りんご温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg りんご温泉
温泉情報
所在地 山形県西村山郡朝日町大字宮宿1353-1
座標 北緯38度18分26.5秒 東経140度9分42.2秒 / 北緯38.307361度 東経140.161722度 / 38.307361; 140.161722座標: 北緯38度18分26.5秒 東経140度9分42.2秒 / 北緯38.307361度 東経140.161722度 / 38.307361; 140.161722
交通 鉄道 : JR東日本左沢線左沢駅よりバスで約20分[1]
泉質 ナトリウム-塩化物強塩温泉
年間浴客数 6万7000人(2018年[2]
外部リンク りんご温泉
テンプレートを表示

りんご温泉(りんごおんせん)は、山形県西村山郡朝日町にある温泉で、同町が100%出資する有限会社地球耕望が運営する日帰り入浴施設である。

概要[編集]

リンゴの無袋ふじ発祥の地で知られる朝日町にある温泉。町の中心部よりやや北東の小高い山の中腹に位置する。湯船に朝日町特産のリンゴが浮かんでいるのが特徴。

内湯の他、別棟に露天風呂が存在するが、冬季期間は休業となる。

朝日町の運営に[編集]

2019年、りんご温泉を経営していたJAさがえの子会社である地球耕望が利用者の減少により、2020年2月末でりんご温泉の温泉部門、レストランや宴会の製造部門、売店など販売部門の3事業について廃止することを発表した。これを受け、朝日町はりんご温泉は町を代表する温泉施設であり、町民から温泉存続の要望が多数寄せられたことなどを踏まえ、温泉施設の経営を引き継ぐ方針を決め、2020年2月26日、運営会社の地球耕望の全株式をJAさがえ西村山などから取得。2月29日に開催された同社臨時株主総会で、新社長に川口幸男副町長を選任した。2月末でレストランは閉店したが、温泉や売店などの営業は3月以降も継続されている[3][4]

泉質[編集]

温泉側が主張している効能[編集]

沿革[編集]

  • 1991年(平成3年) - オープン。
  • 2020年(令和2年)2月26日 - 朝日町が運営会社である地球耕望の全株式を取得。

アクセス[編集]

最寄りIC:山形自動車道寒河江インターチェンジより約1時間10分。

周辺[編集]

脚注[編集]