アカデミー外国語映画賞オーストラリア代表作品の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オーストラリアは1996年に初めてアカデミー外国語映画賞に映画を出品した。アカデミー外国語映画賞はアメリカ合衆国の映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、アメリカ合衆国以外の国で製作され、主要な会話が英語以外で占められた長編映画を対象としている[1]。2016年度までにオーストラリアは10作出品しており、2016年の『タンナ』のみがノミネートに至っている[2]

代表作[編集]

1956年よりAMPASは外国語映画賞を設置し、各国のその年最高の映画を招待している[3]。外国語映画賞委員会はプロセスを監視し、すべての応募作品を評価する。その後、委員会は5つのノミネート作品を決定するために秘密投票を行う[1]。以下はオーストラリアの代表作品の一覧である。


(授賞式)
日本語題 出品時の英題 原題 言語 監督 結果
1996
(第69回)
Floating Life Floating Life 広東語英語ドイツ語 クララ・ロー英語版 落選
2001
(第74回)
La Spagnola La Spagnola スペイン語英語イタリア語 スティーヴ・ジェイコブス英語版 落選
2006
(第79回)
十艘のカヌー Ten Canoes Ten Canoes ヨルング・マサ語英語版グンウィング語英語版英語 ロルフ・デ・ヒーア 落選
2007
(第80回)
ホーム・ソング・ストーリーズ〜僕の母の物語〜 The Home Song Stories The Home Song Stories 広東語英語普通話 トニー・エアーズ英語版 落選
2009
(第82回)
サムソンとデリラ Samson and Delilah[4] Samson and Delilah ワルピリ語英語 ワーウィック・ソーントン英語版 最終選考
2012
(第85回)
さよなら、アドルフ Lore[5] Lore ドイツ語 ケイト・ショートランド 落選
2013
(第86回)
The Rocket[6] The Rocket ラーオ語 キム・モールダン 落選
2014
(第87回)
Charlie's Country[7] Charlie's Country ヨルング・マサ語英語版 ロルフ・デ・ヒーア 落選
2015
(第88回)
Arrows of the Thunder Dragon[8] Arrows of the Thunder Dragon ゾンカ語 グレッグ・スネッドン 落選
2016
(第89回)
タンナ Tanna[9] Tanna Nauvhal マーティン・バトラー英語版
ベントレー・ディーン英語版
ノミネート[2]
2017
(第90回)
The Space Between[10] The Space Between イタリア語 ルース・ボーゴベロ英語版 落選
2018
(第91回)
Jiga[11] Jiga パシュトー語 ベンジャミン・ギルモア英語版 落選

参考文献[編集]

  1. ^ a b Rule Thirteen: Special Rules for the Foreign Language Film Award”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2013年8月26日閲覧。
  2. ^ a b Oscars 2017: The full nominations”. BBC News (2017年1月24日). 2017年1月24日閲覧。
  3. ^ History of the Academy Awards - Page 2”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2008年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月22日閲覧。
  4. ^ 次点はヨナタン・オフ・デル・ ハイド監督の『Van Diemen's Land』。出典: http://www.screendaily.com/awards/academy-awards/academy-awards-news/australia-selects-samson-for-foreign-language-oscar/5006233.article
  5. ^ Australian film Lore up for an Oscar”. Vogue. 2012年9月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月7日閲覧。
  6. ^ Australian film The Rocket has a shot at the Oscars”. The Australian. 2013年9月10日閲覧。
  7. ^ Oscars: Australia Selects 'Charlie's Country' for Foreign-Language Category”. Hollywood Reporter. 2014年10月1日閲覧。
  8. ^ Maddox, Garry (2015年10月9日). “Arrows the Thunder Dragon: the Australian Oscar contender you won't have heard of”. The Sydney Morning Herald. 2015年10月9日閲覧。
  9. ^ Frater, Patrick (2016年8月23日). “Australia Selects ‘Tanna’ as Foreign-Language Oscar Contender”. Variety. 2016年8月23日閲覧。
  10. ^ Kilday, Gregg (2017年10月5日). “Oscars: 92 Films Submitted in Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2017年10月5日閲覧。
  11. ^ Groves, Don (2018年10月9日). “'Jirga' is Australia's submission for Best Foreign Language Film Oscar”. If. 2018年10月9日閲覧。

関連項目[編集]