アイ・ハヴ・ア・ドリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイ・ハヴ・ア・ドリーム
ABBAシングル
初出アルバム『ヴーレ・ヴー』
リリース
録音 1979年
ジャンル ポップ
時間
レーベル ポラー・ミュージック
作詞・作曲 ベニー・アンダーソンビョルン・ウルヴァース
プロデュース ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース
チャート最高順位
  • 1位(オーストリア、ベルギー、カナダ、スイス、オランダ)
  • 2位(イギリス[1])
ABBA シングル 年表
ギミー!ギミー!ギミー!
(1979年)
アイ・ハヴ・ア・ドリーム
(1979年)
ザ・ウィナー
(1980年)
テンプレートを表示

アイ・ハヴ・ア・ドリーム」(I Have A Dream)は、スウェーデンの音楽グループ、ABBAシングル1979年12月にリリースされ、1970年代最後のシングル曲となった(ただし日本アメリカ合衆国では、シングルカットされていない)。

オリジナル・ヴァージョン[編集]

アルバム『ヴーレ・ヴー』(1979年)からのシングル・カット。彼らの曲の中で唯一、メンバーの4人以外のボーカリストが参加している(この曲終盤に於ける児童合唱)。

全英シングルチャートではピンク・フロイドアナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」に負けて2位が最高だった。しかしオーストリアベルギースイスオランダではチャート1位を獲得した。スペイン語バージョンも"Estoy Soñando"というタイトルでリリースされ、メキシコで3位、アルゼンチンで4位、スペインで9位を獲得した。

アルバム『ヴーレ・ヴー』のデラックス・エディション盤(2010年発売)に付属されたDVDには、本作のミュージック・ビデオが収録された。劇団四季ミュージカル「マンマ・ミーア!」では、「夢があるから」という邦題がつけられている。

カバー[編集]

アイ・ハヴ・ア・ドリーム
ウエストライフシングル
初出アルバム『ウエストライフザ・グレイテスト・ヒッツ~アンブレイカブル~
リリース
録音 1999年
ジャンル ポップ
時間
レーベル Sony BMG
作詞・作曲 ベニー・アンダーソンビョルン・ウルヴァース
プロデュース ルイ・ウォルシュ
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[2])
  • 24位(ドイツ)
ウエストライフ シングル 年表
フライング・ウィズアウト・ウィングス
(1999年)
アイ・ハヴ・ア・ドリーム/そよ風のバラード
(1999年)
フール・アゲイン
(2000年)
ミュージックビデオ
「I Have a Dream」 - YouTube
テンプレートを表示

ウエストライフ[編集]

20年後の1999年アイルランドの男性グループ、ウエストライフがカバーし、UKチャート1位をマークした(日本アメリカ合衆国では、シングル・カット自体されていない)。また、この2年後の2001年には、インドネシアの子役兼少女歌手のシェリナ・ムナフ(Sherina Munaf, 1990年 - )をメインヴォーカルにフィーチャーしたウエストライフによるカヴァー・ヴァージョンがリリースされ、それも英国などでヒットした。

その他[編集]

備考[編集]

先述の通りこの曲の終盤には、児童合唱による1番の歌詞のリプライズが挿入されているが、1980年昭和55年)の ABBA の日本公演では、この部分は英語による原歌詞ではなく、恐らくは日本人による日本語の歌詞で、日本人の少年・少女により歌われた。これは当時、小学生に英語を教えるのが一般的ではなかったためもあると推定される。その歌詞は以下の通り。

悲しい時には、この歌、歌うよ
俯かないで笑うのよ
涙乾く、その時は
聞こえて来る、天使の歌声が、囁く様な、天使の歌声が
何時でも天使が、運ぶよ愛の歌

(作詞者不詳)

脚注[編集]