アカデミー外国語映画賞オーストリア代表作品の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アカデミー外国語映画賞受賞作『愛、アムール』を監督したミヒャエル・ハネケ

オーストリアは1961年に初めてアカデミー外国語映画賞に映画を出品した。

アカデミー外国語映画賞はアメリカ合衆国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、アメリカ合衆国以外の国で製作され、主要な会話が英語以外で占められた長編映画を対象としており[1]1956年度より設置されている[2]

これまでにノミネートに至ったのはウォルフガング・グリュック英語版の『'38 - Vienna Before the Fall』(第59回)、シュテファン・ルツォヴィツキーの『ヒトラーの贋札』(第80回)、ゴッツ・スピルマン英語版の『Revanche』(第81回)、ミヒャエル・ハネケの『愛、アムール』(第85回)の4本である[3][4]。そのうち受賞を果たしたのは『ヒトラーの贋札』と『愛、アムール』である[5]

代表作[編集]

1956年よりAMPASは外国語映画賞を設置し、各国のその年最高の映画を招待している[2]。外国語映画賞委員会はプロセスを監視し、すべての応募作品を評価する。その後、委員会は5つのノミネート作品を決定するために秘密投票を行う[1]。以下はオーストリアの代表作品の一覧である。

オーストリア代表作の多くはドイツ語が使われている。2001年、2005年、2012年の代表作はフランス語であるが、アカデミー側に提出する際にドイツ語に吹き替えられた[6]ペルシア語トルコ語が多くを占めた2009年の代表作も同様である。


(授賞式)
日本語題 出品時の英題 原題 監督 結果
1961
(第34回)
Jedermann Jedermann ゴットフリード・ラインハルト 落選
1969
(第42回)
Moss on the Stones Moos auf den Steinen Georg Lhotsky 落選
1977
(第50回)
I Want to Live Ich will leben Jörg A. Eggers 落選
1979
(第52回)
Tales from the Vienna Woods Geschichten aus dem Wienerwald マクシミリアン・シェル 落選
1980
(第53回)
Egon Schiele Egon Schiele - Exzesse ハーバート・ヴェセリー 落選
1981
(第54回)
Der Bockerer Der Bockerer フランツ・アンテル 落選
1983
(第56回)
Drifters Die Letzte Runde ペーター・パツァーク 落選
1984
(第57回)
Just Behind the Door Dicht hinter der Tür Mansur Mahdavi 落選
1985
(第58回)
Malambo Malambo ミラン・トドロヴィッチ 落選
1986
(第59回)
'38 - Vienna Before the Fall 38 – Auch das war Wien ウォルフガング・グリュック ノミネート
1987
(第60回)
Welcome in Vienna Wohin und zurück - Welcome in Vienna アクセル・コルティ 落選
1988
(第61回)
Undiscovered Country Das Weite Land リュック・ボンディ 落選
1989
(第62回)
セブンス・コンチネント The Seventh Continent Der Siebente Kontinent ミヒャエル・ハネケ 落選
1990
(第63回)
Requiem for Dominic Requiem für Dominik ロバート・ドーンヘルム 落選
1991
(第64回)
I Love Vienna I Love Vienna Houchang Allahyari 落選
1992
(第65回)
ベニーズ・ビデオ Benny's Video Benny's Video ミヒャエル・ハネケ 落選
1993
(第66回)
India Indien パオル・ハラター 落選
1994
(第67回)
I Promise Ich Gelobe ヴォルフガング・ムルンベルガー 落選
1995
(第68回)
Ant Street Die Ameisenstraße ミハエル・グラウガー 落選
1996
(第69回)
Hannah Hannah ラインハルト・シュヴァベニッキー 落選
1997
(第70回)
The Unfish Der Unfisch ロバート・ドーンヘルム 落選
1998
(第71回)
The Inheritors Die Siebtelbauern シュテファン・ルツォヴィツキー 落選
1999
(第72回)
Northern Skirts Nordrand バーバラ・アルバート 落選
2000
(第73回)
The Stranger Die Fremde ゴッツ・スピルマン 落選
2001
(第74回)
ピアニスト The Piano Teacher La Pianiste ミヒャエル・ハネケ 落選
2002
(第75回)
Gebürtig Gebürtig Robert Schindel、Lukas Stepanik 落選
2003
(第76回)
Free Radicals Böse Zellen バーバラ・アルバート 落選
2004
(第77回)
3つの不倫 Antares Antares ゴッツ・スピルマン 落選
2005
(第78回)
隠された記憶 Caché Caché ミヒャエル・ハネケ 失格[7]
2006
(第79回)
You Bet Your Life Spiele Leben アントニン・スヴォボダ 落選
2007
(第80回)
ヒトラーの贋札 The Counterfeiters Die Fälscher シュテファン・ルツォヴィツキー 外国語映画賞受賞
2008
(第81回)
Revanche[8] Revanche ゴッツ・スピルマン ノミネート
2009
(第82回)
For a Moment, Freedom Ein Augenblick Freiheit Arash T. Riahi 落選
2010
(第83回)
La Pivellina[9] La Pivellina Tizza CoviRainer Frimmel 落選[10]
2011
(第84回)
Breathing[11] Atmen カール・マルコヴィックス 落選
2012
(第85回)
愛、アムール Amour[12] Amour ミヒャエル・ハネケ 外国語映画賞受賞
2013
(第86回)
The Wall[13] Die Wand ユリアン・ペルスラー 落選
2014
(第87回)
The Dark Valley[14] Das finstere Tal アンドレアス・プロハスカ 落選
2015
(第88回)
グッドナイト・マミー Goodnight Mommy[15] Ich seh Ich seh ヴェロニカ・フランツ、ゼヴリン・フィアラ 落選
2016
(第89回)
Stefan Zweig: Farewell to Europe[16] Vor der Morgenröte マリア・シュラーダー英語版 落選
2017
(第90回)
ハッピーエンド Happy End[17] Happy End ミヒャエル・ハネケ 落選
2018
(第91回)
The Waldheim Waltz[18] Waldheims Walzer ルート・ベッカーマン英語版 落選

参考文献[編集]

  1. ^ a b Special Rules for the Best Foreign Language Film Award”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2008年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月29日閲覧。
  2. ^ a b History of the Academy Awards - Page 2”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2008年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月21日閲覧。
  3. ^ Wolfgang Gluck - Awards”. The New York Times. 2008年8月22日閲覧。
  4. ^ Oscars 2008: The Nominees”. BBC (2008年1月22日). 2008年8月22日閲覧。
  5. ^ Pearson, Ryan (2008年2月25日). “Austria's 'Counterfeiters' Wins Oscar”. Fox News. 2008年4月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月22日閲覧。
  6. ^ http://www.msnbc.msn.com/id/11645439/
  7. ^ http://www.nytimes.com/2006/02/17/movies/redcarpet/17fore.html
  8. ^ Revanche: Austrian Oscar entry for Best Foreign Language Film”. Austrian Film Commission. 2008年10月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月16日閲覧。
  9. ^ La Pivellina Austrian film for the Oscars”. filmsdistribution.com. 2010年10月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月28日閲覧。
  10. ^ 9 Foreign Language Films Continue to Oscar® Race”. oscars.org. 2011年1月19日閲覧。
  11. ^ Markovics-Film Oscar-Kandidat für Österreich”. orf.at. -08-22-30閲覧。
  12. ^ Hanke's Amour geht fuer Oesterreich ins Oscar Rennen”. Der Standard. 2012年9月4日閲覧。
  13. ^ Oscars: Austria Goes to 'The Wall' for Foreign-Language Entry”. Hollywood Reporter. 2013年9月4日閲覧。
  14. ^ Österreich schickt "Das finstere Tal" ins Oscar-Rennen”. kurier. 2014年9月3日閲覧。
  15. ^ Austria Selects Goodnight Mommy as Oscar Bid”. Film New Europe (2015年9月8日). 2015年9月8日閲覧。
  16. ^ Roxborough, Scott (2016年9月6日). “Oscars: Austria Selects 'Stefan Zweig' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2016年9月6日閲覧。
  17. ^ Hanekes «Happy End» im Oscar-Rennen”. SVZ (2017年9月6日). 2017年9月6日閲覧。
  18. ^ Roxborough, Scott (2018年9月4日). “Oscars: Austria Selects 'The Waldheim Waltz' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2018年9月4日閲覧。

関連項目[編集]