この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

アイドルマスターシリーズ > アイドルマスター シンデレラガールズ > アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション
アイドルマスター シンデレラガールズ
ビューイングレボリューション
舞浜アンフィシアター.jpg
本作の舞台となった舞浜アンフィシアター[1]
ゲーム
ゲームジャンル VRアイドルライブ
対応機種 PlayStation 4PlayStation VR専用)
開発元 日本の旗Cygames[2]
発売元 日本の旗バンダイナムコエンターテインメント[1]
プロデューサー 坂上陽三
メディア ダウンロード
プレイ人数 1人
発売日 日本の旗2016年10月13日[1]
レイティング 日本の旗 CEROA(全年齢対象)[3]
インタフェース PlayStation Move
キャラクターボイス あり
その他 協力:舞浜アンフィシアター
テンプレート - ノート

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS VIEWING REVOLUTION)は、バンダイナムコエンターテインメントよりPlayStation VR用に2016年10月13日に発売されたVRアイドルライブゲーム[4]

本作は2016年7月7日にニコニコ生放送にて配信された「願いをかなえて!アイドルマスター シンデレラガールズ七夕特番[5]」においてバンダイナムコエンターテインメントからPlayStation VR専用コンテンツとして発売されることが発表された[6]。『アイドルマスターシリーズ』を通してPlayStation VRに対応する初めての作品となる[7]

本作は『アイドルマスター シンデレラガールズ』(以下:「シンデレラガールズ」)の1stライブ『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!』が開催された「舞浜アンフィシアター」を舞台としており[8][9]、最大9人のアイドルがライブを開催し[9]、プレイヤーはモーションコントローラーのPlayStation Moveを振ることで画面上でコンサートライトを振ることが出来、ライブに参加することが出来る[10]。プレイヤーが鑑賞する席も変更することが出来、席や向いている方向によって見える映像や、音の聴こえ方が変化する。

ゲームシステム

本作には後述のEDIT LIVEモードのみ使用可能なアイドルを除き、2017年7月時点で30人[注 7]のアイドルが登場する。初期収録楽曲は3曲。ライブ中に登場するアイドルと衣装は固定で、切り替えは出来ない[15]

操作は、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)だけでなく、PlayStation Moveをコンサートライトに見立て、アイドルのライブを応援することが出来る[16]。また、振動パットにも対応しており、音楽に合わせてパッドが振動することにより、4Dのような臨場感も実現[17]

ライブ中に使用するコンサートライトは切り替えが可能で、左右4本ずつの合計8本まで一度に持つことが可能。そして、手に持っているサイリウムのセットを10セットまで設定を保持することが出来る[18]

EDIT LIVEモード

2017年6月13日実装。シンデレラガールズに登場するアイドルの中から各属性3人ずつ、計9人を自由に編成することができる。対応アイドルは全9回に分けて順次配信され、8月8日に第9弾追加DLCが配信されたことで2017年当時の全オリジナルアイドル183人が使用可能になった[19]。楽曲は当初は「お願い!シンデレラ」で固定されていたが、8月14日には「Yes! Party Time!!」でも使用可能になった。

収録楽曲

  1. Yes! Party Time!!
    作詞・作曲 - 俊龍 / 編曲 - Sizuk
    登場アイドル - 島村卯月渋谷凛本田未央赤城みりあ安部菜々
    衣装 - パーティータイム・ゴールド[20]
    本作のテーマソング。2016年9月4日に開催された『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story -Starlight Castle-』で初公開された[15]
  2. お願い!シンデレラ
    作詞 - marhy / 作曲・編曲 - NBSI(内田哲也)
    登場アイドル - 島村卯月、渋谷凛、本田未央、神崎蘭子小日向美穂城ヶ崎美嘉城ヶ崎莉嘉多田李衣菜三村かな子
    衣装 - スターリースカイ・ブライト
    アイドルマスター シンデレラガールズ』のテーマソング。
  3. Star!!
    作詞 - 森由里子 / 作曲 - 田中秀和
    登場アイドル - 赤城みりあ、アナスタシア緒方智絵里新田美波前川みく
    衣装 - スターリースカイ・ブライト
    テレビアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ 1st SEASON』オープニングテーマ。
  4. アタシポンコツアンドロイド
    作詞・作曲 - ササキトモコ
    登場アイドル - 小日向美穂、双葉杏、前川みく
    衣装 - パーティータイム・ゴールド
    2016年11月16日に配信開始された第1弾追加ダウンロードコンテンツ楽曲[11]。2016年10月16日にさいたまスーパーアリーナで開催された『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story -346 Castle-』にて発表。
  5. Snow Wings
    作詞・作曲 - 俊龍 / 編曲 - SizuK
    登場アイドル - 島村卯月、渋谷凛、本田未央、大槻唯上条春菜
    衣装 - パーティータイム・ゴールド
    2016年12月22日に配信開始された第2弾追加ダウンロードコンテンツ楽曲[12]。2016年11月19日に森のホール21で開催された『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5th Anniversary Party ニコ生SP』にて発表。
  6. GOIN’!!!
    作詞 - 森由里子、作曲 - 宮崎まゆ、編曲 - 宮崎誠
    登場アイドル - 川島瑞樹小早川紗枝高垣楓高森藍子十時愛梨
    衣装 - パーティータイム・ゴールド
    2017年1月25日に配信開始された第3弾追加ダウンロードコンテンツ楽曲。2016年12月29日に行われた『アイドルマスター年末特別ニコ生番組「ゆくM@S くるM@S 2016」』にて発表。
  7. Orange Sapphire
    作詞・作曲・編曲 - Funta
    登場アイドル - 城ヶ崎莉嘉、諸星きらり、赤城みりあ
    衣装 - パーティータイム・ゴールド
    2017年3月9日に配信開始された第4弾追加ダウンロードコンテンツ楽曲。
  8. Tulip
    作詞 - 森由里子、作曲・編曲 - 石濱翔(MONACA)
    登場アイドル - 速水奏塩見周子一ノ瀬志希宮本フレデリカ、城ヶ崎美嘉
    衣装 - パーティータイム・ゴールド
    2017年5月18日に配信開始された第5弾追加ダウンロードコンテンツ楽曲。2017年4月30日に行われた『ニコニコ超会議2017 超アイドルマスターステージ ~THREE STARS!!! 紅白対決してみた!~』にて発表。
  9. Trancing Pulse
    作詞 - AJURIKA、作曲 - 上松範康(Elements Garden)、編曲 - 藤永龍太郎(Elements Garden)
    登場アイドル - 渋谷凛、神谷奈緒北条加蓮
    衣装 - パーティータイム・ゴールド
    2017年7月13日に配信開始された第6弾追加ダウンロードコンテンツ楽曲。2017年7月9日に行われた『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 幕張公演』にて発表。
  10. ØωØver!!
    作詞 - 前川みく(高森奈津美)、多田李衣菜(青木瑠璃子)、作曲 - 小野貴光、編曲 - 玉木千尋
    登場アイドル - 前川みく、多田李衣菜
    衣装 - パーティータイム・ゴールド
    2017年9月28日に配信開始された第7弾追加ダウンロードコンテンツ楽曲。2017年9月23日に行われた『東京ゲームショウ2017 IM@S GAME SHOW 2017』にて発表。なお本DLC楽曲からシーズンパスには含まれなくなる。
  11. M@GIC☆
    作詞 - 森由里子、作曲・編曲 - 田中秀和(MONACA)
    登場アイドル - 島村卯月、渋谷凛、本田未央、諸星きらり、双葉杏
    衣装 -
    2017年11月22日に配信開始された第8弾追加ダウンロードコンテンツ楽曲。

CD

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS VIEWING REVOLUTION Yes! Party Time!!
2017年1月25日に発売したシングルCD。本作で使用された楽曲の内、「Yes! Party Time!!」「GOIN’!!」「アタシポンコツアンドロイド」が収録されている。

開発

本作は、プログラマーが「シンデレラガールズ」のライブシーンをOculus RiftでVRとして表現したらどうなるのかというところから始まり、技術的な検証を重ねたのち、2016年1月にプロジェクトとして発足した[8]

プロジェクト発足後にUnreal Engine4での検証も行われたが、CPUへの負荷がかかることから、最終的にはバージョンアップしたUnityを使うことになった[8]

開発初期のVRライブ画面は、アイドルの可愛さを表現できていた一方、背景やプレイヤー自身などの存在感が薄かった[8]。 この解決策の一つとして、プレイヤー以外の聴衆、すなわちモブキャラクターを客席に配置することになった[8]。 一度に大勢を表示できるようにするため見た目は単純なものになったが、衣装や動きなどに違いを付けるなどしてモブに個性を持たせ、プログラムを用いてランダム配置することによってリアリティを持たせた[8][21]。 また、モブの処理負荷の観点から大規模なコンサート会場が使えないことに加え、1stライブの再現という観点から舞浜アンフィシアターが選ばれ、公式ライセンスも取得した[8]

VRに対応するため、アイドルのポリゴン数はスマホ版の倍以上が用意され、衣装も個別モーションによるダンスが映えるデザインのものが用意された[8]

本作は「シンデレラガールズ」の派生タイトルであることを踏まえ、同作に近いユーザーインターフェースが用いられた[22]

評価

ドワンゴVR部は本作について「周りの観客たちと一緒に楽しむというライブの醍醐味を味わった」と評価しており、応援上映のように最後列の席から他の観客たちの様子を見るのも楽しかったと述べている[23]。 メンバーの一人であるおめがは「前から2列目の席では他の観客がサイリウムを振っている様子がよく見えるため、デフォルトの立ち位置がそこにあることは重要だ」とし、開発者はライブをちゃんと知っていると述べている[23]。 同じくドワンゴVR部のメンバーの一人であるgreenspaもおめがと同様の意見であり、「もしこれが一人で会場を貸し切りにしていたとすると、おもしろくなかったと思う」と述べている[23]。 その一方で、ドワンゴVR部は「観客やステージのバリエーションがもっと欲しかった」といった意見や「コールなどを練習するモードが欲しかった」と指摘した[23]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 双葉杏は第1弾追加ダウンロードコンテンツで追加[11]
  2. ^ 大槻唯と上条春菜の2人は第2弾追加ダウンロードコンテンツで追加[12]
  3. ^ 川島瑞樹から十時愛梨までの5人は第3弾追加ダウンロードコンテンツで追加[13]
  4. ^ 諸星きらりは第4弾追加ダウンロードコンテンツで追加[14]
  5. ^ 速水奏から宮本フレデリカまでの4人は第5弾追加ダウンロードコンテンツで追加。
  6. ^ 神谷奈緒と北条加蓮の2人は第6弾追加ダウンロードコンテンツで追加。
  7. ^ 島村卯月渋谷凛本田未央赤城みりあ安部菜々神崎蘭子小日向美穂城ヶ崎美嘉城ヶ崎莉嘉多田李衣菜三村かな子アナスタシア緒方智絵里新田美波前川みく双葉杏[注 1]大槻唯上条春菜[注 2]川島瑞樹小早川紗枝高垣楓高森藍子十時愛梨[注 3]諸星きらり[注 4]速水奏塩見周子一ノ瀬志希宮本フレデリカ[注 5]神谷奈緒北条加蓮[注 6]の30人。

出典

  1. ^ a b c 『アイドルマスター シンデレラガールズ』(デレステ)を題材にしたPSVRタイトルが10月13日に発売決定”. ファミ通.com (2016年7月7日). 2016年7月7日閲覧。
  2. ^ 制作事例 コンシューマゲーム”. Cygames. 2016年8月13日閲覧。
  3. ^ 『週刊ファミ通 2016年9月29日号』、KADOKAWA、 106,107。
  4. ^ 【デレステVR】VRのステージでも、頑張ります!『アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション』が2016年10月13日、PS VR向けに発売”. MoguraVR (2016年7月7日). 2016年7月7日閲覧。
  5. ^ 願いをかなえて!アイドルマスター シンデレラガールズ七夕特番”. ニコニコ生放送 (2016年7月7日). 2016年7月7日閲覧。
  6. ^ 【シンデレラガールズ】ニコニコ生放送「願いを叶えて!アイドルマスター シンデレラガールズ 七夕特番!」 発表内容まとめ!”. IDOLM@STER OFFICIAL WEB (2016年7月7日). 2016年7月7日閲覧。
  7. ^ バンナム、PlayStation VR専用ソフト『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』を10月13日に発売”. Social Game Info (2016年7月8日). 2016年7月9日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h PANORA (2017年8月31日). “社員300人でコール録音 「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション制作事例」(前編)【CEDEC 2017】” (日本語). PANORA VR. 2020年9月4日閲覧。
  9. ^ a b PS VRでシンデレラライブに参加!「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」が2016年10月13日に発売”. Gamer (2016年7月7日). 2016年7月7日閲覧。
  10. ^ 【速報】遂に”デレマス”の世界をVRで!! PS VR専用『アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション』を10月13日に発売予定【追記】”. Social Game Info (2016年7月7日). 2016年7月7日閲覧。
  11. ^ a b 『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story』(さいたまスーパーアリーナ公演) 346 Castle発表内容まとめ”. THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB (2016年10月16日). 2016年10月16日閲覧。
  12. ^ a b 【デレVR】2016年12月22日に追加DLC楽曲「Snow Wings」配信決定! 2名の新登場アイドルも決定♪”. THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB (2016年10月19日). 2016年10月20日閲覧。
  13. ^ 【デレVR】第3弾 追加DLC楽曲「GOIN’!!!」が2017/1/25(水)に配信決定! 全員が新登場アイドルという豪華な内容でお届けしちゃいます♪”. THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB (2016年12月30日). 2017年1月26日閲覧。
  14. ^ 【デレVR】2017年3月9日に追加DLC楽曲「Orange Sapphire」配信決定! 新登場アイドルは諸星きらり☆”. THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB (2017年2月19日). 2017年3月2日閲覧。
  15. ^ a b 『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』書き下ろし楽曲「Yes! Party Time!!」公開 新衣装も登場”. ファミ通.com (2016年9月4日). 2016年9月19日閲覧。
  16. ^ 【TGS2016】バンナム、東京ゲームショウ2016でPSVRタイトル『デレマスVR』と『サマーレッスン』を出展 同タイトルによるステージイベントも” (2016年9月7日). 2016年9月19日閲覧。
  17. ^ 小口貴宏 (2016年9月15日). “ついに開幕!発売間近の「PlayStation VR」を東京ゲームショウ2016で体験してきました:TGS 2016”. AOL.JP. 2016年9月19日閲覧。
  18. ^ 『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』は全3曲収録! 価格や予約特典も判明”. ファミ通.com (2016年9月13日). 2016年9月19日閲覧。
  19. ^ sososo291 (2017年8月8日). “ついに183人集結!PS VR「デレマスVR」EDIT LIVE、最後の追加アイドルは白坂小梅ら19人” (日本語). PANORA VR. 2020年9月4日閲覧。
  20. ^ 【TGS2016】「IM@S GAME SHOW 2016」ステージ発表内容まとめ!”. THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB (2016年9月18日). 2016年9月19日閲覧。
  21. ^ かわいいアイドルに、モブ(聴衆)がいてこその最高のVRライブ体験。『シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』開発者セッション【CEDEC2017】”. MoguraVR. もぐらゲームス (2017年9月1日). 2020年9月4日閲覧。
  22. ^ Shogo Iwai (2017年9月21日). “限られた制作期間で効率的なUI作成を—「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション制作事例」(後編)【CEDEC 2017】”. PANORA VR. PANORA. 2020年9月4日閲覧。
  23. ^ a b c d 「アイマスは現実、ミクは理想」ドワンゴVR部がガチで分析するVRアイドルゲームの最前線”. 電ファミニコゲーマー. ドワンゴ (2016年10月19日). 2020年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月7日閲覧。