悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。
ジャンル 異世界ファンタジー、恋愛
小説
著者 天壱
イラスト 鈴ノ助
出版社 一迅社
掲載サイト 小説家になろう
レーベル アイリスNEO
連載期間 第一部:2018年4月19日 - 2020年5月21日
第二部:2020年5月25日 -
刊行期間 2019年6月4日 -
巻数 既刊3巻(2021年1月現在)
漫画
原作・原案など 天壱(原作)
鈴ノ助(キャラクター原案)
作画 松浦ぶんこ
出版社 一迅社
掲載サイト ゼロサムオンライン
レーベル ZERO-SUMコミックス
発表期間 2020年3月19日 -
巻数 既刊2巻(2021年4月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画
ポータル 文学・漫画

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。』(ひげきのげんきょうとなるさいきょうげどうラスボスじょおうはたみのためにつくします)は、天壱による日本ライトノベル。イラストは鈴ノ助が担当している。略称は『ラス為』[1]

概要[編集]

小説投稿サイト『小説家になろう』でオンライン小説として、『悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。〜ラスボスチートと王女の権威で救える人は救いたい〜』のタイトルで2018年4月19日から2020年5月21日まで第一部が連載された。2020年5月25日から第二部が連載中。また、アイリスNEO(一迅社)より2019年6月から書籍化されている。

ゼロサムオンライン』(一迅社)にて2020年3月19日より松浦ぶんこによるコミカライズが連載中[2][3]

2018年8月31日、小説投稿サイト「小説家になろう」×一迅社アイリス編集部「第1回アイリスNEOファンタジー大賞」にて金賞を受賞[4]。2021年4月時点で電子版を含めたシリーズ累計発行部数は50万部を突破している[5]

あらすじ[編集]

乙女ゲームの世界に転生していることに気づいたプライド第一王女。8歳で王位継承の証となる予知能力を目覚めさせたことにより第一王位継承者となったプライドは、持てる権力とチート的な能力で、起こりうる悲劇から人々を救っていく。

登場人物[編集]

主要キャラクター[編集]

プライド・ロイヤル・アイビー
誕生日は6月14日。
本作の主人公。女王制であるフリージア王国の第一王女である。8歳の時に前世の記憶を思い出し、乙女ゲーム『君と一筋の光を』(略称:キミヒカ)シリーズの第一作目のラスボスのプライドに転生していることに気付く。その際王位継承の証となる予知の特殊能力を得たため第一王位継承者となる。ゲームではラスボスという立ち位置のため頭脳と戦闘力はチートである。ステイルの剣術指導のついでならばと許可を貰い、初めて握った剣で教師と手合わせをするとまたたく間に教師の動きを封じた。騎士団奇襲事件では剣と初めて手にした銃で相手を的確に無力化している。ゲームの内容を含む前世の記憶を思い出してからは、将来自分が引き起こすであろう悲劇を未然に防ぐために努力することを決意する。
前世は地味な高校生で18歳の時に事故死。キミヒカシリーズは第三作目を気に入っており三作目以外は一度しかプレイしていないためゲーム内容の記憶が浅く、重要なことを思い出すのが直前になるということもしばしば。深紅の軽いウェーブ髪と紫色の瞳で眼つきが悪いことを気にしている。
ステイル・ロイヤル・アイビー
誕生日は7月25日。
フリージア王国の第一王子で次世代の摂政。平民の生まれだが瞬間移動の特殊能力を持って生まれたために、女王の補佐をするべく母親のもとから引き離され王家に連れてこられた。プライドと従属の契約を結び、義弟となる。キミヒカ第一作目の攻略対象者。ゲームではプライドとは隷属の契約を結ばされており、プライドが女王となったのち摂政だったヴェストを追いやったためステイルが若き摂政となり宰相であるジルベールと協力して悪を裁いているが、逆にアーサーとはお互いに不信感を持っており不仲である。現在アーサーは相棒であり親友で、アーサーから貰った黒縁の伊達眼鏡を愛用するほど仲が良い。ゲームとは違いジルベールを嫌悪しており本人を前に度々毒づいている。従属契約をしているため行動範囲等に制限があり勝手に国外に出ることはできないが、プライドの許可を得れば国外への瞬間移動も可能となる。黒髪黒眼で腹黒の策士。
ティアラ・ロイヤル・アイビー
誕生日は2月14日。
フリージア王国の第二王女でありプライドの実の妹。キミヒカ第一作目の主人公であり攻略対象者の傷ついた心を癒す存在である。生まれつき身体が弱く6歳の時までその存在を秘匿されており、プライドも存在を知らされていなかった。ゲームではティアラの16歳の誕生日から物語が始まり、悪政を敷く女王プライドを攻略対象者たちとともに倒し幸福な結末を迎えるというのが基本のシナリオになっている。ゲームとは違い塔に閉じ込められることもなく姉兄妹仲良く過ごしている。金色のウェーブの髪と金色の瞳。実はナイフ使いとして、卓越した才能があり、プライドとステイルを守るため、ヴァルに頼んで、密かに鍛えてもらった。
アーサー・ベレスフォード
誕生日は8月27日。
フリージア王国の騎士団八番隊所属の騎士。ゲームでは最強の騎士団長でありキミヒカ第一作目の攻略対象者で、騎士団奇襲事件の際に父ロデリックを亡くしている。もともと父親似だったが口調を変え、さらに短髪にしていたためロデリックと瓜二つだった。今は銀色の長髪を頭の上で括っている。父と同じく蒼(青)色の瞳。父が持つような戦闘系特殊能力を持たなかったことに引け目を感じ騎士を目指すのを諦めていたが、プライドに父を救ってもらったことや彼女の言動をきっかけに騎士になることを決意した。稽古相手にとステイルが誘って以降二人で手合わせをしており、アーサーが入隊してからも続けている。ステイルは相棒であり親友である。敬語もステイルから習った。ロデリックに憧れ、カラムを尊敬している。アーサーの特殊能力について、ゲームでは主人公であるティアラが体調を崩したときに発覚するが、"植物を元気にする"特殊能力ではなく実際は"万物の病癒す"特殊能力者だった。能力が発覚した後も能力を公にせず周囲には植物を元気にする特殊能力と自称している。
ジルベール・バトラー
誕生日は11月29日。
フリージア王国の宰相。年齢操作の特殊能力者で天才謀略家である。ゲームではジルという名の隠しキャラで攻略対象者。ゲームでは女王プライドにいいように使われ多くの人を殺める結果となり精神を病み、少年の姿をしていたり老人の姿をしていたりと特殊能力を使いこなすことができなくなっていた。王配であるアルバートと親友でアルバートの5つ年下。薄水色の長髪を肩の位置で一纏めに括り垂らしている。薄水色の切れ長な目。
ヴァル
誕生日は10月26日。(実際の生まれた日は9月4日)
元盗賊の罪人。騎士団奇襲事件後プライドにより裁かれプライドと隷属の契約を交わす。土壁の特殊能力者。
焦茶色の髪に褐色肌。吊り上がった目と牙のような歯の悪人顔。王族と騎士が嫌い。ゲームではモブレベルの悪役。酒好き。

フリージア王国[編集]

ローザ
プライドたちの母親であり女王。予知の特殊能力者。両親から離され乳母に育てられた影響で自分の子は自分で育てたいと考え、乳母をつけずプライドを育てていたが成長したプライドが残虐な性格になると予知して以降は幼いプライドを避け、ティアラの存在も隠していた。ゲームでは事故で命を落とした夫のアルバートを追うように亡くなった。金色のウェーブの髪。柔らかい眼差しを化粧で吊り上げている。
アルバート
プライドたちの父親であり王配。ゲームではプライドが8歳の時に事故で亡くなっている。ジルベールと友人。眼つきが悪く眉間に皺を寄せている為、よく睨んでいると勘違いされることがある。深紅の髪。
ヴェスト
プライドたちの叔父であり摂政。ローザの義弟。青色の髪の七三分け。目元は柔らかい。
ジャック
切り揃えた短髪の近衛兵の青年。窓から落ちそうになったプライドを助けた。
ロッテ
プライドの専属侍女。キャラメル色のボブショートヘア。
マリー
プライドの専属侍女。ベテラン。髪を背後に団子で纏めている。
マリアンヌ・エドワーズ
薄桃色の髪と瞳の伯爵家の三女。ローザの友人であり宰相ジルベールの婚約者。不治の病を患っていた。
ベイル
酒場の主人。逞しくがっしりとした体つき。雑に伸び出した短髪を額から布を頭に巻いて纏めている。元々は違法な賭場を営業し、処罰を受けた後情報屋として生かされている。ヴァルの行きつけ。


フリージア王国-騎士団[編集]

ロデリック・ベレスフォード
騎士団団長。斬撃無効化の特殊能力者。アーサーの父親。妻の名前はクラリッサ。銀髪を短く刈り上げている。蒼(青)色の瞳。
クラーク・ダーウィン
騎士団副団長。ロデリックと親友。特殊能力者。金髪のハーフアップ、垂れた髪は肩上まである。眼差しは柔らかいが、生傷が所々にある。
カラム・ボルドー
誕生日は1月10日。
三番隊騎士隊長。貴族出身のエリート騎士でアランと本隊入隊が同期。怪力の特殊能力者。赤毛混じりの髪と赤茶色の瞳。
知能も技術も判断力も全てに長けた騎士であり、他の騎士への面倒見が良い為騎士団内でもロデリックとクラークの次に支持が高い。
アラン・バーナーズ
誕生日は10月10日。
一番隊騎士隊長。カラムと本隊入隊が同期。茶色がかった金色の短髪。
特殊能力者ではないが、戦闘で五本の指に入る実力ある騎士。お酒好き。
エリック・ギルクリスト
誕生日は12月9日。
一番隊副騎士隊長。初登場時は新兵であり、ゲームでは騎士団襲撃の際命を落としている。全て平均以上の総合力が高い騎士で、狙撃の腕も専門の部隊の五番隊や六番隊に匹敵する。自分を凡人だという自覚があるがその分努力を怠らず、隊長であるアランを尊敬している。栗色の短髪。
ハリソン・ディルク
誕生日は10月30日。
八番隊騎士隊長。前髪だけパッツリ切った黒髪の長髪。紫色の瞳。高速の特殊能力者。同じ隊の部下に対し頻繁に奇襲を仕掛けそれぞれの能力を確認している。奇襲を行なったヴァルを許してはいないが、プライドの意思を最優先にしている。クラークを心酔するほど尊敬しており、次点でロデリック、プライド、アーサーを尊敬している。

用語[編集]

乙女ゲーム『君と一筋の光を』シリーズ
略称『キミヒカ』。主人公であるティアラの16歳の誕生日から物語が始まるのがキミヒカシリーズ第一作目。
特殊能力
世界で唯一フリージア王国にのみ数百人に一人の確率で生まれる。
特殊能力の中でも"予知能力"は貴重であり、人それぞれ違いはあるものの予知能力だけは数十年に一度、王族のみに覚醒する。
フリージア王国ではこの予知能力を得た者を"次なる王の啓示"として、次の王位を継承する習わしとなっている。
フリージア王国
世界で唯一特殊能力者が産まれる大国。ゲームの舞台。女王制。
アネモネ王国
フリージア王国の隣国。王族用の馬車で片道数時間。世界有数の貿易大手国。
ハナズオ連合王国
サーシス王国とチャイネンシス王国の連合王国。百年程鎖国していた。フリージア王国から王族用馬車で十日。
サーシス王国・・・金脈の地。近年、アネモネ王国とだけ交易を始めた。
チャイネンシス王国・・・鉱物の地。信仰深い国。

既刊一覧[編集]

小説[編集]

  • 天壱(著) / 鈴ノ助(イラスト) 『悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。』 一迅社〈アイリスNEO〉、既刊3巻(2021年1月7日現在)
    1. 2019年6月4日発行(同日発売[6])、ISBN 978-4-7580-9177-0
    2. 2020年3月3日発行(同日発売[7])、ISBN 978-4-7580-9242-5
    3. 2021年1月7日発行(同日発売[8])、ISBN 978-4-7580-9326-2

漫画[編集]

  • 天壱(原作) / 鈴ノ助(キャラクター原案) / 松浦ぶんこ(作画) 『悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。』 一迅社〈ZERO-SUMコミックス〉、既刊2巻(2021年4月30日現在)
    1. 2020年10月24日発売[9]ISBN 978-4-7580-3554-5
    2. 2021年4月30日発売[10]ISBN 978-4-7580-3602-3

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 天壱 2021年4月26日のツイート(ハッシュタグより)2021年4月30日閲覧。
  2. ^ 悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。”. ゼロサムオンライン. 2021年4月30日閲覧。
  3. ^ “『悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。』のコミカライズが決定”. ラノベニュースオンライン. (2020年3月1日). https://ln-news.com/articles/107466 2021年4月30日閲覧。 
  4. ^ “第1回アイリスNEOファンタジー大賞の審査結果が発表 「金賞」に1作品「銀賞」に3作品が選出”. ラノベニュースオンライン. (2018年8月31日). https://ln-news.com/articles/80019 2021年4月30日閲覧。 
  5. ^ ゼロサム編集部 2021年4月28日のツイート2021年4月30日閲覧。
  6. ^ 悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 1”. 一迅社. 2021年4月30日閲覧。
  7. ^ 悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 2”. 一迅社. 2021年4月30日閲覧。
  8. ^ 悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 3”. 一迅社. 2021年4月30日閲覧。
  9. ^ 悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 1(漫画)”. 一迅社. 2021年4月30日閲覧。
  10. ^ 悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。 2(漫画)”. 一迅社. 2021年4月30日閲覧。