アイロンヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイロンヘッド
IRON HEAD
メンバー ナポリ
辻井亮平
結成年 2007年
事務所 吉本興業
活動時期 2008年 -
出身 大阪NSC30期生
出会い 京都産業大学の学生寮
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント漫才
ネタ作成者 ナポリ主導で両者
同期 バンビーノ令和喜多みな実尼神インターなど
受賞歴
平成26年度 NHK新人お笑い大賞大賞[1]
第37回 ABCお笑いグランプリ 決勝3位
歌ネタ王決定戦2018 3位
テンプレートを表示

アイロンヘッドは、吉本興業東京本部(東京吉本)所属のお笑いコンビ大阪NSC30期生で2007年結成。2016年4月より活動拠点を大阪から東京へ移し[2]、その後は大宮ラクーンよしもと劇場などのライブを中心に活動中。

メンバー[編集]

兵庫県神戸市出身、育英高等学校を経て京都産業大学外国語学部卒業。
血液型はA型。
ピアニストだった父親の影響で小さい頃からピアノを習っており、ギタードラムなどといった他の楽器も演奏できる。歌が上手い。
NHK新人お笑い大賞を受賞した瞬間に号泣した[3]
R-1ぐらんぷり2015に「GOOD BOY」として出場し、準決勝まで進出した。
東京進出後は田淵章裕(インディアンス)らとルームシェアしている[4]
本名及び旧芸名は毛利 雅俊(もうり まさとし)[5]2018年9月13日に現芸名に改名。
大阪府摂津市出身、京都産業大学経営学部卒業。
血液型はA型。
卓球ピンポンダッシュが得意。
毎年R-1ぐらんぷりには独特の名前でエントリーしている。

概要[編集]

  • ともに京都産業大学出身で学生寮『追分寮』にて知り合い、大学卒業後NSCへ入学した。
  • コンビ名に特に意味はなく、五十音順で最初に出てくる名前として考えた[6]
  • 2016年4月に活動拠点を東京に移し、2017年3月にヨシモト∞ホール・ファーストクラスのメンバーに昇格。
  • ヨシモト∞ホールを中心に活動していたが、芸歴11年目となる2018年3月をもって卒業[7]。現在は大宮ラクーンよしもと劇場などを中心に活動している。
  • 持ちネタの一つに「拳の舞」という踊りがあり、先輩芸人の結婚式披露宴の余興において数多く披露している。

芸風[編集]

コントがメインだが漫才もする。ボケとツッコミはネタごとに変わり特に決まっていない(漫才ではナポリがボケを担当)。辻井の特技である歌を生かした歌ネタも多い。ネタはナポリがベースを考えたうえで二人で作る。

出演[編集]

テレビ[編集]

現在の出演番組

過去のレギュラー番組

ラジオ[編集]

過去のレギュラー番組

単独ライブ[編集]

  • 2011年
    • 8月20日 - 「アイロンヘッドと遊ぼう!」ヨシモト∞ホール大阪/大阪)…「時間倍々バトル」というライブの優勝特典として開催
  • 2012年
    • 2月24日 - 「高圧縮」(5upよしもと/大阪)
  • 2013年
    • 8月7日 - 「ビクトリーゴング」(5upよしもと/大阪)
    • 10月2日 - 30分新ネタライブ「タイガーナックル〜新ネタ3〜4本します〜」(5upよしもと/大阪)
    • 11月14日 - 「ヘヴィーブルドーザー」(5upよしもと/大阪)
    • 12月6日 - 30分新ネタライブ「タイガーナックル」(5upよしもと/大阪)
  • 2014年
    • 2月10日 - 「イーグルアタック2014」(5upよしもと/大阪)
    • 3月23日 - 30分新ネタライブ「タイガーナックル」(5upよしもと/大阪)
    • 7月24日 - 「GOファイター」(5upよしもと/大阪)
    • 9月12日 - 30分新ネタライブ「タイガーナックル」(5upよしもと/大阪)
    • 10月19日 - 30分新ネタライブ「タイガーナックル」(5upよしもと/大阪)
    • 11月15日 - 超豪華2本立て!「タイガーナックル」「大須賀ナックル」(5upよしもと/大阪)
    • 11月18日 - アイロンヘッドベストネタソロライブ「クリティカルヒット」よしもと幕張イオンモール劇場/千葉)
  • 2015年
    • 8月7日 - 「サイバーフオックス」(よしもと漫才劇場/大阪)
  • 2016年
    • 3月5日 - 「トリックポーカー」(よしもと漫才劇場/大阪)
    • 10月16日 - 「エンドレス オブ エジプト」ヨシモト∞ホール/東京)
  • 2017年
    • 3月11日 - 「ミクロポリス」(ヨシモト∞ホール/東京)
    • 11月23日 - 「スピードレーサー」(ヨシモト∞ホール/東京)
  • 2018年
    • 1月27日 - 「アイロンヘッドの1日パワーキャンプ」(大宮ラクーンよしもと劇場/埼玉)
  • 2019年
    • 1月29日 - 「ファイナルドクター」(ヨシモト∞ホール/東京)

出囃子[編集]

ポール・マッカートニー 「All Shook Up」

賞レースでの戦績[編集]

  • 2010年
  • 2011年
    • キングオブコント 準決勝進出
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
    • R-1ぐらんぷり 準決勝進出(辻井)
    • 第4回ytv漫才新人賞 決勝進出 4位
    • Ⅿ-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2016年
    • 第5回ytv漫才新人賞 決勝進出 6位
    • 第37回ABCお笑いグランプリ 決勝進出 3位
    • Ⅿ-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2017年
    • キングオブコント 準決勝進出
    • Ⅿ-1グランプリ 準決勝進出(予選通過順位24位、敗者復活戦17位)
  • 2018年
    • 歌ネタ王決定戦 決勝進出 3位
    • キングオブコント 2回戦進出
    • M-1グランプリ 準々決勝進出

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 優勝はアイロンヘッド NHK新人お笑い大賞”. お笑いナタリー (2014年10月26日). 2014年10月28日閲覧。
  2. ^ アイロンヘッドが4月から東京へ、大阪での活動を総括するライブを3月に開催”. お笑いナタリー (2016年2月9日). 2016年2月10日閲覧。
  3. ^ アイロンヘッド 新人お笑い大賞に号泣”. デイリースポーツ (2014年10月26日). 2014年10月27日閲覧。
  4. ^ pic.twitter.com/gsK88ROsqu”. @yoshidumitomoki (2016年10月4日). 2019年3月11日閲覧。
  5. ^ M-1グランプリ コンビ情報
  6. ^ MBSラジオ「ハンドレッドレディオ第2部 アイロンヘッドのマンスリー番長」(2012年1月5日放送分)
  7. ^ Inc, Natasha. “アイロンヘッド、ジェラードンら∞ホール卒業イベント、卒アル風グッズ販売” (日本語). お笑いナタリー. 2019年1月1日閲覧。