アイザック・フェリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アイザック・フェリス

アイザック・フェリスIssac Ferris1798年10月9日 - 1873年6月13日)は、米国オランダ改革派教会外国伝道局の初代総主事である。またニューヨーク大学第3代目総長である。

略歴[編集]

1798年ニューヨーク市に生まれる。1816年コロンビア大学を首席で卒業する。アルバニー・アカデミーのラテン語教授に就任する。1920年オランダ改革派系のニューブランズウィック神学校を卒業して、ニューブランズウィックとニューヨークで牧師になる。

ニューヨークにラトガーズ女子神学校を設立する。

1852年からはニューヨーク大学の総長になり、財政危機から救い出す。1858年にアメリカ・オランダ改革派教会の海外伝道局の創設に尽力し、初代総主事に選ばれ、ニューヨーク大学の総長と兼務する。1859年にS・R・ブラウンG・H・F・フルベッキ宣教師を日本に派遣する。1865年からは息子のジョン・メイソン・フェリスが総主事になる。

晩年は、海外伝道や社会事業を援助した。フェリス女学院の名前は、フェリス親子から取られている。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年