アカデミー外国語映画賞ハンガリー代表作品の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハンガリーは1965年に初めてアカデミー外国語映画賞に映画を出品した。

アカデミー外国語映画賞はアメリカ合衆国の映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、アメリカ合衆国以外の国で製作され、主要な会話が英語以外で占められた長編映画を対象としている[1]。ハンガリーの代表作は同国の映画専門家による選考委員会によって選出される[2]

2017年度 までにノミネートに至ったのは10作品であり、そのうち受賞を果たしたのは『メフィスト』(1981年)と『サウルの息子』(2015年)である[3]

最も多く選出された監督はサボー・イシュトヴァーンの7回(ノミネート4回、受賞1回)、次いでゾルタン・ファーブリ英語版の4回(ノミネート2回)である。

代表作[編集]

AMPASは各国のその年最高の映画を招待する。外国語映画賞委員会はプロセスを監視し、すべての応募作品を評価する。その後、委員会は5つのノミネート作品を決定するために秘密投票を行う[1]

ほとんどの映画はハンガリー語が主要言語であるが、サボー・イシュトヴァーン監督の『連隊長レドル』、『ハヌッセン』、『メフィスト』の3作はオーストリア俳優のクラウス・マリア・ブランダウアーが主演し、ドイツ語が主要言語である。


(授賞式)
日本語題 出品時の英題 原題 監督 結果
1965
(第38回)
Twenty Hours Húsz óra ゾルタン・ファーブリ英語版 落選
1966
(39th)
The Round-Up Szegénylegények ヤンチョー・ミクローシュ 落選
1967
(第40回)
Father Apa サボー・イシュトヴァーン 落選
1968
(第41回)
The Boys of Paul Street A Pál utcai fiúk ゾルタン・ファーブリ英語版 ノミネート
1969
(第42回)
The Upthrown Stone Feldobott kő シャーンドル・シャーラ英語版 落選
1970
(第43回)
Lovefilm Szerelmesfilm サボー・イシュトヴァーン 落選
1971
(第44回)
Love Szerelem カーロイ・マック英語版 落選
1972
(第45回)
Present Indicative Jelenidő バチョー・ペーテル英語版 落選
1973
(第46回)
Photography Fotográfia Pál Zolnay 落選
1974
(第47回)
Cats' Play Macskajáték カーロイ・マック英語版 ノミネート
1975
(第48回)
Adoption Örökbefogadás マールタ・メーサーロッシュ英語版 落選
1976
(第49回)
The Fifth Seal Az ötödik pecsét ゾルタン・ファーブリ英語版 落選
1977
(第50回)
A Strange Role Herkulesfürdöi emlék パル・サンドール英語版 落選
1978
(51st)
ハンガリアン Hungarians Magyarok ゾルタン・ファーブリ英語版 ノミネート
1979
(第52回)
Angi Vera Angi Vera パル・ガボール英語版 落選
1980
(第53回)
コンフィデンス/信頼 Confidence Bizalom サボー・イシュトヴァーン ノミネート
1981
(第54回)
メフィスト Mephisto Mephisto サボー・イシュトヴァーン 外国語映画賞受賞
1982
(第55回)
Time Stands Still Megáll az idő ペーテル・ゴタール英語版 落選
1983
(第56回)
Job's Revolt Jób lázadása Imre Gyöngyössy
バルナ・カバイ英語版
ノミネート
1984
(第57回)
Yerma Yerma Imre Gyöngyössy
バルナ・カバイ英語版
落選
1985
(第58回)
連隊長レドル Colonel Redl Redl ezredes サボー・イシュトヴァーン ノミネート
1986
(第59回)
Cat City Macskafogó Béla Ternovszky 落選
1987
(第59回)
Diary for My Lovers Napló szerelmeimnek マールタ・メーサーロッシュ英語版 落選
1988
(第61回)
ハヌッセン Hanussen Hanussen サボー・イシュトヴァーン ノミネート
1989
(第62回)
私の20世紀 My 20th Century Az én XX. századom エニェディ・イルディコー 落選
1990
(第63回)
Little but Tough Kicsi, de nagyon erős Ferenc Grünwalsky 落選
1991
(第64回)
Brats Félálom János Rózsa 落選
1992
(第65回)
Sweet Emma, Dear Böbe Édes Emma, drága Böbe - vázlatok, aktok サボー・イシュトヴァーン 落選
1993
(第66回)
We Never Die Sose halunk meg Róbert Koltai 落選
1994
(第67回)
Woyzeck Woyzeck ヤーノシュ・サース英語版 落選
1995
(第68回)
The Outpost A részleg ペーテル・ゴタール英語版 落選
1996
(第69回)
Vaska Easoff Haggyállógva Vászka ペーテル・ゴタール英語版 落選
1997
(第70回))
The Witman Boys ウィットマン・ボーイズ The Witman Boys Witman fiúk ヤーノシュ・サース英語版 落選
1998
(第71回)
Gypsy Lore Romani kris - Cigánytörvény Bence Gyöngyössy 落選
1999
(第72回)
The Lord's Lantern in Budapest Nekem lámpást adott kezembe az Úr, Pesten ヤンチョー・ミクローシュ 落選
2000
(第73回)
Glamour Glamour Frigyes Gödrös 落選
2001
(第74回)
Abandoned Torzók Árpád Sopsits 落選
2002
(第75回)
ハックル Hukkle Hukkle パールフィ・ジョルジ 落選
2003
(第76回)
Forest Rengeteg バネデク・フリーガオフ英語版 落選
2004
(第77回)
Kontroll Kontroll ニムロッド・アーントル 落選
2005
(第78回)
フェイトレス 〜運命ではなく〜 Fateless Sorstalanság コルタイ・ラヨシュ 落選
2006
(第79回)
White Palms Fehér tenyér Szabolcs Hajdu 落選
2007
(第80回)
タクシデルミア ある剥製師の遺言 Taxidermia Taxidermia パールフィ・ジョルジ 落選
2008
(第81回)
Iska's Journey Iszka utazása Csaba Bollók 落選
2009
(第82回)
Chameleon Kaméleon クリスティナ・ゴダ英語版 落選
2010
(第83回)
Bibliothèque Pascal[4] Bibliothèque Pascal Szabolcs Hajdu 落選[5]
2011
(第84回)
ニーチェの馬 The Turin Horse[6] A torinói ló タル・ベーラ 落選
2012
(第85回)
Just the Wind[7] Csak a szél バネデク・フリーガオフ英語版 落選
2013
(第86回)
悪童日記 The Notebook[8] A nagy füzet ヤーノシュ・サース英語版 最終選考[9]
2014
(第87回)
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲 White God[10] Fehér isten コルネル・ムンドルッツォ英語版 落選
2015
(第88回)
サウルの息子 Son of Saul[11] Saul fia ネメシュ・ラースロー 外国語映画賞受賞[3]
2016
(第89回)
ヒットマン: インポッシブル Kills on Wheels[12] Tiszta szívvel アッティラ・ティルハンガリー語版 落選
2017
(第90回)
心と体と On Body and Soul[13] Testről és lélekről エニェディ・イルディコー ノミネート[14]
2018
(第91回)
サンセット Sunset[15] Napszállta ネメシュ・ラースロー 落選

参考文献[編集]

  1. ^ a b Rule Thirteen: Special Rules for the Foreign Language Film Award”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2013年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  2. ^ http://cineuropa.org/newsdetail.aspx?documentID=109135
  3. ^ a b Oscars: Hungary Wins Its First Foreign-Language Honor Since Fall of Communism”. The Hollywood Reporter (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  4. ^ Hungary submits Bibliotheque Pascal for Oscar consideration”. ScreenDaily. 2010年9月7日閲覧。
  5. ^ 9 Foreign Language Films Continue to Oscar Race”. oscars.org. 2011年1月19日閲覧。
  6. ^ 63 Countries Vie for 2011 Foreign Language Film Oscar”. oscars.org. 2012年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月14日閲覧。
  7. ^ Hungary selects 'Just the Wind' for Oscars”. Variety. 2012年9月7日閲覧。
  8. ^ 86th Academy Awards Foreign Language Film Submissions”. Movie On. 2013年8月26日閲覧。
  9. ^ 9 Foreign Language Films Advance in Oscar Race”. Oscars. 2013年12月20日閲覧。
  10. ^ Hungary submits White God to Oscars”. Screen Daily. 2014年8月11日閲覧。
  11. ^ Roxborough, Scott (2015年6月11日). “Oscars: Hungary Selects 'Son of Saul' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2015年6月11日閲覧。
  12. ^ Holdsworth, Nick (2016年8月31日). “Oscars: Hungary Chooses 'Kills on Wheels' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2016年8月31日閲覧。
  13. ^ Clarke, Stewart (2017年9月5日). “Hungary Selects Golden Bear Winner ‘On Body and Soul’ as Foreign Language Oscar Entry”. Variety. 2017年9月5日閲覧。
  14. ^ Oscars 2018: The list of nominees in full”. BBC News (2018年1月23日). 2018年1月23日閲覧。
  15. ^ Barraclough, Leo (2018年9月11日). “Oscar Winner László Nemes’ ‘Sunset’ to Represent Hungary at Academy Awards”. Variety. 2018年9月11日閲覧。

関連項目[編集]