よしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

持株会社である吉本興業傘下の芸能プロダクション・プロモーター・テレビ番組制作プロダクションであるよしもとクリエイティブ・エージェンシーの福岡支社[1]福岡市天神ビブレホールイムズホールの両劇場をはじめとした各所でのライブ、福岡ローカルのTV・ラジオ放送出演その他の芸能事業を展開する。他にも大阪・東京や他の事務所のタレントの企画で九州地区で行われるものにも関わる。

漫才コント漫談その他のいわゆる“ネタ”ものを演じる芸人活動を中心とする者、レポーター・司会などのパーソナリティー活動を中心とする者、音楽活動を中心とするミュージシャンが所属する。年に1回のペースでオーディションが行われ所属タレントが選抜される。ほとんどの者が福岡県を中心とした九州各県出身者である。大阪・東京のNSC出身者もいる[2]

目次

概歴

1990年に発足。事務所開き直後は福岡県筑紫野市の「博多温泉劇場」を借り、大阪吉本から未知やすえ大木こだま・ひびき今いくよ・くるよチャーリー浜らが度々出演していた。その後福岡市中央区舞鶴の雑居ビルに事務所を構え、その後博多区博多駅センタービル内「吉本111劇場」に移転したが、劇場閉鎖後現在は博多区中洲のビル内に事務所を置く。

事務所開設後、長らく常設劇場が無かったが1999年博多駅横の博多駅交通センタービルにて吉本111劇場(後に吉本ゴールデン劇場に改称)を運営した。同劇場が2003年に閉鎖された後はビブレホールイムズホールを主な舞台とする[3]

札幌吉本名古屋吉本(吉本東海)広島吉本などの地方事務所の中では所属芸人の数が一番多い。原則として新人は漫才・コントなどのネタ活動からタレント活動を始める。その後の展開はさまざまで、ネタ活動をメインとする者、福岡をはじめ九州各県のローカル放送で司会やレポーターなどのパーソナリティー活動にも携わる者などがいる。また、東京に進出し全国区での活動を目指す者もいる。地方事務所で唯一、M-1チャンピオン(パンクブーブー)とR-1チャンピオン(博多華丸)の両者を輩出する。

ライブ

  • よしもと魂 in イムズ(毎月1回。イムズ)

ネタ活動メインの芸人でベテラン・中堅そして若手から選ばれた者がネタを披露。ゲストで大阪・東京吉本所属の全国区の若手・中堅芸人が客演。ゲストを交えた大喜利企画があることも。定期企画としては同支社最大規模。上演1時間半ほど。

このライブのチケットは、置きチケットによって購入することもできる。発券された一定数が通常のチケットサイトやプレイガイドよりも芸人に優先的にくじ引きで配分される。各人はブログ・ツイッター・ミクシイなどを通じて持ち分のチケットの整理番号と置きチケットの受付を告知する。希望者は自分の好きな芸人などに申し込み承諾を得て当日受付で前売り価格でチケットを受け取る。一桁台等の入手困難な良番を入手しやすい全国的にも珍しいライブである[4]。このシステムは同事務所芸人メインの各種ライブでも採用されている。

  • ビブレDEよしもと~ネタライブ~(毎月1回。ビブレ)

ネタ活動メインのほぼ全芸人がネタを披露する最も基本的なライブ。2日間に分けて行われる。各芸人に対するアンケート(自由記入方式)が実施される。上演1時間ほど。

  • ビブレDEよしもと~enjoyライブ~(毎月1回。ビブレ)

ネタ活動メインの芸人で固定のベテラン(レモンティー、メガモッツ)に加えて、中堅・若手からの5、6組がネタを披露。大喜利とかのバラエティーもある。上演1時間半ほど。

  • 漫才×漫才×漫才(毎月1回。ビブレ)

発起人レモンティーをはじめとした中堅・若手コンビの5組が漫才を3本ずつ披露。観客投票によって、その日最も面白かったネタを決定するというイベント。

三ネタの総合ポイントで総合順位も決められ、一位のコンビはギャラ総取り(五千円ほどらしい)、最下位のコンビは脱落となり次のライブからは姿を消す。新しく参入するコンビはその場でくじ引きで決定される。隔月企画で始まったが2011年7月からは毎月開催。上演1時間半ほど。

かつては「M-1グランプリ2010への挑戦」という名称であった。2010年秋に「M-1グランプリ2011への挑戦」として2011年も継続することが決定したが、その数日後にM-1終了が発表され、その間の悪さや、あるはずのない大会のための企画、という無意味ぶりを、所属芸人たちに自虐的に笑いにされていた(その後、予定通り2011年1月に開催)。2011年3月から今の名称に変わった。

順位/回(開催月) 1位 2位 3位 4位 5位(降格) 次回登場
第1回('11/3) ぶんぶん丸 ルームメイト レモンティー 空中ズボン トリテン スリーナイン
第2回('11/5) ぶんぶん丸 スリーナイン ルームメイト レモンティー 空中ズボン アルクザルク
第3回('11/7) レモンティー ルームメイト スリーナイン アルクザルク ぶんぶん丸 もっこすファイヤーorメガモッツ
第4回('11/8) ルームメイト、スリーナイン ←(同数) レモンティー アルクザルク メガモッツ S&M
  • レモンティーと○○○(だいたい隔月1回。ビブレ)

レモンティーが“大阪・東京に行くと疎外感を味わうのでメジャー芸人の友達がほしい”という自虐的な自己認識からはじまった企画。ゲストである全国区の若手・中堅芸人を交えて漫才とトークを披露。これまでの出演者:かまいたち('11/2)、スマイル('11/4)、2700('11/6)。

  • 各種企画

田中企画(11/3,6)、機動戦士リウンズのよかもん連合軍(11/4,8)、S&Mとトリテンの3本勝負!!(11/6)、15の夜(野良レンジャー、ルームメイト、空中ズボン。11/7)など。

  • 営業系

ホークス寄席ソフトバンク戦がある土日、試合開始の一~二時間前にヤフードームステージで開催。無料)や、万葉の湯お笑い道場(博多の温泉施設内のステージで開催)などの定期営業ライブもある。

  • その他

たまたま福岡で別件の仕事をしていた有名吉本芸人が空き時間に地元ライブ企画にサプライズ出演することがある。

主なタレント

あなたの街に住みますプロジェクト(2011年4月)

福岡よしもと出身の芸人

東京吉本で活動

吉本興業以外で活動

その他

福岡よしもと関連のタレント中心で構成された番組

1999年当時、130Rの二人が福岡にマンションを借り毎週出演していた。しかし、この番組の為に人気番組だった「吉本超合金」を打ち切った事でファンからの苦情・抗議が殺到した為に、番組は4ヶ月という短命で終了した。

関連リンク

  1. ^ 2007年9月30日までは「吉本興業福岡事務所」。「福岡よしもと」、「福吉」とも呼ばれる。本記事では従来からなじみのある「事務所」という表現を使うことがある。
  2. ^ ひのひかり智は大阪校22期。ちきんなんばんの佐藤は東京校11期。
  3. ^ 1990年代前半には直方市に「もち吉花月」を建設するプランがあったが(もち吉との共同運営で、敷地内に千人規模の花月劇場、吉本新喜劇も常設する予定だった)、バブル崩壊やその他事情により頓挫。
  4. ^ 東京やその他のライブでは、チケットサイトやプレイガイドが優先されそちらの方が番号が若くなる。残った前売り券が置きチケット用になりがちである。

今日は何の日(4月23日

もっと見る