わがままチャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わがままチャック
キャプテンストライダムシングル
初出アルバム『音楽には希望がある
B面 CHERRY BOY
帰れやしないぜ (Live at SHIBUKO 2007.03.18)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ファンク
ロック
J-Pop
時間
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
作詞・作曲 永友聖也
プロデュース スティーヴ・ジョーダン
キャプテンストライダム
チャート最高順位
キャプテンストライダム シングル 年表
LONE STAR
2007年
わがままチャック
2008年
人間ナニモノ!?
2008年
テンプレートを表示

わがままチャック」は、キャプテンストライダムの9thシングル。2008年1月23日発売。

解説[編集]

メジャー8th、通算9枚目のシングル。ライブ映像作品『LIVE IN SHIBUKO "BIG BAN BUZZ"』と同時発売[2]

本作ではプロデューサーにスティーヴ・ジョーダンを迎え、バンド初の海外(ニューヨーク)レコーディングを行った[3]

初回仕様として特別ジャケット(特殊ホログラムコーティング仕様)が封入されている。

収録曲[編集]

  1. わがままチャック (4:15)
    (作詞・作曲:永友聖也 編曲:Steve Jordan,Captain Straydum)
    テレビ東京系「ゴッドタン」2008年1月〜3月度エンディングテーマ。
    永友のダイオキシン研究員時代に経験したことを元にしている[2]
    ミュージック・ビデオは制作されているが、ソフト化されていない。
  2. CHERRY BOY (4:46)
    (作詞・作曲:永友聖也 編曲:Steve Jordan,Captain Straydum)
    タイトルは「童貞」の意で、抑えられないリビドーを表現した楽曲[3]。発売に先駆け、1月2日に着うたと着うたフルの先行配信が開始された[4]
    歌詞にビートルズの楽曲「TICKET TO RIDE」「LET IT BE」が出てくる。
  3. 帰れやしないぜ (Live at SHIBUKO 2007.03.18) (3:20)
    (作詞・作曲:永友聖也 編曲:キャプテンストライダム)
    同日に発売された映像作品『LIVE IN SHIBUKO "BIG BAN BUZZ"』収録の映像を音源化したもの。同作からの音源化は他に『ベストロリー』収録の「GOOD HARVEST」がある。

収録アルバム[編集]

わがままチャック

CHERRY BOY

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ わがままチャック|キャプテンストライダム”. ORICON NEWS. 2018年9月9日閲覧。
  2. ^ a b キャプテンストライダム、新曲は“ダイオキシン研究員”時代の悲喜こもごも!?”. BARKS (2008年1月25日). 2018年9月9日閲覧。
  3. ^ a b キャプテンストライダム|『ベストロリー』SPECIAL PAGE 永友聖也による全32曲解説”. キャプテンストライダム. 2018年9月9日閲覧。
  4. ^ キャプテンストライダム、約1年ぶりの新曲を先行配信”. BARKS (2008年1月2日). 2018年9月9日閲覧。