アキナ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アキナ
AKINA
メンバー 秋山賢太
山名文和
結成年 2012年10月15日
事務所 吉本興業
活動時期 2012年 -
出身 大阪NSC
影響 とんねるず(山名)
山田邦子(秋山)
出会い 事務所
旧トリオ名 ソーセージ
芸種 コント漫才
ネタ作成者 山名文和[1]
現在の代表番組 週刊ヤングフライデー
マンモスター+
せやねん!
痛快!明石家電視台
過去の代表番組 もってる!? モテるくん
吉本超合金A
もう少し、嫌な奴
同期 銀シャリジャルジャルプラス・マイナスクロスバー直撃(秋山)
かまいたち和牛藤崎マーケット天竺鼠
河井ゆずるアインシュタイン
(山名)
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2013年 第1回MBSラジオ演芸 ヤングスネーク杯 優勝
2014年 キングオブコント2014 決勝進出
2014年 THE MANZAI 決勝3位
2015年 第45回NHK上方漫才コンテスト 優勝
2015年 キングオブコント2015 決勝6位
2016年 M-1グランプリ2016 決勝5位
2017年 キングオブコント2017 決勝7位
2017年 NHK新人お笑い大賞 優勝
テンプレートを表示

アキナは、吉本興業大阪本社に所属しているお笑いコンビである。

メンバー[編集]

秋山 賢太(あきやま けんた、 (1983-06-24) 1983年6月24日(36歳) - )ツッコミ担当。

兵庫県川辺郡猪名川町出身、兵庫県立猪名川高等学校卒業。血液型A型、身長170cm、体重58kg、靴のサイズ26.5cm。実際は1cm大きいものを履く。
大阪NSC25期生。ソーセージでの活動前は、現「なにわプラッチック」の三輪善行と「金時」というコンビで活動。
プライベートでは山名の事を「ふみ」と呼ぶ。
2019年2月14日、朝日放送テレビアナウンサーの塚本麻里衣との結婚を発表[2]
スニーカーが好き。

山名 文和(やまな ふみかず、 (1980-07-03) 1980年7月3日(39歳) - )ボケ担当。

滋賀県東近江市出身、滋賀県立彦根東高等学校卒業、名古屋外国語大学中退。
血液型A型、身長171cm、体重60kg、靴のサイズ27cm、元喫煙者で2020年現在で禁煙4年目、先輩に誓ってやめた。ただしiQOSを吸っているところは度々番組や動画などで確認されているので、はたしてそれを禁煙と呼ぶかは怪しい。
大阪NSC26期生。ソーセージでの活動前は現「アインシュタイン」の河井ゆずると「河井山名」というコンビ(旧コンビ名は「やじろべえ」)で活動。
「山名スマッシュ」と呼ばれる一発ギャグのようなポージングを持っているが、特に意味は無いという。
特技は書道。

略歴[編集]

  • 元々、藤本聖(現・ジュリエッタ)を含めた「ソーセージ」というトリオで活動していたが、2012年7月2日、藤本が不祥事を起こし無期限謹慎処分(ソーセージの項目参照)となったため、秋山と山名の二人での活動が続いていた。その後、2012年10月15日をもって「ソーセージ」は藤本が脱退する形で解散となり、改めて秋山と山名の二人でコンビを結成し現コンビ名に改名して活動を継続する事となった[3]
  • コンビ名は、二人の名字「山(アキヤマ)」と「山(ヤマ)」を組み合わせたもの。「ソーセージ」時代同様にコントがメインだが漫才も行う。
  • 一年遅れで別のコンビでデビューした山名を見て秋山は「コイツとやりたい」と思い、それから山名がそのコンビを解散。秋山が「山名を誰かに取られる!」と自分のコンビを解散し、山名を誘ってコンビ結成した。

出演[編集]

テレビ[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

  • せやねん!毎日放送、2014年6月7日 - ) - 第2部不定期出演→第2部月1回レギュラー→第2部隔週レギュラー→第1部・第2部レギュラー
  • おうみ発630(NHK大津放送局) - 月1
  • 痛快!明石家電視台(毎日放送、2019年10月21日 - ) - 隔週
  • Jフットニスタ朝日放送テレビ、2020年2月18日 - ) - 第3代MC
  • アキナのほめらレストラン(テレビ大阪、2020年3月3日 - )
  • バズ★ナイトナマー(毎日放送、2020年5月28日 - )

過去のレギュラー番組[編集]

その他[編集]

ラジオ[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

その他[編集]

ネット配信番組[編集]

  • アキナのアキナいチャンネル(Youtube、2020年4月1日19:00〜)

現在のレギュラー番組[編集]

  • バツウケプラス(大阪チャンネル
  • マンモスター++
  • アキナのホビーナイト(SHOWROOM、2018年5月 - )

過去のレギュラー番組[編集]

DVD[編集]

  • アキナ(2015年8月5日)[4]
  • アキナ2(2019年3月27日)[5]

単独ライブ[編集]

2013年
  • 7月29日 - 「オギャー」(5upよしもと/大阪)※初単独
  • 10月31日 - 「ヒャッホー!!」(5upよしもと/大阪)
2014年
  • 2月14日 - 「よっし!!!」(5upよしもと/大阪)※5up卒業単独
  • 5月3日 - 「アキナの漫才単独」(5upよしもと/大阪)
  • 7月25日 - 「アキナ in NGK」(なんばグランド花月/大阪)
2015年
  • 3月26日 - 「アキナ in NGK 2」(なんばグランド花月/大阪)
  • 4月3日 - 「アキナ in ルミネ」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 5月2日 - 「アキナ in 幕張」(幕張よしもとイオンモール劇場/千葉)
  • 5月20日 - 「アキナのDVD収録ライブ〜みんな!いつもより多めに笑ってね!〜」(ABCホール/大阪)
  • 7月29日 - 「アキナのコント」(大丸心斎橋劇場/大阪)
2016年
  • 3月31日 - 「アキナ in NGK 3」(なんばグランド花月/大阪)
  • 4月6日 - 「アキナ in ルミネ 2」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 8月11日 - 「プレミアムアキナ」(大阪ビジネスパーク 円形ホール/大阪)
2017年
  • 4月6日 - 「アキナ in NGK 4」(なんばグランド花月/大阪)
  • 5月4日 - 「アキナルミネ〜どっさりネタ持ってきました〜」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 7月30日 - 「KING」(YES THEATER/大阪)
  • 10月31日-「アキナの漫才単独inルミネ」(ルミネtheよしもと/東京)
2018年
  • 4月26日 - 「アキナ in NGK」(なんばグランド花月/大阪)
  • 5月6日 - 「アキナ in ルミネ」(ルミネtheよしもと/東京)

出囃子[編集]

賞レース戦歴[編集]

キングオブコント[編集]

年度 結果 会場 日時 備考
2013年 2回戦進出 テイジンホール 2013/08/10
2014年 決勝進出 TBSテレビ 2014/10/13 決勝1回戦敗退
2015年 決勝進出(6位) TBSテレビ 2015/10/11
2016年 準決勝進出 赤坂BRITZ 2016/09/08
2017年 決勝進出(7位) TBSテレビ 2017/10/01
2018年 準々決勝敗退 YES THEATER 2018/08/16
2019年 準々決勝敗退 YES THEATER 2019/08/16

Ⅿー1グランプリ[編集]

年度 結果 会場 日時 備考
2015年 準々決勝進出 なんばグランド花月 2015/11/05
2016年 決勝進出(5位) テレビ朝日 2016/12/04
2017年 準決勝進出 NEW PIER HALL 2017/11/15 準々決勝敗退後、
Gyaoワイルドカード枠で準決勝進出(予選23位)
2018年 準決勝進出 NEW PIER HALL 2018/11/15 予選18位、敗者復活戦4位
2019年 不参加

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 漫才のツッコミのフレーズを秋山が考える場合もある。
  2. ^ アキナ秋山が塚本麻里衣アナと結婚、山名も祝福「僕たちアキナの絆はすごい」”. お笑いナタリー. 2019年2月14日閲覧。
  3. ^ ORICON STYLE (2012年10月15日). “メンバー不祥事のソーセージが解散 新コンビ「アキナ」で再始動”. 2012年10月15日閲覧。
  4. ^ アキナ初DVD「アキナ」収録コント発表、予約者と写メ撮影会も”. お笑いナタリー (2015年5月15日). 2015年8月5日閲覧。
  5. ^ アキナ単独ライブDVD「アキナ2」が3・27発売 TVLIFE
  6. ^ MBSラジオ演芸 ヤングスネーク杯