アイク・ケベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイク・ケベック
生誕 (1930-10-08) 1930年10月8日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク
死没 (1963-01-16) 1963年1月16日(44歳没)
担当楽器 テナー・サックス

アイク・ケベックことアイク・エイブラムス・キューベックIke Abrams Quebec, 1918年8月17日 ニューアーク1963年1月16日)はジャズサクソフォン奏者。評論家のアレックス・ヘンダーソンは、「ケベックは、決して改革者ではなかったが、気息音のまじった朗々たる響きがよく目立った特徴であり、南部風のブルースやセクシーなバラード、アップテンポのアグレッションといった場合でも、徹底していた[1]」と評している。

略歴[編集]

元々は熟練したダンサーでありピアニストであったが、20代前半に楽器をテナー・サクソフォンに替え、やがてサクソフォン奏者として将来を嘱望されるようになった。1940年には録音活動も始めている。その後、フランクリン・ニュートンやホット・リップス・ペイジ、ロイ・エルドリッジ[2]、 トラミー・ヤング、エラ・フィッツジェラルドベニー・カーターコールマン・ホーキンスと共演した。1944年から1951年までの間はキャブ・キャロウェイと断続的に共演を続けている。またこの時期に、ブルーノート・レコードへの録音が行われ、さらにA&Rとして同レーベルのスカウトも兼ね、セロニアス・モンクバド・パウエルらのピアニストが世に出るきっかけを作った。ケベックは初見演奏の能力に恵まれ、多くのブルーノート・レコードのセッションで即席の編曲家を務めることもあった。

部分的には薬物依存症との闘病生活のために、一方ではビッグ・バンドの人気が凋落したために、ケベックは1950年代を通じて散発的にしか録音しなかったが、それでも定期的な演奏活動を続けていた。ケベックはジャズの新たな展開に通じており、後にハード・バップボサノヴァソウル・ジャズの要素を取り入れて演奏している。1959年には、一連の録音によってブルーノート・レーベルへの復帰作に取り掛かる。同社の最高顧問アルフレッド・ライオンは、ケベックの音楽をずっと気に入っていたものの、十年ほど人目につかなくなっていたサクソフォン奏者に聴衆がどう反応するかに不安を覚えた。しかし聴衆の好感を得て、たくさんのアルバムが温かく歓迎された。

1963年に肺がんのために早世した。

ディスコグラフィー[編集]

リーダー作

  • 1959 - From Hackensack to Englewood Cliffs
  • 1961 - Heavy Soul
  • 1961 - It Might as Well Be Spring
  • 1962 - Blue & Sentimental
  • 1962 - Easy Living
  • 1962 - Bossa Nova Soul Samba
  • 1997 - Ballads
  • 1997 - 1944-1946
  • 1999 - Swing Hi-Swing Lo
  • 2000 - Strong Tenor of Mr. Quebec 1943/1946
  • 2004 - Proper Introduction to Ike Quebec: Blue Harlem
  • 2005 - The Complete Blue Note 45 Sessions

参加作

ジミー・スミス

  • 1960 - Open House
  • 1960 - Plain Talk

グラント・グリーン

  • 1962 - Born to Be Blue
  • 1962 - The Latin Bit

ソニー・クラーク

  • 1962 - Leapin' and Lopin'

Dodo Greene

  • 1962 - My Hour of Need

註釈[編集]

  1. ^ Henderson, Alex, "Ike Quebec" from Allmusic.com URL accessed January 26, 2007
  2. ^ Campbell, Robert L.; Bukowski, Leonard J. and Büttner, Armin "The Tom Archia Discography" Archived 2009年11月23日, at the Wayback Machine.