アイ・アム・レジェンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アイ・アム・レジェンド
I Am Legend
I am legend.svg
監督 フランシス・ローレンス
脚本 マーク・プロトセヴィッチ
アキヴァ・ゴールズマン
原作 リチャード・マシスン
地球最後の男
製作 アキヴァ・ゴールズマン
デヴィッド・ハイマン
ジェームズ・ラシター
ニール・H・モリッツ
アーウィン・ストッフ
製作総指揮 マイケル・タドロス
アーウィン・ストフ
デイナ・ゴールドバーグ
ブルース・バーマン
出演者 ウィル・スミス
サリー・リチャードソン
アリシー・ブラガ
ダッシュ・ミホク
チャーリー・ターハーン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 アンドリュー・レスニー
編集 ウェイン・ウォーマン
製作会社 ワーナー・ブラザース
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
ウィード・ロード・ピクチャーズ
オーバーブック・エンターテインメント
オリジナル・フィルム
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗 2007年12月14日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $585,349,010[1]
日本の旗 43.1億[2]
テンプレートを表示

アイ・アム・レジェンド』(I Am Legend)は、2007年に製作された、ワーナー・ブラザース製作のSF映画である。

リチャード・マシスンの小説I Am Legend(日本語版は映画化に合わせて『地球最後の男』から『アイ・アム・レジェンド』に改題された)の3度目の映画化作品。2007年12月14日、日米同時公開された。日本での興行収入は43億円[2]

あらすじ[編集]

2012年、廃墟と化したニューヨーク。元米国陸軍中佐であり科学者ロバート・ネビルは、3年もの間シェパード愛犬サムだけを家族として、動物園から逃げ出したインパラを狩り、公園でトウモロコシを収穫する生活を送り、1日も欠かさず生存者を求めてメッセージを発信し続けていた。ネビルはウイルス感染により、世界人口60億人のほとんどが死滅していく中で生き残った、ニューヨークでたった1人の生存者なのである。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
ロバート・ネビル ウィル・スミス 江原正士 山寺宏一
アナ アリシー・ブラガ 藤本喜久子 斎藤恵理
アルファ・メイル ダッシュ・ミホク -
イーサン チャーリー・ターハン 染谷麻衣 小林由美子
ゾーイ・ネビル サリー・リチャードソン 込山順子 八十川真由野
マーリー・ネビル ウィロー・スミス 小桜エツコ 中司ゆう花
サム(サマンサ) アビー&コナ -
マイク ダレル・フォスター 石住昭彦 竹田雅則
TVパーソナリティ エイプリル・グレイス 武田華 横尾まり
アリス・クルピン博士 エマ・トンプソン(カメオ出演) 竹村叔子 佐藤しのぶ
大統領(声のみ) パット・フレイリー 小山武宏 木村雅史
女性キャスター ケイティ・クーリック 堀江真理子 横尾まり
男性キャスター マット・ラウアー 落合弘治 石井隆夫
TVリポーター アン・カリー ちふゆ 森夏姫
シュレック 石住昭彦 駒谷昌男
ドンキー 落合弘治 桐本琢也
  • ソフト版吹き替え - DVDBD収録
演出 - 高田浩光、翻訳 - アンゼたかし、制作 - プロセンスタジオ
演出 - 伊達康将、翻訳 - アンゼたかし、調整 - 阿部直子、制作 - 東北新社
日本テレビ『金曜ロードショー』、TBS『水曜プレミア』、テレビ東京『午後のロードショー』でも、この吹き替えを放送。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

撮影風景

1990年には監督にリドリー・スコット、主演にアーノルド・シュワルツェネッガーを据えての映画化企画があった[3]が、高額な制作費のため1998年にキャンセルとなった[4]。オリジナル版である『地球最後の男』における「集団でゆっくりと歩く吸血鬼と、家に立て篭もる主人公」という描写は、ジョージ・A・ロメロ監督の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』に大きな影響を与えたとされる。

本作に登場する「ダーク・シーカー」は一見すると理性を持たないモンスターのようだが、「群れで行動する」「猟犬(ダーク・シーカー化している)を用いる」「ネビルの執着を理解して囮を用いた罠を仕掛ける」「特定の個体への執着を見せる」など、劇中ではその行動からある程度の知能を有し、独自の共同体を築いていることが示唆されている。しかしダーク・シーカーへの憎悪と偏見を持ち、彼らを強く敵視しているネビルはその事に気付いていない。

過去の物語を描く続編の製作が決定している[5][6]

配役[編集]

ネビルの娘マーリーは、ウィル・スミスの実の娘であり、当時7歳のウィロー・スミスが演じた。またネビルの愛犬であるサム役のシェパードは、合計3匹使われた。

本作に登場する米軍兵士はすべて現役で、撮影の10か月前にイラクから帰国したばかりである。スタッフロールには「U.S.ARMY」や「NEWYORKCITY」、「UNITED STATES」などと記されている。

撮影[編集]

舞台であるニューヨークの撮影にあたって、5番街で200日の区画封鎖を行った。無人の街を表現するために、生活活動による影響を徹底的に排除しており、加えて全体的にCG処理が施されている[7]

ネビルとサムがゴルフに興じるシーンはイントレピッド海上航空宇宙博物館で撮影された。

ダーク・シーカー[編集]

旧作では吸血鬼とされており、行動こそはゾンビのように鈍いが喋ることはできた存在であったが、今作ではダーク・シーカーは俊敏で喋ることはできず、全身の体毛及び太陽光(紫外線)への耐性を失っており、太陽光の中では数秒で死亡する。街中がダーク・シーカーで溢れていない理由として、ダーク・シーカーとなった者の多くが太陽光により死滅しているものと考えられる。 なおネビルはダーク・シーカーとなった者は全世界で一億二千万人。54億人余りは死亡し、人類の生存者は1200万人と推定している。

身体能力は人間を遥かに超えるもので、言葉を発することはなく凶暴な為、知能はないと思われていた。劇場公開版では曖昧だったが、実際には彼らにも知能はあり、感情も存在した。劇場版では、マネキンを移動させて人間をおびき寄せ、自動車にワイヤーを取り付けてトラップを作っていた。ネビルがダーク・シーカーを捕える為に使用したトラップを模倣したものと思われる。

ネビルの家を襲撃した理由も劇場公開版では曖昧だったが、群れのボスが、ネビルに捕らわれた女性ダーク・シーカー(ボスの恋人、あるいは妻)を助けるためであった。彼らへの価値観を改めたネビルが、人間へ戻りかけていた女性ダーク・シーカーに注射し、元のダーク・シーカーに戻して大人しく群れのボスに返すと、ボスはネビルを殺そうとする仲間を諌め、不本意ながらネビルと和解のような形で去っていく、という別のエンディングが存在する(そのエンディングではネビルは死なず、ネビルはアナ、イーサンの3人で北部のコロニーへ無事に向かう)。

劇中では感染者及びダーク・シーカーと呼ばれている。ゾンビと思われがちだが、性質上は吸血鬼に近い。ネビルにとって、彼らは怪物であったが、また彼らにとってもネビルは「伝説の」怪物だった。

代替エンディング[編集]

劇場で公開されたエンディングは、公開1か月前のスクリーンテストの結果、差し替えられたものであり、いくつかの設定や伏線が明らかにされていない。差換え前のエンディングが特典映像として収録されているのは、次の3種類である。

  1. セルDVDの「2枚組」として販売されているもの
  2. セル用Blu-ray Disc
  3. レンタル用Blu-ray Disc

セル用DVDで2枚組でないものは「特別版」であればあっても未収録である。

その他、定額制動画配信サイトで配信されている場合もある。

  1. U-NEXT

Blu-ray・DVD・UMD・4K ULTRA HD[編集]

2008年4月24日ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりBlu-ray Disc/DVD/UMDの3フォーマットでリリース。

2016年12月21日には4K ULTRA HDがリリース。

  • Blu-ray Disc
    • アイ・アム・レジェンド ※1枚組
本編Discに約194分の特典映像を収録。もうひとつのエンディングや、メイキングなどのコンテンツを収めている。
2008年6月11日にワーナー・ホーム・ビデオが一部のBlu-rayを値上げをした事により品番も変更された為、Blu-ray版は旧品番と新品番の2種類存在する。
  • DVD
    • アイ・アム・レジェンド 特別版 ※2枚組/通常版
    • アイ・アム・レジェンド 特別版 ※1枚組/廉価版
通常版2枚組の本編Discと特典Discの特典映像と合わせるとBlu-ray版と同内容を収めている。
  • UMD
    • アイ・アム・レジェンド ※1枚組
本編のみで特典映像は収録していない。
  • 4K ULTRA HD
    • アイ・アム・レジェンド <4K ULTRA HD&ブルーレイセット> ※2枚組
4K版の本編DiscとBlu-rayの2枚組。

リブート[編集]

近年に本作をリブートする動きがあるが、ウィル・スミスは出演しないとのこと[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b I Am Legend (2007)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年6月29日閲覧。
  2. ^ a b 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2008年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年6月29日閲覧。
  3. ^ Anita M. Busch (1997年7月2日). “Scott is stuff of 'Legend'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1116677570.html?categoryid=13&cs=1 2007年5月2日閲覧。 
  4. ^ “Schwarzenegger's 'Legend' is in peril”. Chicago Tribune. (1998年3月16日) 
  5. ^ I Am Legend prequel confirmed”. MovieFix (2008年9月26日). 2008年10月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月7日閲覧。
  6. ^ 'I Am Legend' prequel in the works”. UPI (2008年9月26日). 2008年10月7日閲覧。
  7. ^ CG WORLD』(ワークスコーポレーション)2008年3月号・5月号。
  8. ^ 「アイ・アム・レジェンド」がリブート:映画ニュース - 映画.com