わが酒の讃歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

わが酒の讃歌』(わがさけのうた、A Book of Booze)は、イギリスの小説家、評論家である、コリン・ウィルソンが著した、に関する研究書である。

本の概要と出版状況[編集]

世界各地の酒の起源や受容の歴史と、酒の魅力についての論考である。とくにワインについて詳しく述べられており、酒に関する古今の逸話や自身の体験を、著者の巧みな文学的表現によってまとめあげた、文学作品としても魅力あるものとなっている。

初版はVictor Gollancz Ltd.より1974年に出版された。日本語版は、1975年に詩人の田村隆一によって完訳版が出版された。現在ではイギリス、日本ともに絶版になっている。

目次[編集]

  • 日本語タイトルは田村隆一の訳に拠る。
  1. ワインの詩
  2. ワインの歴史について
  3. フランスのブドウ園
  4. ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル
  5. ビールとスピリッツ
  6. パブ讃歌

出版記録[編集]

  • 1974年 Victor Gollancz Ltd.(初版) ISBN 978-0575018310
  • 1975年 徳間書店(田村隆一による日本語訳)
  • 1989年 徳間書店(田村隆一の日本語訳版の文庫判)ISBN 978-4195986875