アイ・ソー・ハー・アゲイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイ・ソー・ハー・アゲイン
ママス&パパスシングル
初出アルバム『The Mamas & the Papas
B面 たとえそうでも
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1966年4月
ジャンル フォークロック
時間
レーベル ダンヒル・レコード
作詞・作曲 ジョン・フィリップス、デニー・ドハーティ
プロデュース ルー・アドラー
チャート最高順位
ママス&パパス シングル 年表
マンデー・マンデー
(1966年)
アイ・ソー・ハー・アゲイン
(1966年)
窓辺に恋を
(1966年)
テンプレートを表示

アイ・ソー・ハー・アゲイン」(I Saw Her Again)は、ママス&パパスが1966年に発表した楽曲。

概要[編集]

ママス&パパスは1965年11月、シングル「Go Where You Wanna Go」でデビューするが、この頃よりミシェル・フィリップスとデニー・ドハーティの不倫関係は始まっていた。1966年、ミシェルの不倫が夫のジョン・フィリップスに知れたのちも、彼女はさらにバーズジーン・クラークと関係を結んだ。これらの一連の出来事をもとにジョンとデニーは本作品を共作したと言われている[2][3]

1966年6月、シングルA面曲として発表。B面は「たとえそうでも(Even If I Could)」。プロデューサーはルー・アドラー[4]。同年8月30日発売のセカンド・アルバム『The Mamas & the Papas』に収録された。モノラルのシングル・バージョンはアルバム・バージョンよりも短い。

同年7月30日付のビルボード・Hot 100で5位を記録した[5]。また、カナダのRPMのシングルチャートで1位、全英シングルチャートで11位を記録した。

プロモーション・フィルムも同時に作られた。メンバーはオートバイやスポーツカーで洋服屋に乗り込み、歌にあわせて店内で羽目を外すというもの。

2分42秒の辺りでドハーティが「I saw her...I saw her again last night」と言い淀むかのような印象を与える箇所がある。これは編集時におけるエンジニアのボーンズ・ハウのミスから生まれた。ハウはこう述べている。

「ミックスするときボーカルのパンチインを早くやりすぎてしまったんだ。すぐに気がついて歌の途中で止めた。でもプレイバックしたらルーが『これはいい! そのままにするんだ』と叫んだ。単なる間違いだしミスだったが、それが賢明なるルーの心をとらえた。直感を信じるということを僕はそこから学んだ」[6]

脚注[編集]

  1. ^ 45cat - The Mamas And The Papas - I Saw Her Again / Even If I Could - Dunhill - USA - D-4031
  2. ^ Phillips, Michelle (1986). California Dreamin': The True Story of the Mamas and the Papas. New York, NY: Warner Books. pp. 84-87. ISBN 0-44634-430-3. 
  3. ^ Phillips, John (1986). Papa John – An Autobiography. Garden City, NY: Doubleday & Co.. pp. 140-141; 147-148. ISBN 0-44016-783-3. 
  4. ^ The Mamas & The Papas - I Saw Her Again / Even If I Could (Vinyl) at Discogs
  5. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF JULY 30, 1966
  6. ^ I Saw Her Again by The Mamas & the Papas Songfacts