アカミタンポポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アカミタンポポ
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : タンポポ亜科 Cichorieae
: タンポポ連 Trifolieae
亜連 : Crepidinae
: タンポポ属 Taraxacum
: アカミタンポポ T. laevigatum
学名
Taraxacum laevigatum
(Willd.) DC.
和名
赤実蒲公英
英名
Rock dandelion
Red-seed dandelion
Red-seeded dandelion
亜種

アカミタンポポ(赤実蒲公英、Taraxacum laevigatum[2])は、キク科タンポポ属多年草空地などに生える雑草ヨーロッパ原産の帰化植物環境省指定要注意外来生物日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。

形態と生態[編集]

在来種のタンポポと違って、外総苞片が反り返る。同じ外来種セイヨウタンポポによく似ているが、果実痩果)が赤味を帯びている[3]。ただし、現在は雑種個体がほとんどを占めるため、形態の特徴のみで種を同定するのは難しい[4]

受粉せずに種子をつくる無融合生殖によって繁殖する[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Flora of North America
  2. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月27日閲覧。
  3. ^ 岩槻秀明 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』 秀和システム、2006年11月5日。ISBN 4-7980-1485-0。
  4. ^ 山野美鈴、芝池博幸、井手任「茨城県つくば市における在来タンポポ及び雑種タンポポの分布と景観構造の関連解析」、『ランドスケープ研究 : 日本造園学会誌』第67巻第5号、日本造園学会、2004年3月31日、 587-590頁、 doi:10.5632/jila.67.587NAID 110004308157
  5. ^ 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社、2008年4月21日。ISBN 978-4-582-54241-7。

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真 『野に咲く花』 林弥栄監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、1989年、94頁。ISBN 4-635-07001-8。
  • 『写真で見る外来雑草』 畜産技術協会、1995年、28頁。ISBN 4-88137-056-1。
  • 『野草見分けのポイント図鑑』 林弥栄総監修、講談社2003年、11頁。ISBN 4-06-211599-9。

関連項目[編集]