ら抜きの殺意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ら抜きの殺意』(らぬきのさつい)は1997年永井愛が発表した戯曲。1997年12月、テアトル・エコーで初演。1998年、第一回鶴屋南北戯曲賞を受賞した。

あらすじ[編集]

通販会社"ウェルネス堀田"にバイトで入った「ら抜き言葉」を嫌う男・海老名とそこの社員で「ら抜き言葉」を使う男・伴。二人の間には次第に殺意に似たものが漂い始める。

登場人物[編集]

海老名 俊彦
「ら抜き言葉」を嫌う男。
伴 篤男
「ら抜き言葉」を使う男。
堀田 与平
ウェルネス堀田社長。
堀田 八重子
与平の妻で掃除婦兼経理兼副社長。
遠部 その子
健康食品を扱う会社の社員で伴の彼女。
宇藤 樹里
ウェルネス堀田社員。
雨宮 尚人
ウェルネス堀田配送係。
日下 勉
日系三世。
殿村 金弥
ウェルネス堀田早朝部バイト。

単行本[編集]

而立書房 (1998/02) ISBN 978-4880592497 光文社文庫 (2000/06) ISBN 978-4334730208

外部リンク [編集]

テアトル・エコー|50年のあゆみhttps://web.archive.org/web/20111007220601/http://www.t-echo.co.jp/aniv50.html