吉本興業福岡支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

吉本興業福岡支社(よしもとこうぎょうふくおかししゃ)は、持株会社である吉本興業ホールディングス傘下の芸能プロダクション・プロモーター・テレビ番組制作プロダクションである吉本興業の福岡支社[1]

福岡市天神よしもと天神ビブレホールイムズホールの両劇場をはじめとした各所でのライブ、福岡ローカルのTV・ラジオ放送出演その他の芸能事業を展開するほか、大阪・東京や他の事務所の企画で九州地区で行われる芸能事業のプロモートにも関わる。

漫才コント漫談その他のいわゆる“ネタ”ものを演じる芸人活動を中心とする者、レポーター・司会などのパーソナリティー活動を中心とする者、音楽活動を中心とするミュージシャンが所属する。年1回ペースのオーディションで所属タレントを選抜していたが、2018年に福岡NSCが誕生した。

ほとんどの者が福岡県を中心とした九州各県出身者であるが、大阪・東京のNSC出身者もいる[2]

概歴[編集]

1989年に発足。初代の所長は当時明石家さんまのマネージャーだった吉田武司(現・鳴門市文化会館館長)。1990年テレビ西日本で放送された吉本興業主催オーディション「第1回激辛!?お笑いめんたい子」で第1期所属芸人を選抜し、優勝した「ター坊ケン坊」(カンニング竹山ケン坊田中のコンビ)のほか、オーディションに参加していた鶴屋華丸・亀屋大吉(博多華丸・大吉)コンバット満、ひらきさんしん(廃業)6名に、同じくオーディションに参加したサラリーマンとの掛け持ち芸人・ワコール青木(現・立川談慶[3]を加えた7名が、第1期生として所属となった。

事務所開き直後は福岡県博多区築港に当時存在した「博多温泉劇場」を借り、大阪吉本から未知やすえ浅香あき恵大木こだま・ひびき今いくよ・くるよチャーリー浜らが度々出演していた。当初は福岡市中央区舞鶴の雑居ビルに事務所を構え、その後博多区博多駅センタービル内「吉本111劇場」に移転したが、劇場閉鎖後現在は博多区中洲のツイン・Kビル内に事務所を置く。

事務所開設後、長らく常設劇場が無かったが、1999年博多駅横の博多駅交通センタービルにて吉本111劇場(後に吉本ゴールデン劇場に改称)を運営した。同劇場が2003年に閉鎖された後はBUZZ(天神ACB地下)を経てビブレホールイムズホール(いずれも福岡市中央区)、博多リバレインホール(福岡市博多区)を主な舞台としていたが[4]2012年に当時吉本グループが運営に関わっていたあるあるCity北九州市小倉北区)7階にあるあるYY劇場が開設、吉本があるあるCityの運営から撤退する2015年末までテレビ番組やラジオ番組の収録などが行われた[5]。その後、2018年にビブレホールを正式な常設劇場とし、よしもとエリアアクションが運営する「よしもと天神ビブレホール」としてオープンした[6]ものの、天神地区の再開発事業「天神ビッグバン」の一環で、入居する天神ビブレ2020年2月11日に閉店することに伴い、ビブレホールも同日に閉館となった[7]

札幌吉本名古屋吉本(吉本東海)広島吉本などの地方事務所の中では所属芸人の数が一番多い。原則として新人は漫才・コントなどのネタ活動からタレント活動を始める。その後の展開はさまざまで、ネタ活動をメインとする者、福岡をはじめ九州各県のローカル放送で司会やレポーターなどのパーソナリティー活動にも携わる者などがいる。また、東京に進出し全国区での活動を目指す者もいる。地方事務所で唯一、M-1チャンピオン(パンクブーブー)とR-1チャンピオン(博多華丸)の両者を輩出する[8]

2018年には、過去に吉本新喜劇で副座長の経験を持つ寿一実を座長とする『九州新喜劇』を立ち上げた。

ライブ[編集]

定期ライブ[編集]

  • 福岡よしもと総出演ライブ(月1回)
    寿一実、コンバット満、ケン坊田中、高田課長などのベテラン勢からレモンティー、メガモッツなど中堅〜若手までの総出演ライブ。
    置きチケットでも購入できる。発券されたうちの一定数がチケットサイトやプレイガイドよりも出演する芸人に優先的にくじ引きで配分される。各出演者はブログ・ツイッター・ミクシイなどを通じて持ち分のチケットの整理番号と置きチケットの受付を告知する。希望者は自分の好きな芸人などに申し込み承諾を得て当日受付で前売り価格でライブ当日チケットを受け取る。一桁台等の入手困難な良番を入手しやすい全国的にも珍しいライブである[9]。この方法は同事務所所属芸人メインの各種ライブでも採用されている。
  • とうきょう・おおさかマシマシライブ
    月2回開催される東京・大阪の若手芸人3組と共演する。
  • ハリガネライブ (毎週木曜日 2018年9月~)
    ネタとコーナーの90分ライブ。先月のバリカタライブの上位5組が出場する。投票数上位3組が東京・大阪芸人と共演出来るマシマシライブの出演が可能。
  • バリカタライブ(毎月4週目日曜日。2018年9月~)
    前月のカタメンライブ出演者から上位10組+ハリガネライブ出演の5組が出場する。投票総数の多かった上位5組は来月のハリガネライブに出演出来る。
  • カタメンライブ(毎週木・金曜日。2018年9月〜)
    若手芸人(NSC生含む)がネタを上演する。観客投票で順位を決める。ポイント合計上位10組は翌月のバリカタライブに出場できる。
  • レモンティーのネタ(毎月1回)
    レモンティーとMCのショウきん他中堅・若手コンビの4組が漫才、コントを披露(レモンティーは新ネタ)。
  • だんごばーなの集い
    だんごばーな主催のライブ。だんごばーな他若手芸人5組ほど出演。

単独ライブ[編集]

  • ヒラコウチ・ひとつ屋根の下合同単独ライブ~ヒラコウチ単独ライブ「ソロコウチ」・ひとつ屋根の下単独ライブ「新築祝い」(2014/1/13 あるあるYY)メガモッツ、安藤陸
  • スリーナイン/脱(2013/12/28 ビブレ) メタルラック
  • トリテン1Hソロライブトリツー(2013/12/28 ビブレ)トリテン、にわか、大正丸、小中克則、ひとつ屋根の下
  • メガモッツの『1回目』(2013/8/11 ビブレ)
  • レモンティー単独漫才ライブローカルスター(2013/7/21, 2012/3/18, 2010/10/10 あじび)
  • どんぴしゃ単独ライブ『SATORI』(2013/6/16 あじび)
  • トリテン1Hソロライブ『TORI~トリワン~』(2013/5/18 ビブレ)
  • ルームメイト単独ライブ~101号室~(2012/1/28 ビブレ)
  • パタパタママの福岡よしもとファイナル公演~上京のご挨拶と代えさせていただきます~(2011/3/27 あじび)

営業系[編集]

  • 万葉の湯お笑い道場
    博多区温泉施設内のステージで開催。温泉入場者無料。

主な所属タレント[編集]

福岡NSC出身者[編集]

  • インクルージョン(坂下登哉 米沢大志)
  • 男気サトシ
  • カーネギー(澤徹 松相遼)
  • カリブの芸術(西村公志 下田恭平)
  • コアラビリンス(甲木宏季 丸山快)
  • シシフンジン(荷宮良太 内田成軌)
  • 佐藤桃子
  • 神速エール(福澤弥槻、田中哲之助)
  • ザ・ローリングモンキー(田中武冴士、塩澄克樹)
  • にほんじる(蒲池研斗、新垣慶)
  • 一(豊嶋修平、永尾智宏、高橋信弘)

あなたの街に住みますプロジェクト[編集]

福岡よしもと出身の芸人[編集]

東京吉本で活動[編集]

吉本興業以外で活動[編集]

過去の所属者[編集]

  • あかみねとんぼ(元モンスターズ 、どんぴしゃ)
  • 秋重吉克
  • アタッチメント22
  • アメリカンパンクロック(まつの は現 初恋タローのこうすけ)
  • あり8
  • アルクザルク(M-1甲子園に出場後に所属)
  • 鮎川貴之
  • アンダースロー安藤直也(山田ドゥ(ヤマドゥ)の以前の相方)
  • 家村誠(たいすけと 泰誠工学として活動)
  • 生光
  • 石原ヨシオカさんぽみちののちにピン芸人)
  • 井上としお
  • IMASOKARI仲上昌宏(池内祐介の以前の相方)
  • S&M
  • エコタウン
  • (後にワタナベ九州におりがみ のコンビ名で所属)
  • カイバシラ
  • カイワレダイコン
  • 桂きん太郎
  • カブトムシ
  • カレラ
  • 神田晋作(現在はフリー)
  • 菊原光一
  • 機動戦士リウンズ
  • きどゆういち
  • 君波飛鳥
  • 串間あつじ
  • 倉掛英之
  • グラスプみっつ(元田光明)(相方 ハンサム松崎 )
  • クレヨン(後に福井県住みます芸人)
  • 劇団ひまわり
  • 斉藤たくみ(元バリカタ)
  • 坂本健一郎
  • さぬい
  • サボテン
  • ジーニアス
  • シベリア文太 (旧名越後屋文太、一時在籍の後、現在は大阪吉本に出戻っている)
  • 島津喜晴(元ジンジン(相方 ターザン(永福)元アトム(相方 カイラ)) )
  • スーパーサブまっつん
  • スーパーワン内山範彦(相方 マサル)
  • スリーナイン 藤敏孝( 相方 金田(現 ショウきん))
  • ターザン(島津喜晴とのコンビ、傷跡ジンジン(ジンジン)として活動。その後手相芸人としてよしもと漫才劇場で活動していたが引退)
  • たかしひでき
  • 田丸潤(ホンダとのコンビ ハネマンで活動)
  • ダンクス
  • だんごばーな
  • チョコ玉たけし
  • 津川正太郎
  • つだつよし(よしもとを退社し大分県で活動中)
  • ティーチャーズ山崎鷹彦(相方 松延(カイラ)当時は福岡教育大学の学生)
  • トリニティ服部佑紀(相方 ヤスコウチナオヤ)
  • 中野泰秀
  • のぼせもん(ワタナベ九州に所属している ノボせもんとは別コンビ)
  • ハイライト
  • ぱぴゅーん
  • バリカタ二見翔平(斉藤たくみとのコンビで活動)
  • パルハウス松村(小中(後の満栄丸)とのコンビで活動)
  • バレッタ上荒磯勇(黒瀬純とのコンビで活動現在はNKBラジオのパーソナリティ)
  • ハンマハンマ
  • ぴっくあっぷ
  • 平川高志(スポット、クッキーズ(池内祐介)、ヒラコウチ(ヤスコウチナオヤ)とのコンビで活動)
  • ひらきさんしん(引退)
  • ヒロシマハジメ
  • フーシャオ飯店
  • 藤岡佑将(元ミルクコーヒー(大脇睦(まるお))、空中ズボン井上大輔(ジャガ)とのコンビで活動)
  • ふじわらくん
  • ブラックモンキー
  • フリークザグッド中村太一郎(阿部哲陽とのコンビで活動)
  • ベイビーズ友納一彦(斉藤健一(後のヒロシとのコンビで活動))
  • マイクロバス
  • 松田貢児(旧名・松田キビキビ。現在は気象予報士に転身)
  • マントヒラリ
  • ミニカーしょう
  • ミラクルズ
  • メイン球団
  • メルシー☆前山(コトダマ 安藤陸とのコンビで活動 旧名アイスメイカー)
  • モッシュピット小野(後にバンカーショットとなる柴藤とコンビで活動)
  • 山本ケイイチ
  • ヤンガース(大正丸と小中(満栄丸)のコンビ)
  • ゆきを(後にバンカーショットとなるすなをと「ゆきをとすなを」として活動。)
  • リアルけん玉
  • いまどき
  • リバーシブル
  • レオナルド
  • ロマンス富士山(ヤマドゥとのコンビ ドゥザロマンスで活動)
  • ロンティーン
  • ワコール青木(現在は落語立川流立川談慶
  • ワンダフルラビット
  • その他多数

福岡よしもと関連のタレント中心で構成された番組[編集]

放送中
放送終了
  • このへん!!トラベラーFBS、毎週月曜深夜、09/5~12/9)。
  • モーニングミント(TNC)
  • 華丸・大吉の鉄腕ももち(TNC)
  • Doの夜はとことん(TNC)
番組開始当初は村上ショージら大阪本社の所属タレントが司会を務めた。『Do』は村上のネタ「ドゥーン!」から。2年目には村上が抜け、華丸・大吉司会の『夜はとことん』にリニューアル。1993年春改編で平日深夜から日曜午前に引っ越し『とことんサンデー』となった。
1999年当時、130Rの二人が福岡にマンションを借り毎週出演していた。しかし、この番組の為に人気番組だった「吉本超合金」を打ち切った事でファンからの苦情・抗議が殺到した為に、番組は4ヶ月という短命で終了した。
  • ふとっぱら(TNC)
  • しんや君(TNC)
  • バクタレ!(FBS)
  • サカイストのブラザーブラザー(KBCラジオ、日曜17:00 - 17:30)- サカイスト
  • 福岡よしもと エモメンラジオ(fm fukuoka、金曜25:00 - 25:55) - ショウきん・カーネギー

脚注[編集]

  1. ^ 2007年9月30日までは「吉本興業福岡事務所」と称した。「福岡よしもと」、「福吉」とも呼ばれる。
  2. ^ ひのひかり智は大阪校22期。嫁恐竜の佐藤は東京校11期。ハンサム松崎(松崎健太)は大阪校30期。ヒロシマハジメは大阪校37期。
  3. ^ 翌1991年、立川談志に入門し落語家となる。
  4. ^ 1990年代前半には直方市に「もち吉花月」を建設するプランがあったが(もち吉との共同運営で、敷地内に千人規模の花月劇場、吉本新喜劇も常設する予定だった)、バブル崩壊やその他事情により頓挫している。
  5. ^ 劇場閉館後も「あるある-」での声優イベントのMCとして福岡吉本のタレントが登場する機会が多い
  6. ^ 福岡・天神に14年ぶり、よしもとの常設劇場が復活 福岡の笑いを変えるのか?
  7. ^ よしもと天神ビブレホール 劇場閉館のお知らせ
  8. ^ ただし、いずれの受賞も福岡在籍時ではなく、東京吉本転出後(パンクブーブーについては福岡吉本時代はそれぞれ別のコンビで活動しており、後に東京吉本で再雇用された)である。
  9. ^ 東京やその他では、チケットサイトやプレイガイドが優先され残った前売り券が置きチケット用という配分が多い。

関連項目[編集]