アイ高野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイ高野
あい たかの
出生名 高野元成
別名 もっちん
生誕 1951年1月12日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (2006-04-01) 2006年4月1日(55歳没)
ジャンル グループ・サウンズ
ロック
アニメソング
職業 歌手
ドラマー
担当楽器
ドラム
活動期間 1966年 - 2006年
レーベル キングレコード
共同作業者 ザ・カーナビーツ
ザ・ゴールデン・カップス
クリエイション
ADULTY
RAYS
公式サイト アイ高野オフィシャル・サイト

アイ 高野(アイ たかの、1951年1月12日 - 2006年4月1日)は、日本歌手ドラマー。ソロではあい たかの名義で活動していた時期あり。本名、高野 元成(たかの もとなり)。

日本ロック界の重鎮であった。愛称は、本名のもとなりからもっちん

生涯[編集]

東京都出身。1966年、「ザ・カーナビーツ」を結成。16歳で『好きさ好きさ好きさ[1](1967年)が120万枚を売り上げる大ヒットとなった[2]。その後も『恋をしようよジェニー[3]、『オーケイ』等のスマッシュヒットを飛ばし、GSブームを牽引した。在籍時にはイギリスロックグループThe Walker Brothers(ウォーカー・ブラザーズ)」のメンバー、ゲイリー・ウォーカーとのジョイント・シングルを出している(『恋の朝焼け』。英語タイトルは'Cutie Morning Moon')。1969年にカーナビーツを解散。ファースト・アルバムに収録されていた『素敵なサンディー』が21世紀には「Wellwater Conspiracy(和名:ウェルウォーター・コンスピラシー)」によってカバーされた。

高野はカーナビーツ解散後、本格的なニュー・ロック・バンドとなっていた「ザ・ゴールデン・カップス[4]にドラマーとして加入。

1980年には「ブルース・クリエイション」を母体とした「クリエイション[5]に参加。アイ高野加入時から音楽性が、大幅に西海岸サウンド寄りのロックバンドへと変化した。この時期、日本語表記を今までの「クリエイション」から「クリエーション」と改名。日本テレビ系ドラマ『プロハンター[6](1981年)の主題歌『ロンリー・ハート (Lonely Hearts)』がヒットした。

1983年に『ペットントン』の主題歌を、1985年に『巨獣特捜ジャスピオン』の主題歌を歌った。また、MOTCHIN名義で1983年に『銀河疾風サスライガー』の主題歌を担当している。これらと並行して、アニメ『愛してナイト』とのタイアップ企画で、藤村幸宏らとともに「アイ高野とビーハイヴ」としてアルバムを発表した。

2006年4月1日、急性心不全のため都内の病院で死去した。55歳。告別式にはカップスのメンバー3人、ジョー山中力也真木ひでと鈴木ヒロミツ加橋かつみ渡辺茂樹ザ・ジャガーズ岡本信ザ・カーナビーツの越川ヒロシ、喜多村次郎、岡忠夫、ポール岡田らが参列した。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 好きさ好きさ好きさ(1967年) - ザ・カーナビーツ
  • ロンリー・ハート(1981年) - クリエイション
  • そよ風のバラード - あいたかの 名義
  • 青空よ帰ってこい - あいたかの 名義
  • 銀河疾風サスライガー(1983年、『銀河疾風サスライガー』主題歌) - MOTCHIN 名義
  • ロング・グッナイ(1983年、『銀河疾風サスライガー』挿入歌) - MOTCHIN 名義
    「ロング・グッナイ」はアイ高野名義で作曲も担当。
  • プラネッツ・ベイ・ロード(1983年、『銀河疾風サスライガー』挿入歌)-MOTCHIN 名義
  • ペットントン(1983年、『ペットントン』主題歌)
  • 恋する気持ちはドーナツの中(1984年、『OKAWARI-BOY スターザンS』エンディングテーマ)
  • おれが正義だ!ジャスピオン/銀河狼ジャスピオン(1985年、『巨獣特捜ジャスピオン』主題歌)
  • 負けないぜ!!俺たちのメロディー~(1998年) - ADULTY
  • 負けないぜ!!俺たちのメロディー~(2004年) - RAYS

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

  • 恋人と呼んでみたい(1968年) - ザ・カーナビーツとして
  • 嵐に立つ(1968年) - ザ・カーナビーツとして
  • 初恋宣言(1968年) - ザ・カーナビーツとして
  • ある女子高医の記録妊娠(1968年) - ザ・カーナビーツとして
  • サラリーマン悪党術(1968年) - 長谷川役
  • 爆発!750cc族(1976年) - アイ高野バンドとして
  • ヨコハマBJブルース(1981年) - クリエーションとして
  • ザ・タイガース・メモリアル・クラブ・バンド ぼくとぼくらの夏(1990年)- ラジオディレクター役
  • ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム(2004年)- 本人として

TVドラマ[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゾンビーズの「アイ・ラブ・ユー」のカバー
  2. ^ http://music-calendar.jp/2015060101
  3. ^ http://music-calendar.jp/  1967年9月15日にリリースされた
  4. ^ デイブ平尾らのブルース・ロック色の濃いグループサウンズ
  5. ^ 竹田和夫のロックバンド
  6. ^ 草刈正雄、藤竜也が出演した

関連項目[編集]