ろりぷに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ろりぷにとは、その名の通りロリで、顔や身体が丸っこくぷにぷにした幼児体型少女のことを指す。同人業界で使われる言葉。

目次

概要

ろりぷにの「ロリ」は、そのまま「ロリコンロリータ・コンプレックス)」であり、「ぷに」は「ぷにぷに」という触感を示す既存の擬態語擬音語オノマトペ)を語源として定義された造語・隠語、ないしは符丁である。

単に「ぷに」または「ぷにキャラ」と称するものは、頭身が低く、頬の辺りがぽっちゃりとした印象の少女または少年のキャラクターを指す[1]。この場合は本来の設定より頭身を低くアレンジしたちびキャラなど、設定上の年齢は高めであっても作中で極端な幼児体型にデフォルメされているようなキャラクターも含まれる[2]。可愛らしく幼い外見の少女キャラクターを対象とする意味では「ロリ」と「ぷに」は類似した概念であるが、少女に対する愛欲を描いたウラジーミル・ナボコフの小説『ロリータ』を語源とする「ロリ」が性的なニュアンスを含むのに対し、「ぷに」にはそうしたニュアンスが含まれないと解釈される場合もある[3][要高次出典]

当初「ぷにぷに」と表記されていたものが後に「ぷに」と短縮された経緯などは、のちに成立した隠語「萌え」との共通性も指摘されている[誰?](この「萌え」も当初は「萌え萌え」と繰り返す形で表記されており、のちに「萌え」となった)。「ぷにぷに」が「ぷに」となり、「ぷに萌え(燃え)」といった表記を経て、「萌え」単独で未成熟な少女幼女を暗に意味するといった定義が一部の(ロリコン系オタクの)使用者の間で成立したとされる経緯も、この隠語「ぷに」の存在を抜きにして語ることは困難といえる。

のちの隠語「萌え」の隆盛に伴い、隠語「ぷに」や「ろりぷに」は「萌え」に収斂され、あるいは「ロリ萌え」「ぷに萌え」などとして「萌え」の範疇に取り込まれ、いわゆる「萌え属性」として分類され現在に至るので、現在では「ろりぷに」や「ぷにぷに」単独で使用する話者は少ない。

ぷにの起源

「ぷに」的な嗜好は「ぷに」「ぷにぷに」といった言葉が誕生する以前から潜在的に存在していたとも言われる[1]。後の「ぷに」的なキャラクターに影響を与えた特筆すべきエポックとしては、1982年のテレビアニメ『魔法のプリンセスミンキーモモ』のヒロインであるミンキーモモ(空モモ)など、芦田豊雄がキャラクターデザインを手がけた作品や、芦田が立ち上げたスタジオ・ライブが関わる一連の作品を挙げる意見もあるが[4]、起源となると定かではない[1]。なお余談ではあるが、『ミンキーモモ』の脚本や構成に携わった首藤剛志は、同作が「ロリコン向け」と看做されることに対しては否定的な見解を示している[5]

幼児体型の少女や、ある特定の傾向をもつ画風によって描かれた少女像を指す隠語としての「ぷに」「ぷにぷに」は、インターネットのCGサイトなどを通じて比較的短期間に広まったものであると言われている[1]。具体的には1980年代末期頃に東京都内で成立した草の根BBS、東京BBSおよびCAT-NET(CAT-CGNET)等で活躍した会員OGUCHINが、自らの画風・性的嗜好とともに定義した造語である[要出典]

実際に、両BBS(の特にCG関連ボード界隈)では、「ぷにの開祖・教祖」や「ぷにの人」「ぷに様」などと呼ばれ、認知されていた[要出典]。また氏は、1990年代に入り、自ら草の根BBS「ぷにぷにねっと」を設立する等、「ぷに」の発展と普及に尽力したとされる[要出典]。「ぷに」という語が広まると、「ぷに」的なキャラクターを愛好する「ぷに萌え」と呼ばれる人々によって、同人業界では大きな派閥が形成された[1]

脚注

  1. ^ a b c d e 『空想美少女大百科』、110頁。
  2. ^ 『空想美少女大百科』、110-111,112,115頁。
  3. ^ うっ! (1999年3月2日). 同人用語集 ぷに. 同人用語の基礎知識. ぱら☆あみ. 2010年8月3日閲覧。
  4. ^ 『空想美少女大百科』、110-111頁。
  5. ^ 首藤剛志 (2006年6月21日). 第54回 『ミンキーモモ』はロリコン向けか?. WEBアニメスタイル シナリオえーだば創作術 だれでもできる脚本家. スタジオ雄. 2010年8月3日閲覧。

参考文献

  • 藤井浩・花井拓登・植竹貴史 「空想美少女整理箱 其の5 ぷに」『空想美少女大百科 電脳萌え萌え美少女大集合!』 宝島社別冊宝島〉、1999年1月3日、110-121頁。ISBN ISBN 4-7966-9421-8。

関連項目

今日は何の日(1月27日

もっと見る

「ろりぷに」のQ&A