アイ・ドント・ウォント・トゥ・ドゥ・イット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アイ・ドント・ウォント・トゥ・ドゥ・イット
ジョージ・ハリスンシングル
リリース 1985年4月23日
ジャンル ロック
時間 4分29秒
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ジョージ・ハリスン
チャート最高順位
ジョージ・ハリスン 年表
オ・ラ・イ・ナ・エ
(1983年)  
アイ・ドント・ウォント・トゥ・ドゥ・イット
(1985年)
セット・オン・ユー
(1987年)
テンプレートを表示

アイ・ドント・ウォント・トゥ・ドゥ・イット(青春の想い[1])」(I Don't Want To Do It)は、1985年2月25日に発売されたジョージ・ハリスン(George Harrison)の楽曲である。

概要[編集]

オリジナルはボブ・ディランの楽曲。

自らプロデュースしたコメディ映画『ポーキーズ最後の反撃!』(原題「Porky's Revenge」)の主題歌として提供され、アメリカでのみシングル・カットされた。 (本国イギリス日本ではシングル化されていない。)

オリジナルアルバムに収録されておらず、シングル・映画のサウンドトラックはいずれも廃盤となり、(海賊版を除いて)入手が難しい曲のひとつであった[2]

2000年代に海外でサウンドトラックが再発されており、日本では長らく公式な音源は販売されていなかったものの、2009年6月16日日本盤は7月8日)に発売された『レット・イット・ロール ソングス・オブ・ジョージ・ハリスン(Let It Roll: Songs by George Harrison)』に収録されている。

シングル収録とサウンドトラック収録はいくぶんアレンジが異なる。なお、『レット・イット・ロール ソングス・オブ・ジョージ・ハリスン』収録バージョンはサントラ収録バージョンを新規リマスターしたものである。

収録曲[編集]

  • アイ・ドント・ウォント・トゥ・ドゥ・イット(青春の想い)(I Don't Want To Do It)
  • クイーン・オブ・ザ・ホップ (Queen of the Hop)…デイヴ・エドモンズの曲

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国内盤のサウンドトラックには邦題が付いているが、後述のベスト盤には邦題は表記されていない。
  2. ^ なお、本人のソロ作「オール・シングス・マスト・パス(All Things Must Pass)」のアウトテイクにこの曲のデモ・バージョンが存在している。