アイガー北壁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイガー北壁
Nordwand
監督 フィリップ・シュテルツル
脚本 フィリップ・シュテルツル
クリストフ・ジルバー
ルーペルト・ヘニング
ヨハネス・ナーバー
製作 ボリス・シェーンフェルダー
ダニー・クラウス
ルドルフ・ザンチ
ベンヤミン・ヘルマン
音楽 クリスティアン・コロノヴィッツ
撮影 コーリャ・ブラント
編集 スヴェン・ブーデルマン
配給 日本の旗 ティ・ジョイ
公開 ドイツの旗 2008年10月23日
日本の旗 2010年3月20日
上映時間 127分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
 オーストリア
スイスの旗 スイス
言語 ドイツ語
興行収入 $275,207[1]
テンプレートを表示

アイガー北壁』(: Nordwand)は、2008年ドイツ映画アイガー北壁の初登攀競争をめぐる実話に基づいている。

ストーリー[編集]

1936年ベルリンオリンピック直前の夏、ナチスは国威発揚のため、3970メートルのアイガー北壁のドイツ人初登頂を強く望み、成功者にはオリンピック金メダルの授与を約束する。著名になっていたドイツ人で山岳猟兵のトニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサーは世間の盛り上がりに戸惑いながらも「殺人の壁」と恐れられている北壁への挑戦を決意する。7月14日、麓には初登頂を目指す各国からの登山家や、世紀の瞬間を見届けようとする報道関係者、見物客が集まる。トニーの幼馴染みでかつての恋人、今はベルリン新聞社の記者をしているルイーゼ・フェルナーの姿もあった。7月18日、絶好のコンディションと判断したトニーとアンディは登攀を開始。彼らのすぐ後をオーストリア隊のヴィリー・アンゲラーとエディ・ライナーが追う。だが、間隔を開けずに登っていたために、ヴィリーが落石に遭い、大ケガを負ってしまう。その晩、4人は高度3100メートル地点で1回目のビバーク。驚くべき快進撃に山麓の宿泊客たちは明日にでも初登攀達成かと期待に胸を膨らませる。7月19日、夕方には高度3350メートルに達するが、ヴィリーは既に登ることが無理な容態になっていた。2回目のビバークを経て、4人は登攀中止を決定。ヴィリーをザイルで下ろしながら、下山を始める。7月20日。天候が急激に悪化、3回目のビバーク。7月21日、下山途中の彼らに、突然雪崩が押し寄せる。エディは岩壁に頭を強く打ちつけて気絶、アンディとヴィリーも宙に吊り下げられた状態で気を失ってしまう。朦朧とする意識の中、アンディはトニーを守るために自らザイルを切断する……。

キャスト[編集]

映像ソフト化[編集]

  • 本編のDVDは2010年9月21日発売。

脚注[編集]

  1. ^ North Face (2010)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年3月2日閲覧。

関連項目[編集]