アオキスーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社アオキスーパー[1]
Aoki Super Co., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 9977
1994年6月30日上場
略称 アオキスーパー
本社所在地 日本の旗 日本
453-0054[1]
愛知県名古屋市中村区鳥居西通1丁目1番地
設立 1974年昭和49年)6月10日[1]
業種 小売業
法人番号 1180001029202
事業内容 スーパーマーケット
代表者 代表取締役社長 青木俊道
資本金 13億72百万円[2]
発行済株式総数 12,500,000株[2]
売上高 1,047億17百万円(2016年2月期)[2]
純資産 169億10百万円(2016年2月期)[2]
総資産 277億44百万円(2016年2月期)[2]
従業員数 828名(2016年2月29日現在)[2]
決算期 2月[1]
会計監査人 監査法人東海会計社[2]
主要株主 株式会社東海流通システム 34.05%
(2016年2月20日現在)[2]
外部リンク http://www.aokisuper.co.jp/
テンプレートを表示
今伊勢店(一宮市今伊勢町)
岡崎康生店(岡崎市康生通西)。
松坂屋岡崎店の跡地に建てられた。

株式会社アオキスーパー: Aoki Super Co.,LTD. )は、愛知県内にスーパーマーケットを店舗展開する小売業株式会社である。

以前は本店を名古屋市中村区に、本部を津島市に置いていたが、2010年6月に大鳥居ビル(元ジャスコ中村店、アオキスーパー中村店跡地)を取り壊し、2011年8月に新社屋が完成させ、中村店(新店舗)と共に本部を移転した。

中村店は、本店の位置付けにあたる。

特徴[編集]

堅実なローコスト経営が特徴で、郊外に昨今できている大型ショッピングセンターとは対称的に郊内型と言える。

店舗ロゴはかつてはヒョウタンのものを使用していたが、現在は、アルファベットの”A”をロゴ化したものを使用している。

2011年3月11日の東日本大震災の復興支援として、翌日12日には1000万円を中日事業団を通じて寄付したことを発表した。

沿革[編集]

主な店舗一覧[編集]

名古屋市内[編集]

詳細は公式サイト「店舗情報名古屋市内」を参照。

  • 中村店(本店)(愛知県名古屋市中村区鳥居西通1丁目1番地[1]
    • 2011年8月10日)に、古い建物を取壊し、創業70年を迎えて新社屋と共に新装開店した(新社屋が実際に稼動したのは、8月20日過ぎ頃とみられる[独自研究?])。 
    • 売場は1階・2階に分かれており、近郊のスーパーとは異なる作りである。レジは1階のみで、一括で精算することができる。なお、エスカレーターやエレベーターで移動できる。
    • エスカレーター沿いの壁には、青木商店時代の写真が飾られている。
    • 以前の中村店は大鳥居ビル地下にあり、名古屋市営地下鉄東山線中村公園駅」の出口と連絡通路で繋がっており、地下鉄で来店する客は雨の日でも雨に濡れず買い物をすることができた。

尾張[編集]

詳細は公式サイト「店舗情報愛知県尾張部」を参照。

三河[編集]

詳細は公式サイト「店舗情報愛知県三河部」を参照。

今後出店予定店舗[編集]

閉店した店舗[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 116-117 
  2. ^ a b c d e f g h i j 有価証券報告書-第42期(平成27年3月1日-平成28年2月29日)”. EDINET. 2017年4月27日閲覧。