アイスランド航空 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

アイスランド航空(アイスランドこうくう、アイスランド語: Flugfélag Íslands)は、かつて存在したアイスランド航空会社である。

歴史

アイスランド航空は1928年5月、大学教授のAlexander Jóhannessonが中心となって設立された。教授はドイツで研究生活を送った経験があり、ドイツ滞在を通じて航空交通に関する知識を有していた。また設立には書店経営者で1919年の初代・アイスランド航空設立にも関わったピェートゥル・ハルドウルソンも加わっていた。

5月29日にはドイツのルフトハンザからリースしたユンカースF-13機が到着、翌日には最初の飛行が行われ、アイスランド各地への運航が開始された。

その後、同社はユンカース機を追加で導入、当初は実施していなかった冬季の運航も行うようになった。しかし1930年に起きた2度の事故により経営が悪化、同社は事業を終了し、所有機は海外に売却された[1]

機材

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ "ICELAND'S FIRST AIRLINE: A NATION TAKES TO THE AIR" Lögberg-Heimskringla 25. September 1992:10-11.