アガフィヤ・ムスチスラヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アガフィヤ・ムスチスラヴナ
Агафья Мстиславна
ウラジーミル大公
Death of Agafia of Kiev, widow of Konstantin Vsevolodovich.jpg
アガフィヤの死
在位 1216年 - 1218年

出生 1185/9年
死去 1220年1月24日
埋葬 ロストフ生神女就寝大聖堂
配偶者 ウラジーミル大公コンスタンチン
子女 ヴァシリコ
フセヴォロド
ウラジーミル
家名 リューリク家
父親 キエフ大公ムスチスラフ3世
テンプレートを表示

アガフィヤ・ムスチスラヴナロシア語: Агафья Мстиславна、1185/9年 - 1220年1月24日)は、スモレンスク公ムスチスラフの娘である。なおアガフィヤは修道名である。

1196年ウラジーミル大公フセヴォロドの長男・コンスタンチンと結婚した。当時コンスタンチンは10歳であったが、成年するとウラジーミル大公位を獲得し、アガフィヤもまたウラジーミル大公妃となった。コンスタンチンとの間には3人の息子が生まれた。しかし1218年にコンスタンチンは死亡し、その後にアガフィヤは修道女となった。アガフィヤは1220年に死亡し、ロストフ生神女就寝大聖堂(ru)に埋葬された。

子女[編集]

参考文献[編集]