アカネ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アカネ科
アカネ
アカネRubia argyi
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク上群 superasterids
階級なし : キク類 asterids
階級なし : asterids I
: リンドウ目 Gentiales
: アカネ科 Rubiaceae
学名
Rubiaceae
Juss. (1789)
下位分類(属)
  • 本文参照

アカネ科 (アカネか、Rubiaceae) はリンドウ目に属する被子植物の一つ。アカネなどを含む。クロンキスト体系ではアカネ目に分類されていた。

特徴[編集]

草本または低木で、熱帯に特に多いが温帯にも草本がある。約60010,000以上を含む大きな分類群である。は単葉で対生か(見かけ上)輪生[1]托葉があり[1]アカネ属ヤエムグラ属では葉と同じ形になるため輪生に見える。ギョクシンカ属(Tarenna)のように葉にバクテリアが共生し、窒素固定を行うものも見られる[2]合弁花(ただしディアリペタラントゥス・フスケスケンス Dialypetalanthus fuscescens離弁花[3])で5裂するもののほか4裂するものも多い。ほとんどの場合子房下位であり、それと関連して早くから合弁花が形成されるのがほかのリンドウ目と異なる点である[4]虫媒花で虫を誘引するさまざまな機構が見られ、美しい花冠をつけるもの、小さい花が多数集合するもの、強い芳香を出すもの、蜜を分泌する花盤が発達したものが多く[2]、基本的には両性花であるが、中にはコプロスマ属Galopina属・ヤマトグサ属のように花が縮小し同科としては異例の風媒花を発達させた属も存在する[5]。また、開花前に受粉を終える自家受粉する種もまれに存在する[2]。花序は円錐花序集散花序、あるいは密な頭状花序である[1]カフェインを含むコーヒーノキなど、有益なアルカロイドを含む種が多い[2]

主な種[編集]

コケサンゴ(アカネ亜科、Anthospermeae)
コプロスマ・カーキー 'ヴァリエガータ'(アカネ亜科、Anthospermeae)
クルマバソウ(アカネ亜科アカネ連)
バーチェリア・ブバリナ(キナノキ亜科、クチナシ連?)

代表的な種には次のようなものがある。


主な分類群[編集]

アッサムニオイザクラ
サツマイナモリ(アカネ亜科、Ophiorrhizeae)
ミツバカンチョウジ(アカネ亜科ハリフタバ連)
クササンタンカ(アカネ亜科シソノミグサ連)
コプロスマ・レペンスの雌花(アカネ亜科、Anthospermeae)
ハクチョウゲ(アカネ亜科ヤイトバナ連)
プトリア・カラブリカ(アカネ亜科、Putorieae)
ヤマトグサ(アカネ亜科、Theligoneae)
シラホシムグラ(アカネ亜科アカネ連)
ホソバアカクダタマ(アカネ亜科、Palicoureeae)
シラタマカズラ(アカネ亜科ボチョウジ連)
ヤエヤマアオキ(アカネ科ヤエヤマアオキ連)
Strumpfia maritima(キナノキ亜科、Strumpfieae)
マリアナクチナシモドキ(キナノキ亜科、Chiococceae)
ハメリア・パテンス(キナノキ亜科、Hamelieae)
ベニマツリ(キナノキ亜科、Rondeletieae)
ハテルマギリ(キナノキ亜科ハテルマギリ連)
カダム(キナノキ亜科タニワタリノキ連)
キナモドキ(キナノキ亜科、Hymenodictyeae)
Calycophyllum candidissimum(通称: レモンウッド; キナノキ亜科、Condamineeae)
マグイレオタムヌス・スペキオスス(キナノキ亜科Sipaneeae)
アカキナノキ(キナノキ亜科キナノキ連)
ヒゴロモコンロンカ(キナノキ亜科コンロンカ連)
スルマル(キナノキ亜科、Jackieae)
コバミサオノキ(キナノキ亜科、Vanguerieae)
ミズバヒルギ(キナノキ亜科、Scyphiphoreae)
ベニデマリ(キナノキ亜科サンタンカ連)
アルベルタ・マグナ(キナノキ亜科、Alberteae)
アカミズキ(キナノキ亜科、Augusteae)
ハリザクロ(キナノキ亜科クチナシ連)
アラビカコーヒーノキ(キナノキ亜科、Coffeeae)
カフェマロン(キナノキ亜科、Octotropideae)
コブハテマリ(キナノキ亜科、Pavetteae)
Oxyanthus sp.(O. speciosusO. tubiflorus; キナノキ亜科、Sherbournieae)

新エングラー体系で独立の科とされていたヘンリクェジア科(Henriqueziaceae)はクロンキスト体系以降でアカネ科とされている。またAPG植物分類体系ではディアリペタラントゥス科(Dialypetalanthaceae)とヤマトグサ科もアカネ科に含められている。以下に主な亜科・属を示す。分類は Stevens (2001-)、シノニムに関しては Govaerts (2019) による。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c Stevens (2001-) はこの属をフタバムグラ属(Hedyotis)のシノニム扱いとしている。
  2. ^ 山崎 (1981) や近田 (2003) ではオオフタバムグラDiodia teres としてここに置かれており「オオフタバムグラ属」の和名が与えられていた。しかし Govaerts (2019) は Hexasepalum teres を正名としている。
  3. ^ Stevens (2001-) はこの属をOldenlandia属のシノニム扱いとしている。
  4. ^ 邑田・米倉 (2012) ではソナレムグラHedyotis strigulosa var. coreana とされており、この属には「ソナレムグラ属」という和名があてられていた。
  5. ^ 邑田・米倉 (2012:256) はこれに「フタバムグラ属」の和名をあてている。
  6. ^ 山崎 (1981) ではツルアリドオシ属Mitchella)がここに置かれており、「ツルアリドオシ連」の和名が与えられていたが、Stevens (2001-) はツルアリドオシ属を Mitchelleae という連に置いている。
  7. ^ 山崎 (1981) ではクルマバソウAsperula odorata としてここに置かれており、「クルマバソウ属」の和名が与えられていた。しかし Govaerts (2019) はガリウム・オドラツム(Galium odoratum)を正名としている。
  8. ^ 牧野 (1940:109) はこれを「やへむぐら」の学名としているが、Govaerts (2019) は Galium aparineG. spurium の間にシノニムの関係性を認めていない。
  9. ^ a b Stevens (2001-) はボチョウジ属Psychotria)のシノニム扱いとしている。
  10. ^ この和名の初出は金平 (1933:368) の「おほつるはながさ」である。
  11. ^ この和名の初出は金平 (1933:359) の「くろばかづら」である。
  12. ^ 金平 (1933:353) では「ぎよくしんくわもどき」と表記されている。
  13. ^ 金平 (1933:355) では「まりやなくちなしもどき」と表記されている。
  14. ^ 山崎 (1989) ではアカミズキ属(Wendlandia)がここに置かれており「アカミズキ連」の和名が与えられているが、Stevens (2001-) はアカミズキ属を Augusteae という連に置いている。
  15. ^ 熱帯植物研究会 (1996:418) では日本語名として「ガヨボ」が与えられ、パナマコロンビアでの呼称が Guayobo とされている。しかし Grandtner (2005:143) ではパナマとコロンビア(およびコスタリカベネズエラ)でのスペイン語名は guayabo とされており、これをカナ転写するとグアジャボあるいはグアヨボとなる。
  16. ^ この和名の初出は金平 (1933:369) の「もるつかこんろんくわ」である。
  17. ^ この和名の初出は金平 (1933:357) の「こばみさをのき」である。
  18. ^ この和名の初出は金平 (1933:378) の「みづばひるぎ」である。
  19. ^ この和名の初出は金平 (1933:360) の「なんやうさんたんくわ」である。
  20. ^ 山崎 (1989) では Randia cochinchinensis とそのシノニム Aidia cochinchinensis として紹介されているが、米倉・梶田 (2013-) はこれらとは関係のない Aidia henryi であるとしている。
  21. ^ かつてはヒジハリノキ(Benkara sinensis)が Oxyceros sinensis と分類されていたこともあり、山崎 (1989:196) では「ヒジハリノキ属」という和名が与えられている。
  22. ^ 山崎 (1989) ではシロミミズが Tricalysia dubia としてここに置かれており、「シロミミズ属」の和名が与えられていた。しかし Govaerts (2019) は Diplospora dubia を正名としている。
  23. ^ この和名の初出は 金平 (1933:380f) の「なんやうぎよくしんくわ」である。
  24. ^ この和名の初出は 金平 (1933:379) の「まりやなぎよくしんくわ」である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Kupicha (2005).
  2. ^ a b c d 福岡 (1989).
  3. ^ a b プランス (1997).
  4. ^ Ronse De Craene (2010:318).
  5. ^ Ronse De Craene (2010:319).
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s ブリッケル (2003).
  7. ^ コケサンゴの育て方 - 育てよう!みどりの広場 (株式会社日比谷花壇). 2019年6月24日閲覧。
  8. ^ コプロスマとは - 育て方図鑑 (みんなの趣味の園芸 NHK出版). 2019年6月24日閲覧。
  9. ^ マクビカー (2013:123).
  10. ^ a b c ウォーカー (2006).
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 林・古里 (1986).
  12. ^ 小野・林 (1987:401).
  13. ^ 金田 (2010:298).
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am 山崎 (1989).
  15. ^ a b c 永益ら (1997:3).
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba コーナー & 渡辺 (1969).
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 山崎 (1981).
  18. ^ a b c d e f 『園芸植物大事典』小学館。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l Kawakami (1910).
  20. ^ 邑田・米倉 (2012:250).
  21. ^ a b c d e f g h i j 米倉・梶田 (2003-).
  22. ^ a b Naiki et al. (2016).
  23. ^ a b c d e f g h i j 邑田・米倉 (2012:177-180).
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m 近田 (2003).
  25. ^ 邑田・米倉 (2012:255).
  26. ^ 邑田・米倉 (2012:256).
  27. ^ 金田 (2010:254).
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 熱帯植物研究会 (1996).
  29. ^ 永益ら (1997:8).
  30. ^ a b c d e f g h i j Stevens (2001-).
  31. ^ a b 堀田 (1989).
  32. ^ 永益ら (1997:26).
  33. ^ a b c d e f g h 牧野 (1940).
  34. ^ スミソニアン協会 (2012:196).
  35. ^ マグダレナ (2018:91).
  36. ^ 渡辺 (1944).
  37. ^ a b c 多肉植物&コーデックスGuideBook (2019:122-3).
  38. ^ 永益 (1997:21).
  39. ^ 永益 (1997:20).
  40. ^ 金平 (1933:366).
  41. ^ 金平 (1933:367).
  42. ^ a b 金平 (1933:354).
  43. ^ 坂﨑 (1998:938).
  44. ^ Appendices (CITES). 2019年7月5日閲覧。
  45. ^ a b 坂﨑 (1998).
  46. ^ 金田 (2010:308).
  47. ^ 金平 (1933:358).
  48. ^ a b 金平 (1933:381).
  49. ^ 金平 (1933:382).
  50. ^ 金平 (1933:383).
  51. ^ 金平 (1933:384).
  52. ^ 金平 (1933:386).
  53. ^ 金平 (1933:387f).
  54. ^ 金平 (1933:388).
  55. ^ Kerharo & Bouquet (1950:204).
  56. ^ Kerharo & Bouquet (1950:209).
  57. ^ リズデイルら (2007:325).
  58. ^ a b c 三橋 (1998).
  59. ^ ギブス (2005).
  60. ^ 河村・西川 (2019:270).
  61. ^ a b 渡辺 (1945).
  62. ^ 金平 (1933:356).
  63. ^ 金平 (1933:363).
  64. ^ 金平 (1933:376).
  65. ^ 伊藤 & 井鷺 (2018:xvii).
  66. ^ 京都府立植物園 見ごろの植物情報 平成25年7月12日/京都府ホームページ 2019年6月10日閲覧。
  67. ^ 邑田・米倉 (2012:246).
  68. ^ 邑田・米倉 (2012:249).
  69. ^ IUCN (2014).
  70. ^ 永益 (1997:13).

参考文献[編集]

英語・日本語:

英語:

  • Govaerts R. (ed). For a full list of reviewers see: http://apps.kew.org/wcsp/compilersReviewers.do (2019). WCSP: World Checklist of Selected Plant Families (version Aug 2017). In: Species 2000 & ITIS Catalogue of Life, 2019 Annual Checklist (Roskov Y., Ower G., Orrell T., Nicolson D., Bailly N., Kirk P.M., Bourgoin T., DeWalt R.E., Decock W., Nieukerken E. van, Zarucchi J., Penev L., eds.). Digital resource at http://www.catalogueoflife.org/annual-checklist/2019 Species 2000: Naturalis, Leiden, the Netherlands. ISSN 2405-884X 2019年6月19日閲覧。
  • Govaerts, R., Ruhsam, M., Andersson, L., Robbrecht, E., Bridson, D., Davis, A., Schanzer, I., Sonké, B. (2019). World Checklist of Rubiaceae. Facilitated by the Royal Botanic Gardens, Kew. Published on the Internet; http://wcsp.science.kew.org/ Retrieved 19 June 2019
  • Grandtner, Miroslav M. (2005). Elsevier's Dictionary of Trees: Volume 1 North America. Elsevier. ISBN 0-444-51784-7. https://books.google.co.jp/books?id=yjc5ZYWtkNAC&pg=PA1255&dq=red+lancewood&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjQvLHl6J7iAhUZxIsBHRUZCikQ6AEIMDAB#v=onepage&q=lancewood&f=false 
  • Groeninckx, Inge; Dessein, Steven; Ochoterena, Helga; Persson, Claes; Motley, Timothy J.; Kårehed, Jesper; Bremer, Birgitta; Huysmans, Suzy et al. (2009). “Phylogeny of the Herbaceous Tribe Spermacoceae (Rubiaceae) Based on Plastid DNA Data”. Annals of the Missouri Botanical Garden 96 (1): 109–132. doi:10.3417/2006201. 
  • Low, Yee Wen (2015). “Prismatomeris khoonmengiana, a new name for the Peninsular Malaysian Coffea malayana (Rubiaceae)”. Plant Ecology and Evolution 148 (1): 134–138(5). doi:10.5091/plecevo.2015.976. 
  • Ronse De Craene, Louis P. (2010). Floral Diagrams: An Aid to Understanding Flower Morphology and Evolution. Cambridge: Cambridge University Press. NCID BB02150526. https://books.google.co.jp/books?id=24p-LgWPA50C&pg=PA319&dq=Coprosma+Theligonum&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwj5h66h6YHjAhXIWLwKHXzFADwQ6AEIKDAA#v=onepage&q=Coprosma%20Theligonum&f=false 
  • Stevens, P. F. (2001 onwards). Angiosperm Phylogeny Website. Version 14, July 2017 [and more or less continuously updated since]. 2019年7月10日閲覧。

日本語:

  • IUCN (国際自然保護連合) 編、岩槻邦男・太田英利 訳、丸善出版、2014年。978-4-621-08764-0
  • 伊藤, 元己、井鷺, 裕司『新しい植物分類体系 APGでみる日本の植物』文一総合出版、2018年。ISBN 978-4-8299-6530-6。
  • エイダン・ウォーカー 編『世界木材図鑑』乙須敏紀 訳、産調出版、2006年。4-88282-470-1(原書: The Encyclopedia of Wood, Quarto, 1989 & 2005.)
  • 小野幹雄、林弥栄 監修『原色高山植物大図鑑』北隆館、1987年。
  • 金田, 初代『色・季節でひける花の事典820種』西東社、2010年。ISBN 978-4-7916-1698-5。
  • 金平, 亮三南洋群島植物誌』南洋庁、1933年、353-381頁。
  • Kawakami, TakiyaA List of Plants of Formosa 臺灣植物目錄臺灣總督府民政部殖産局、臺北、1910年、49-53頁。
  • 河村寿昌、西川栄明 共著、小泉章夫 監修『増補改訂【原色】木材加工面がわかる樹種事典』誠文堂新光社、2019年。978-4-416-51930-1
  • ニック・ギブス 著、乙須敏紀 訳『木材活用ハンドブック』産調出版、2005年。4-88282-450-7(原書: The Wood Handbook, Quarto, 2005.)
  • F. K. Kupicha「アカネ科」 V.H.ヘイウッド英語版 編、大澤雅彦 監訳『花の大百科事典』朝倉書店、2005年、245-6頁。4-254-17114-5
  • 近田, 文弘「アカネ科 RUBIACEAE」『日本の帰化植物』清水建美、平凡社、2003年、157-160頁。ISBN 978-4-582-53508-2。
  • 坂﨑信之『日本で育つ 熱帯花木植栽事典』アボック社、1998年。
  • スミソニアン協会 監修、デイヴィッド・バーニー 顧問編集、西尾香苗、増田まもる、田中稔久 共訳『地球博物学大図鑑』東京書籍、2012年。978-4-487-80564-8
  • 『多肉植物&コーデックスGuideBook』主婦の友社、2019年。ISBN 978-4-07-434371-3。
  • 永益英敏 ほか「アカネ科」 『朝日百科 植物の世界』第2巻、朝日新聞社、1997年。4-02-380010-4
  • 『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会、養賢堂、1996年、第4版、416-429頁。ISBN 4-924395-03-X。
  • 林弥栄、古里和夫 監修『原色世界植物大圖鑑』北隆館、1986年。
  • 福岡誠行「Rubiaceae アカネ科」 堀田満 他編『世界有用植物事典』平凡社、1989年、928頁。4-582-11505-5
  • ギリアン・プランス英語版「ディアリペタラントゥス科」 『朝日百科 植物の世界』第5巻、朝日新聞社、1997年、309-310頁。4-02-380010-4
  • クリストファー・ブリッケル 編集責任、横井政人 監訳『A-Z 園芸植物百科事典』誠文堂新光社、2003年。4-416-40300-3
  • 堀田満 他編『世界有用植物事典』平凡社、1989年。4-582-11505-5
  • 牧野, 富太郎牧野日本植物圖鑑』北隆館、1940年。
  • カルロス・マグダレナ 著、三枝小夜子みえださよこ 訳『植物たちの救世主』柏書房、2018年。978-4-7601-5006-9(原書: The Plant Messiah: Adventures in Search of the World's Rarest Species
  • ジェッカ・マクビカー英語版 著、吉谷桂子 日本語版監修『オーガニックハーブ図鑑』文化出版局、2013年。978-4-579-21177-7(原書: Grow Herbs, 2010, Dorling Kindersley Limited.)
  • 三橋博 監修『原色牧野和漢薬草大圖鑑』北隆館、1998年。
  • 邑田仁 監修、米倉浩司 著『日本維管束植物目録』北隆館、2012年。978-4-8326-0970-9
  • 山崎敬「アカネ科 RUBIACEAE」 佐竹義輔大井次三郎北村四郎、亘理俊次、冨成忠夫 編『日本の野生植物 草本III』新装版、平凡社、1999年(初版: 1981年)、46-55頁。4-582-53503-8
  • 山崎敬「アカネ科 RUBIACEAE」 佐竹義輔、原寛、亘理俊次、冨成忠夫 編『日本の野生植物 木本II』新装版、平凡社、1999年(初版: 1989年)、190-204頁。4-582-53505-4
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-).「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info (2019年6月11日).
  • コリン・リズデイルスペイン語版、ジョン・ホワイト、キャロル・アッシャー 著、杉山明子、清水晶子 訳『知の遊びコレクション 樹木』新樹社、2007年。978-4-7875-8556-1(原書: Eyewitness Companions: Trees, Dorling Kindersley, London, 2005.)
  • 渡辺清彦 編『南方圏有用植物圖説 第壹編藥用植物馬來軍政監部、1944年、12-19頁。
  • 渡辺清彦 編『南方圏有用植物圖説 第貮編食用植物』昭南植物園、1945年、51-76頁。(390頁まで391頁以降

フランス語:

関連文献[編集]

英語:

関連項目[編集]