アイとサムの街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アイとサムの街』(アイとサムのまち)は、角野栄子による日本の児童文学小説)作品。また、同作を原作に製作された日本のテレビドラマの題名。

作品概要[編集]

  • 1989年10月ポプラ社より『心にのこる文学』シリーズ通算1巻目としてハードカバー本の形式で発売された作品。挿絵画家は牧野鈴子。ISBN 4591033414
  • その後『魔女の宅急便』と同じ角野栄子作品という事で注目を集め、1991年にテレビドラマ化(後述)される。
  • 1980年代後半を舞台とした小説なので、表記方法には時代を感じさせる部分があるが、その点を理解すれば現代でも十分に通じる内容を持ちうる。物語内容としてはライト風味のサスペンスものに近い。一種の角野版少年探偵団的雰囲気を持つ作品である。
  • ドラマ版では、そこからさらにタイムスリップものの要素が加わっている。

あらすじ[編集]

アイミイは荻寺町に住む双子の姉妹。母親は幼い頃に死別し、父親は仕事の関係でドイツにいるため、叔母である漫画家のソラさんと一緒に暮らしている。

ある日、おてんばなアイは入りびたり先の廃品回収屋(今で言うリサイクルショップ)のカメさんの元で廃品を寄せ集め、各種ギミックを搭載させた自作の折り畳み自転車ねこちゃん」を作り上げる。アイはそれを使い、無理矢理ついてきたミイを連れ立って以前からやってみたかった真夜中の散歩に乗り出す。しかし2人はその途中、動物園の近くで怪しい光を見る。

その場は怖くなって帰った2人だったが、後でアイはその光の謎を知りたい思いにかられ、再び動物園の近くへと足を進める。そこで彼女は同様に怪しい光に魅せられた、近くのマンションに住む少年オサム(サム)と出会う。

アイとサムは怪しい光の謎を解くため、2人して「真夜中の冒険」に乗り出すことになる。そして2人は謎の果てに、この街の戦後に生きた人々の光と影のドラマを見る事になる。

テレビドラマ[編集]

1991年7月22日から同年8月30日まで、TBS系列昼ドラマ枠「花王 愛の劇場」にて『夏休み特別企画』と題されて製作・放映。本来の昼ドラマ対象者である主婦層ではなく、夏休みで家にいる小学生の子どもたちを対象として放映された。全30話。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

  • おとこのこ
作詞:角野栄子/作曲・編曲:福田裕彦/歌:宍戸留美

関連項目[編集]

TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
湘南ペンション通り
(1991.5.27 - 1991.7.19)
アイとサムの街
(1991.7.22 - 1991.8.30)
花嫁
(1991.9.2 - 1991.10.25)