アカデミー外国語映画賞南アフリカ代表作品の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

南アフリカ共和国は1989年に初めてアカデミー外国語映画賞に映画を出品した。アカデミー外国語映画賞はアメリカ合衆国映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、アメリカ合衆国以外の国で製作され、主要な会話が英語以外で占められた長編映画を対象としており[1]1956年度より設置されている[2]

これまでノミネートに至ったのはダレル・ルート英語版の『Yesterday』とギャヴィン・フッドの『ツォツィ』である[3][4]。フッドの『ツォツィ』は第78回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した[4]

代表作[編集]

1956年よりAMPASは外国語映画賞を設置し、各国のその年最高の映画を招待している[2]。外国語映画賞委員会はプロセスを監視し、すべての応募作品を評価する。その後、委員会は5つのノミネート作品を決定するために秘密投票を行う[1]。以下は南アフリカの代表作品の一覧である。


(授賞式)
日本語題 出品時の英題 言語 監督 結果
1989
(第62回)
マパンツラ Mapantsula [5][6] ズールー語アフリカーンス語ソト語英語 オリヴァー・シュミッツ英語版 落選
1997
(第70回)
Paljas アフリカーンス語 Katinka Heyns 落選
2004
(第77回)
Yesterday ズールー語 ダレル・ルート英語版 ノミネート
2005
(第78回)
ツォツィ Tsotsi ズールー語コサ語アフリカーンス語英語 ギャヴィン・フッド 外国語映画賞受賞
2008
(第81回)
Jerusalema アフリカーンス語英語ツォツィタール英語版 ラルフ・ジマン 落選
2009
(第82回)
White Wedding ズールー語コサ語アフリカーンス語英語 ジャン・ターナー英語版 落選
2010
(第83回)
Life, Above All 北ソト語 オリヴァー・シュミッツ英語版 最終選考[7]
2011
(第84回)
Beauty[8] アフリカーンス語 オリバー・ハーマヌス英語版 落選
2012
(第85回)
Little One[9] ズールー語 ダレル・ルート英語版 落選
2013
(第86回)
Four Corners[10] アフリカーンス語 イアン・ガブリエル英語版 落選
2014
(第87回)
Elelwani[11] ヴェンダ語 Ntshavheni wa Luruli 落選
2015
(第88回)
The Two of Us[12] ズールー語 Ernest Nkosi 落選
2016
(第89回)
Call Me Thief[13] アフリカーンス語 Daryne Joshua 落選
2017
(第90回)
The Wound[14] コサ語 ジョン・トレンゴーブ英語版 最終選考[15]
2018
(第91回)
Sew the Winter to My Skin[16] アフリカーンス語コサ語英語 Jahmil X.T. Qubeka 落選

参考文献[編集]

  1. ^ a b Special Rules for the Best Foreign Language Film Award”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2008年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月29日閲覧。
  2. ^ a b History of the Academy Awards - Page 2”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2008年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月21日閲覧。
  3. ^ Oscars 2005: The Nominees”. BBC (2005年1月25日). 2008年8月22日閲覧。
  4. ^ a b Zomorodi, Manoush (2006年3月6日). “Tsotsi takes foreign film Oscar”. BBC. 2008年8月22日閲覧。
  5. ^ Mapantsula appeared on the official Oscar press release in 1989, but Paljas was listed as South Africa's first-ever submission in 1997. It appears likely that Mapantsula was not screened. http://www.sahistory.org.za/pages/chronology/special-chrono/society/film.htm
  6. ^ http://www.indiewire.com/article/forty-four_countries_vie_for_oscar_nomination/
  7. ^ 9 Foreign Language Films Continue to Oscar Race”. oscars.org. 2011年1月19日閲覧。
  8. ^ 63 Countries Vie for 2011 Foreign Language Film Oscar”. oscars.org. 2011年10月14日閲覧。
  9. ^ Vourlias, Christopher (2012年9月28日). “S. Africa picks 'Little One' for Oscar nom”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118060052/ 2012年9月28日閲覧。 
  10. ^ South Africa Picks ‘Four Corners’ for Oscar”. Variety. 2013年9月20日閲覧。
  11. ^ Elelwani, the first Tshivenda film selected as South Africa's Oscars entry”. National Film and Video Foundation. 2014年10月1日閲覧。
  12. ^ Vourlias, Christopher (2015年9月22日). “South Africa Sets Drama for Foreign-language Oscar Race”. Variety. 2015年9月22日閲覧。
  13. ^ ‘Call Me Thief’ Is South Africa’s 2017 Foreign Language Film Academy Award Submission”. Shadow and Act (2016年9月27日). 2016年9月28日閲覧。
  14. ^ Vourlias, Christopher (2017年10月1日). “South Africa Enters ‘The Wound’ in Foreign-Language Oscar Race”. Variety. 2017年10月1日閲覧。
  15. ^ Pond, Steve (2017年12月14日). “Oscars Foreign Language Shortlist Includes 'The Square,' 'A Fantastic Woman'”. The Wrap. 2017年12月14日閲覧。
  16. ^ South Africa's official selection to the 91st Annual Academy Awards (Oscars) Best Foreign Language Film”. National Film and Video Foundation (2018年9月21日). 2018年9月21日閲覧。

関連項目[編集]