同社に移行した。1999年から2004年まで、マイカル小樽(現・ウイングベイ小樽)にあった「観光名所小樽よしもと」を運営していた。かつては常設劇場「電車通り8丁目スタジオ」を持っていたが2004年頃に閉鎖され、以後はノルベサのイベントスペースや琴似駅のターミナルプラザことにパトス、狸小路のBFHホールなどの貸ホールをライブの拠点としている。

2010年6月よりよしもとクリエイティブ・エージェンシー札幌支社となった。

ライブ[編集]

定期ライブ[編集]

  • 笑道(毎月1回、主にターミナルプラザことにパトス)
    • 2部制で昇格・降格のあるライブ。「白帯」ステージではアマチュアの出場も受け付けている。北海道文化放送にて地上波放送がある。
  • ネタとコーナーのライブ(毎月1回、主にBFHホール)
    • よしもとライブRAMの後継的ライブ。
  • ramchop(不定期水曜日、サッポロファクトリー

所属タレント[編集]

本項では、芸名がある場合でも一部を除き本名で記載。

芸人[編集]

  • 龍見(元笑ハンティング
  • モリマン(ホルスタイン・モリ夫、種馬マン)
  • すずらん(山本貴之、杉村繁宏)
  • スキンヘッドカメラ(岡本雄矢、下山敏広)(旧コンビ名Nifuから改名)
  • オジョー
  • 桂三段
  • しろっぷ(亀田純平、小原寛史)
  • ゴールデンルーズ(有馬敬希、根本悠)
  • リングリンデまひろ(菅野真寛)
  • ソレイユ(亀田晋太郎、前田直斗)
  • 神様のペット(三谷敬章、鈴木祐作)
  • つちふまズ(三木智洋、小澤徹也)
  • コロネケン(渋谷正樹、束田孝太)
  • 齋藤のようなもの(齋藤諒)
  • アルちゃん先生(ワイランド・アルバート)
  • わっかない村井(村井真大)

その他[編集]

  • 大林宜裕(ポップカルチャータレント[1]
  • Satoly(アーティスト)
  • 添乗員太田[2]

過去に在籍していた(オーディション組を含む)芸人[編集]

東京本社所属

他事務所で活動

解散・退社

  • かんとりいず(解散)
  • パートアント※オーディション組(解散)
  • セカンドステージ※オーディション組(解散)
    • 安川智巨は函館市を拠点にラジオパーソナリティ活動。
  • ホヘト(解散)
  • なっとうチャーハン(解散)
  • SOBADS(解散)
  • ビタミンC(東京本社移籍を経て解散)
  • プレゼンテーブル(解散)
  • グリーンランド(東京本社移籍を経て解散)
    • 杉木大樹はおまめサンシローの名でyoutuberとして活動。
  • 山本貴之
    • 元なっとうチャーハンのシゲとすずらん」を結成。
  • ジョーカー(解散)
    • 解散後、千葉美穂は平澤愛と「スプーン」を結成(のち解散)。
  • スプーン(解散)
    • 千葉美穂はオジョーと「パンダスティックランマー」を結成、東京本社に移籍(のち解散)。
  • ビックシティ(解散)
    • 岡本雄矢は「スピーカーズ」結成(のち解散)。森崎尚也は道内で司会者・リポーターとして活動。
  • アサヒノボルアガル(解散)
    • 山田卓史は「スピーカーズ」結成(のち解散)。
  • スピーカーズ(解散)
    • 岡本雄矢は「Nifu」(のち「スキンヘッドカメラ」に改名)として活動。
  • ピグマリオン(解散)
    • 下山敏広は「Nifu」(のち「スキンヘッドカメラ」に改名)として活動。
  • Nクラブ(解散)
    • 吉本直喜は「ぽんぽん」(のち「チョーウルトラ」に改名)を結成。
  • 少年マイル(解散)
  • アクアジェラート(解散)
    • 810は退社。平沢直人はLOLに所属し、元KBBYの馬場千晶とのユニット「Candy blossom」として活動。
  • タイブレイク(解散)
    • 安樂光は退社。飯田真悟は元ブーメラン学園の酒井聡と「兎」を結成・解散。
  • インディゴブロッコリー(解散)
    • 樋渡太一は1年間ピン芸人活動した後「加我正源」に加入するかたちで「サンモジ」として活動(のち解散)。有馬敬希は「ゴールデンルーズ」として活動。
  • サンモジ(解散)
    • あゆみの脱退・引退後、「サンモジ」としてコンビとなるが再び解散。たくやは「加我たくや」としてピン芸人活動。
  • カウントダウン(解散)
    • 六波羅虎政はピン芸人「虎政」として活動(のち退社)
  • SF革命(解散)
  • (解散)
    • 飯田真悟は引退、酒井聡は「ブーメラン学園」で活動。
  • わびさび(解散)
    • ザッキーは「ブーメラン学園」で活動。
  • グラフティー(解散)
    • 誠は「キリンジャー」として活動(のち解散)
  • キリンジャー(解散)
    • 誠は引退、鈴木祐作は「スズサク」としてピン芸人活動後、「神様のペット」として活動。
  • ラマナラマーナ(解散)
    • タカシは「さんさんず」、だいすけ君は「えだまめズ」として活動。
  • ノーマルフェイス(解散)
    • 藤下は「ワンマンパーティ」としてフリーで活動、舘はピン芸人「だててつや」として活動後、「クルシューナイ」として活動。
  • シューリンガン(解散)
    • 米代は「ワンマンパーティ」としてフリーで活動、川村は「喜一」として活動。
  • きんもぐら(解散)
  • 夕立(解散)
    • 三國はフリーで活動、伊藤は引退。
  • クマップ(引退)
  • ちびっこヤンキー(解散)(熊谷愛、菅原怜奈)
  • ツーマンセル(解散)
    • 渋谷正樹は元メガスタンプの束田孝太(東京NSC17期)と「コロネケン」を結成。
  • しんがりペンギン(解散)
    • 村井真大は「クルシューナイ」として活動。
  • マグマバッカス(解散)(斎藤世連、長堀祥樹)
  • クルシューナイ(解散)(村井真大、舘哲哉)
    • 舘は引退、村井真大は「わっかない村井」としてピンで活動。

札幌よしもと関連のタレント中心で構成された番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 以前は芸人枠であったが、現在はアニメ・漫画関連のイベントMCやラジオDJがメインとなっていることからこの肩書に変更された。
  2. ^ 芸名の通り、事務所主催のバスツアーの添乗員兼MCとして所属しており、舞台には立たない。