アウレリオ・アンドレアッツォーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アウレリオ・アンドレアッツォーリ Football pictogram.svg
Aurelio Andreazzoli.jpg
ASローマ時代
名前
ラテン文字 Aurelio Andreazzoli
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1953-11-05) 1953年11月5日(65歳)
出身地 マッサ
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アウレリオ・アンドレアッツォーリ(Aurelio Andreazzoli,1953年11月5日 - )はイタリアマッサ出身のサッカー指導者。現在はセリエAジェノアCFCの監督を務めている。

指導者歴[編集]

ASローマ[編集]

2005年、アンドレアッツォーリはASローマの監督に就任したルチアーノ・スパレッティのアシスタントコーチに就任した。スパレッティがASローマの監督を辞任した際にアンドレアッツォーリもASローマを去ったが、2011年にヴィンチェンツォ・モンテッラ監督によって呼び戻され、アシスタントコーチに就任した。その後、ルイス・エンリケズデネク・ゼーマンが就任してからも、テクニカルスタッフとしてチームに残った。

2013年2月2日、解任されたゼーマンの後任として、2012-13シーズンまで暫定的に監督に就任した[1]。 監督就任後、セリエAユヴェントスFC戦で1-0で勝利し、初勝利を挙げた[2]。 2013年4月8日、監督として初めてSSラツィオとのローマ・ダービーで指揮し、1-1で引き分けた。2013年4月17日、コッパ・イタリア準決勝でインテルに2-3で勝利し決勝に進出した。2013年5月23日、コッパ・イタリア決勝のSSラツィオ戦は0-1で敗れた[3]

2013年6月12日、リュディ・ガルシアがアンドレアッツォーリの後任として監督に就任することをジェームズ・パロッタ会長が発表し、アンドレアッツォーリは監督を退任した[4]

エンポリFC[編集]

2017年12月17日、ヴィチェンツォ・ヴィヴァリニの後任として、セリエBのエンポリFCの監督に就任した[5]。クラブをセリエB優勝に導き、1部昇格を果たした。2018年5月21日に契約を2021年まで延長した[6]

脚注[編集]

  1. ^ OFFICIAL: ROMA SACK ZEMAN”. Football Italia (2013年2月2日). 2016年7月27日閲覧。
  2. ^ Roma 1-0 Juventus: Champions shocked by Totti thunderbolt”. Goal.com (2013年2月16日). 2013年7月25日閲覧。
  3. ^ Lazio beat rivals Roma in Coppa Italia final”. BBC Sport (2013年5月26日). 2013年6月6日閲覧。
  4. ^ 06/12/2013: RUDI GARCIA”. asroma.it. Rome: A.S. Roma (2013年6月12日). 2013年6月12日閲覧。
  5. ^ “UFFICIALE | E’ Aurelio Andreazzoli il nuovo allenatore dell’Empoli” (Italian). Pianeta Empoli. (2017年12月17日). http://www.pianetaempoli.it/e-aurelio-andreazzoli-il-nuovo-allenatore-dellempoli/ 2018年1月30日閲覧。 
  6. ^ “セリエA昇格のエンポリ、元ローマ指揮官と契約延長…今季2部独走優勝”. サッカーキング. (2018年5月23日). https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20180523/762958.html 2018年6月6日閲覧。