アエトリオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アエトリオス古希: Ἀέθλιος, Aethlios)は、ギリシア神話の人物である。デウカリオーンの娘プロートゲネイアゼウスの子で[1][2]オプースと兄弟[3][4]アイオロスの娘カリュケーとの間に[5]エンデュミオーンをもうけた[5][2][6]パウサニアスによると、アエトリオスはエーリス地方の最初の王とされる[2]。また一説にアエトリオスはアイオロスの子だったが、ゼウスの子と呼ばれていたという[7]

なお、息子のエンデュミオーンはの女神セレーネーに愛されたことで有名。

系図[編集]

ウーラノス
 
ガイア
 
オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーアペトス
 
 
 
 
 
クリュメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロメーテウス
 
エピメーテウス
 
パンドーラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デウカリオーン
 
 
 
ピュラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレーン
 
オルセーイス
 
 
 
アムピクテュオーン
 
 
 
プロートゲネイア
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドーロス
 
クスートス
 
クレウーサ
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオーン
 
アカイオス
 
 
 
カリュケー
 
アエトリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・2。
  2. ^ a b c パウサニアス、5巻1・3。
  3. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.224a。
  4. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.310a。
  5. ^ a b アポロドーロス、1巻7・5。
  6. ^ パウサニアス、5巻8・1。
  7. ^ パウサニアス、5巻8・2。

参考文献[編集]