アクアシティお台場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東京臨海副都心 > お台場 > アクアシティお台場
アクアシティお台場
Aquacity Odaiba.jpg
店舗概要
所在地 135-0091
東京都港区台場1丁目7番1号
座標 北緯35度37分40.1秒 東経139度46分24.8秒 / 北緯35.627806度 東経139.773556度 / 35.627806; 139.773556座標: 北緯35度37分40.1秒 東経139度46分24.8秒 / 北緯35.627806度 東経139.773556度 / 35.627806; 139.773556
開業日 2000年4月1日
2000年4月21日(メディアージュ)[1]
施設管理者 三菱地所リテールマネジメント[2]
設計者 BT21共同設計室[1]
施工者 (仮称)BT21商業施設新築工事共同企業体[1]
敷地面積 約25,000m²[1]
延床面積 約94,000m²[1]
商業施設面積 約75,000m²[1]
中核店舗 メディアージュ
店舗数 約120店
営業時間 11:00-23:00(一部深夜営業店舗あり)
前身 バッテリータウン二十一(計画当初)[1]
最寄駅 台場駅
最寄IC 台場臨海副都心
Mitsubishi Estate logo.svg
テンプレートを表示
アクアシティお台場の建物全景(フジテレビ本社屋22階から)
女神のゲート

アクアシティお台場(アクアシティおだいば、英語名称:AQUA CiTY ODAIBA)は、2000年4月に開業した東京都港区台場に所在する複合商業施設である。

概要[編集]

1990年11月、第1回東京テレポートタウン進出希望公募に三菱地所などのグループが当選。コンペ当選当時は世界都市博覧会も開催する予定となっていたことから、隣接して先に開業する商業施設「デックス東京ビーチ」と一体となって、「人々に楽しんでいただく装置・施設」をつくる構想が描かれた[3]。翌年3月、三菱地所を中心に竹中工務店東亜建設工業日本興業銀行(現:みずほ銀行)、角川書店(現:KADOKAWA)、新日本製鐵(現:日本製鉄)などの共同出資よって運営会社の「バッテリータウン二十一」を設立。当初計画ではミュージカル劇場を併設する案も検討された[3]

だが、その後の都市博開催の中止決定や、フジテレビのお台場への本社移転、オフィスやホテルの進出などにより、「お台場」自体の立地が徐々に変化していった[3]。それを踏まえ、当時の基本コンセプトは守りながらも、社会情勢などを鑑み、計画自体に修正が加えられることになり、1997年にはSCの目指す「エンターテイメント」をともに表現していく企業としてソニーの参画が決定。運営会社と密接にコミュニケーションを取りながらSCのイメージを固めていった[3]

1998年6月に都から賃借した土地に建物が着工され[4]、8月には公募によって「アクアシティお台場」に名称が決定。 中心ターゲットを赤ちゃんや小さなこども連れのファミリー層を想定し、年代的には30代を中心としたベビーカーを押す若いファミリーをイメージし[5]2000年4月1日にオープンした(メディアージュは4月21日)。

なお、運営会社のバッテリータウン二十一は、開業時にアクアシティに社名を変更。後に三菱地所が完全子会社化し、2007年7月、三菱地所リテールマネジメントに再度改称され、それを機に三菱地所グループで開発する商業施設の運営管理が全面的に委託されることになった[2]

お台場海浜公園に隣接し、東京臨海副都心を代表する商業スポットとして人気を集めている。毎年夏にジャンプショップ臨時店舗が開店する。

施設構成[編集]

ゆりかもめ台場駅から徒歩1分の施設は地上6階建ての7層。1階のシーサイド入口には水陸両用のKABAバスが乗り入れる。

ソニーが3分の1にあたる全6フロアをマスターリースした上で、ソニーグループおよび一般テナントにサブリースして、都市型エンターテイメント施設「メディアージュ」を核テナントとして開業[6]。全体のプロデュースや協賛企業の募集などの事業企画・企画運営はソニーアーバンエンタテイメントが行っていたが[6]、後に親会社のソニーに吸収合併され、現在は事実上ソニー直営の施設となっている。

シネコンや飲食店、ソニーとは直接関係にない各種アトラクションも海外から持ち込み、利益を上げる事業モデルを描いたが、日本での知名度の低さなどが響いて稼働率が上がらないアトラクションが目立ち、軌道修正を迫られ、2002年から翌年にかけブランドイメージ作りの拠点と位置づけた大型リニューアルが行われ[7]、その後もリニューアルが行われた。

ほかに各種店舗、レストラン、結婚式場、東京レジャーランドお台場メディアージュ店、ラーメン国技館 舞などが入る。

沿革[編集]

  • 1990年11月 - 第1回東京テレポートタウン進出希望者公募に当選。
  • 1991年3月 - 運営会社バッテリータウン二十一株式会社設立。
  • 1998年
    • 6月 - 着工。
    • 8月 - 施設名称を「AQUA CiTY ODAIBA(アクアシティお台場)」に決定。
  • 2000年4月 - 建物竣工、施設開業。運営会社の商号をアクアシティ株式会社に変更。
  • 2004年11月 - 累計来館者数1億人達成。
  • 2007年7月 - 運営会社の商号を三菱地所リテールマネジメント株式会社に変更。
  • 2009年
    • 5月 - 累計来館者数2億人達成。
    • 12月 - リニューアル。

その他[編集]

  • 2007年X JAPANが再結成の場として、この施設の屋上においてファンの前に姿を現すというイベントを行った。
  • 2015年、開業15周年を記念して3月20日から4月5日までアイドルグループ私立恵比寿中学とコラボして、様々な企画が実施された。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g ショッピングセンター 2000, p. 41.
  2. ^ a b 「三菱地所、アクアシティ 社名変更、商業専用施設の運営集約」『日経産業新聞』2007年6月25日
  3. ^ a b c d ショッピングセンター 2000, p. 38.
  4. ^ 月刊レジャー産業資料 2000, p. 104.
  5. ^ ショッピングセンター 2000, p. 38 - 39.
  6. ^ a b 月刊レジャー産業資料 2000, p. 105.
  7. ^ 「ソニーのメディアージュ 独自性演出、若者に発信(わが社の視点)」『日経産業新聞』2003年12月12日

参考文献[編集]