アウグステ・ヴィクトリア・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アウグステ・ヴィクトリア・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン
Auguste Viktoria von Hohenzollern-Sigmaringen
Augusta Victoria of Hohenzollern.jpg
出生 (1890-08-19) 1890年8月19日
ドイツの旗 ドイツ帝国ポツダム
死去 (1966-08-29) 1966年8月29日(76歳没)
西ドイツの旗 西ドイツ、アイゲルティンゲン
配偶者 マヌエル2世
  ロベルト・ドゥグラス伯爵
父親 ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯ヴィルヘルム
母親 マリーア・テレーザ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ
テンプレートを表示

アウグステ・ヴィクトリア・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲンドイツ語: Auguste Viktoria von Hohenzollern-Sigmaringen, 1890年8月19日 - 1966年8月29日)は、ポルトガルマヌエル2世の妻。王制廃止後に結婚したため、王妃とは認められなかった。

ポルトガル語名ではアウグスタ・ヴィトリア・デ・ホーエンゾレルン=ジグマリンゲンAugusta Vitória de Hohenzollern-Sigmaringen)。

ペドロ5世シュテファニーは大叔母にあたる。

生涯[編集]

ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯ヴィルヘルムと、最初の妃マリーア・テレーザ(両シチリア王フェルディナンド2世の孫)の長女として、ポツダムで生まれた。

1913年9月、イギリスに亡命していたマヌエルと結婚。20年あまりの結婚生活で子供はできず、マヌエルは1932年にミドルセックス州で亡くなった。1939年4月、59歳のスウェーデン貴族ロベルト・ドゥグラス伯爵(スウェーデン語: Robert Graf Douglas)と再婚。この結婚でも子供はなく、1955年に死別。この後、故国ドイツへ帰り、アイゲルティンゲン(Eigeltingenフライブルク県コンスタンツ郡)で亡くなった。