りゅうきゅう (巡視船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
りゅうきゅう
JCG PLH09 Ryukyu.jpg
基本情報
船種 巡視船 (ヘリコプター1機搭載型)
船籍 日本の旗 日本
運用者  海上保安庁
建造所 三井造船玉野造船所
母港 那覇
船舶番号 136767
信号符字 JNYQ
IMO番号 9197167
経歴
発注 平成9年
起工 1998年6月24日
進水 1999年9月10日
竣工 2000年3月31日
要目
総トン数 3,100トン
全長 105.0メートル
15.0メートル
詳細な要目表はつがる型巡視船を参照
テンプレートを表示

りゅうきゅう」(Ryūkyū)は、海上保安庁ヘリコプター1機搭載型巡視船。PLH-09の記号・番号を付されている。つがる型巡視船の8番船にあたり、また設計が大きく改訂されていることから、りゅうきゅう型のネームシップとして扱われることもある。

船歴[編集]

第26回主要国首脳会議(沖縄サミット)を受けて建造されることになり、2000年3月31日に竣工して、第十一管区海上保安本部に配属された。船名は琉球国に由来する。

その後、那覇海上保安部の新設に伴って、2013年05月16日にはこちらに配属替えされた。

搭載機の変遷[編集]

機種 機番 愛称 配属期間 備考
ベル 212 MH929 なはつばめ 2000年5月23日-2015年3月13日
シコルスキー S-76D MH915 おきさしば 2015年3月13日-

関連項目[編集]