アウゲー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アウゲーを襲うヘーラクレースを描いた青銅製の鏡のカバー。前340年頃。アテネ国立考古学博物館所蔵。

アウゲー古希: Αὔγη, Augē) は、ギリシア神話に登場する女性である。長母音を省略してアウゲとも表記する。

アルカディアの町テゲアーの王アレオスの娘で、ケーペウス、リュクールゴスと兄弟。ヘーラクレースの子テーレポスを生んだのち、ミューシアの王テウトラースの妻、あるいは娘となった。

神話[編集]

アウゲーは父アレオスが創設したアテーナー・アレアー神殿に仕える神官であった。ところがヘーラクレースがエーリスアウゲイアースとの戦争のためにテゲアーを通ったとき、アウゲーはヘーラクレースに強姦された。

このときアウゲーは身ごもって、やがて赤子(テーレポス)を生み、赤子を神域内に隠した。このアウゲーの涜神行為のためにテゲアーの大地からは実りが失われた。

アレオスは、この異変の原因が神域内にあることを知り、アウゲーが密かに生んだ赤子を発見した。アレオスは赤子をパルテニオン山に捨て、アウゲーを他国に売り飛ばすため(あるいは処刑するため)ナウプリオスに引き渡した。そこでナウプリオスは彼女をミューシアの王テウトラースに与え、テウトラースは彼女を妻とした。のちにテーレポスが母を捜してミューシアを訪れ、両者は再会することができたという。

このアウゲーの物語は異伝が多い。ヒュギーヌスによると、アウゲーはテーレポスを自らパルテニオン山に捨て、自分はアレオスを恐れてテウトラースのところに逃げたとしている。テウトラースは子がなかったため彼女を養女にした。後にテーレポスがやってきたとき、テウトラースは何も知らずに彼女をテーレポスの妻として与えた。アウゲーは身を汚されることを嫌がり、テーレポスを殺そうと考えた。しかし2人が寝室に入ると大蛇が現れたため、驚いたアウゲーは手に取ったを大蛇に投げつけてしまった。それをみてアウゲーの意図を悟ったテーレポスは彼女を殺そうとしたが、アウゲーがヘーラクレースに祈りを捧げるのを見て、母であると悟ったという[1][2]

系図[編集]

ペラスゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュカーオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリストー
 
ゼウス
 
ニュクティーモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルカス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
 
 
アザーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アペイダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイピュトス
 
ステュムパーロス
 
ペレウス
 
イスキュス
 
コローニス
 
 
 
 
 
 
ステネボイア
 
プロイトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメーデース
 
ゴルテュス
 
ネアイラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケルキュオーン
 
ヘーラクレース
 
アウゲー
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
リュクルゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミニュアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイピュトス
 
 
 
テーレポス
 
 
 
アエロポス
 
アンカイオス
 
エポコス
 
 
 
アムピダマース
 
イアーソス
 
クリュメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キュプセロス
 
 
 
エウリュピュロス
 
 
 
エケモス
 
アガペーノール
 
エウリュステウス
 
アンティマケー
 
ヒッポメネース
 
アタランテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレスポンテース
 
メロペー
 
ポリュポンテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パルテノパイオス
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ ヒュギーヌス、99話。
  2. ^ ヒュギーヌス、100話。

参考文献[編集]