アイナー・アーロン・スワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1927年

アイナー・アーロン・スワンEinar Aaron Swan1903年3月20日 - 1940年8月8日)はアメリカ合衆国のミュージシャン、アレンジャー、作曲家、作詞家。

生い立ちと仕事[編集]

本名はEinar(Eino)ウィリアム·スワン。

世紀の変わり目に米国に移住したフィンランド人の両親の9人の子供の二番目だった。マサチューセッツ州生まれ。彼の父は熱心なアマチュアのミュージシャンだった。スワンはバイオリン、クラリネット、サックスとピアノを習得。

16歳で彼はすでに彼自身のダンス・バンド「Swanie Serenaders」を持ち、3年間マサチューセッツ州をツアーした。主な楽器はバイオリンだったが、この期間にアルトサックスに替えた。

1924年頃バンドリーダーのサム・ラニンはニューヨークの有名なクラブ「ローズランド・ボールルーム」の楽団にスワンを加えコルネット奏者として一流のレッド・ニコルズおよびチャールストン・チェイサー、ヴィック・ベルトン(ドラム)とジョー·タート(チューバ)などと共演させた。スワンはすぐに作曲とオーケストラのための編曲を開始。彼はまた「ローズランド・ボールルーム」でフレッチャー・ヘンダーソンのオーケストラを助けた。

ラニンのバンドで5ヶ月すごし、ヴィンセント・ロペスの1925年のバンドでイギリスのツアーに行ってきた。その後マイク・モジエロ、ザビエル・クガート、彼の昔のバンド仲間のジョー・タートとバンドを結成。

その後まもなく、バーハーバー・オーケストラがスワン作曲の「夢の道」をリリース。ラジオ番組をやり、1930年にミュージシャンとしての活動を停止し、アレンジに集中。エディ·カントール、デイブ・ルビノフ、レイモンド・ペイジなどとコラボした。

1939年、彼の「夢の途中」はトミー・ドーシーとアル·スティルマン、グレン・ミラーとレッド・ノーボによって録音された。

1940年にニューヨーク州グリーンウッドレイクにて、脳出血で死去。 37歳という早すぎる死だった。

代表作[編集]

  • "White Ghost Shivers"
  • "Trail of Dreams" (1926)
  • "When Your Lover Has Gone" (1931)
  • "In the Middle of a Dream" (1939)

参考[編集]

  • Sven Bjerstedt: Who was Einar Swan? - A study in jazz age fame and oblivion (2006) (published online by SFHS, The Swedish-Finn Historical Society [1])

参照[編集]

  1. ^ http://finlander.genealogia.fi/sfhswiki/bilder/Swan.pdf