アカデミー外国語映画賞レバノン代表作品の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

レバノンは1978年に初めてアカデミー外国語映画賞に映画を出品した。アカデミー外国語映画賞はアメリカ合衆国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、アメリカ合衆国以外の国で製作され、主要な会話が英語以外で占められた長編映画を対象としている[1]

2017年度に出品された『判決、ふたつの希望』で初めてノミネートを果たした。

代表作[編集]

1956年よりAMPASは外国語映画賞を設置し、各国のその年最高の映画を招待している。外国語映画賞委員会はプロセスを監視し、すべての応募作品を評価する。その後、委員会は5つのノミネート作品を決定するために秘密投票を行う[1]。以下はレバノン代表作の一覧である


(授賞式)
日本語題 出品時の英題 フランス語題
アラビア語題
監督 結果
1978
(第51回)
Promise of Love Promesse d'amour
Սիրո Խոստումը [脚注 1]
Sarky Mouradian 落選
1998
(第71回)
West Beirut West Beyrouth
بيروت الغربية
ジアド・ドゥエイリ 落選
1999
(第72回)
Around the Pink House Autour de la maison rose
البيت الزهري
ジョアナ・ハッジトマス
ハリール・ジョレイジュ
落選
2002
(第75回)
When Maryam Spoke Out Quand Mariam s’est dévoilée
لمّا حكيت مريم
Assad Fouladkar 落選
2003
(第76回)
ラミアの白い凧 The Kite Le cerf-volant
طيّارة من ورق
ランダ・チャハル・サバグ英語版 落選
2006
(第79回)
ボスタ! 踊る幸福の赤いバス Bosta Bosta
بوسطة
フィリップ・アラクティンジ英語版 落選
2007
(第80回)
キャラメル Caramel Caramel
سكر بنات
ナディーン・ラバキー 落選
2008
(第81回)
戦禍の下で Under the Bombs Sous les bombes
تحت القصف
フィリップ・アラクティンジ英語版 落選
2011
(第84回)
私たちはどこに行くの? Where Do We Go Now?[2] Where Do We Go Now?
و هلّق لوين
ナディーン・ラバキー 落選
2013
(第86回)
Blind Intersections[3] قصة ثواني ララ・サバ 落選
2014
(第87回)
Ghadi[4] غدي アミン・ドラ英語版 落選
2015
(第88回)
Void[5] وينن Tarek Korkomaz
Zeina Makki
Jad Beyrouthy
Christelle Ighniades
Salim Habr
Maria Abdel Karim
Naji Bechara
落選
2016
(第89回)
Very Big Shot[6] فيلم كتير كبير Mir-Jean Bou Chaaya 落選
2017
(第90回)
判決、ふたつの希望 The Insult[7] قضية رقم ٢٣ ジアド・ドゥエイリ ノミネート[8]
2018
(第91回)
存在のない子供たち Capernaum[9] کفرناحوم ナディーン・ラバキー ノミネート[10]

脚注[編集]

  1. ^ アルメニア語

参考文献[編集]

  1. ^ a b Rule Thirteen: Special Rules for the Foreign Language Film Award”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2013年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  2. ^ 63 Countries Vie for 2011 Foreign Language Film Oscar”. oscars.org. 2012年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月14日閲覧。
  3. ^ Lebanese Filmmaker, Between Beirut and the Oscars”. al-Monitor. 2013年10月8日閲覧。
  4. ^ Araiji nomme "Ghadi" pour représenter le Liban aux Oscars 2014”. Lebanese Ministry of Information. 2014年9月30日閲覧。
  5. ^ Georges Khabbaz’ new film ‘Waynon’ to represent Lebanon at the Oscars”. Entertainment (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  6. ^ Salazar, Francisco (2016年9月20日). “Oscar 2017 Predictions: Lebanon selects TIFF film 'Very Big Shot'”. Latin Post. 2016年9月20日閲覧。
  7. ^ Tartaglione, Nancy (2017年9月11日). “‘The Insult’ Director Ziad Doueiri Detained In Lebanon After Venice Win”. Deadline. 2017年9月11日閲覧。
  8. ^ Oscars 2018: The list of nominees in full”. BBC News (2018年1月23日). 2018年1月23日閲覧。
  9. ^ Kozlov, Vladimir (2018年9月18日). “Oscars: Lebanon Selects 'Capharnaum' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2018年9月18日閲覧。
  10. ^ Oscars 2019: The nominees in full”. BBC News. 2019年1月22日閲覧。