アエロメヒコ航空230便着陸失敗事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アエロメヒコ航空 230便
Aero Mexico DC-9 XA-DEN 01.jpg
1974年にロサンゼルス国際空港で撮影された事故機
出来事の概要
日付 1981年7月27日
概要 強風による着陸失敗
現場 メキシコの旗 メキシコ チワワ州チワワ チワワ国際空港
乗客数 60
乗員数 6
負傷者数
(死者除く)
34
死者数 32 (乗客30人、乗員2人)[1]
生存者数 34
機種 マクドネルダグラス DC-9-32
機体名 Yucatan
運用者 メキシコの旗 アエロメヒコ航空
機体記号 XA-DEN[2]
出発地 メキシコの旗 モンテレイ国際空港
目的地 メキシコの旗 チワワ国際空港
テンプレートを表示

アエロメヒコ航空230便着陸失敗事故は、1981年7月27日に発生した事故。モンテレイ国際空港チワワ国際空港行のアエロメヒコ航空230便(マクドネル・ダグラス DC-9-32)が強風の中、チワワ国際空港への着陸時にバウンドし大破、炎上。乗員乗客66人中32人が死亡した[3][4]

事故機[編集]

事故機のダグラス DC-9-32(XA-DEN)は、1974年に初飛行を行っており、2基のプラット・アンド・ホイットニーJT8D-17を搭載していた[3]

事故の経緯[編集]

230便がチワワ空港へ接近し始めると、天候が急変し、激しいスコール積乱雲に遭遇した。機体は、滑走路端から60m、右に150mずれた地点に接地し、バウンドした。再び地表に接地したが、胴体が破損し出火した。乗員乗客66人中32人が煙や火災により死亡した[3][5]

事故原因[編集]

事故原因はパイロットエラーだとされた。パイロットは管制官から天候が悪いため着陸を待った方が良いという助言を受けていたが、機長はこれを無視した。事故後、機長はしばらくの間飛行資格を取り消された[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CRASH OF A DOUGLAS DC-9 IN CHIHUAHUA: 32 KILLED”. 2018年8月10日閲覧。
  2. ^ Airlines Net XA-DEN”. 2018年8月10日閲覧。
  3. ^ a b c Accident description Aeromexico Flight 230”. 2018年8月10日閲覧。
  4. ^ 36 Killed and 28 Hurt In Crash of Mexican Jet”. 2018年8月10日閲覧。
  5. ^ Archived copy”. 2012年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月7日閲覧。
  6. ^ Hoy hace 34 años de la peor desgracia aérea en Chihuahua. Entrelineas. 27 de julio de 2015.