アクテリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アクテリオンアクテリオン ファーマシューティカルズ: Actelion Pharmaceuticals Ltd, Actelion Ltd)は、スイスバーゼル近郊のAllschwilに本拠を置く製薬企業。

1997年12月、循環器系を専門とするジーン・ポール・クロゼール(Jean-Paul Clozel)を中心として設立された[1]。肺動脈性肺高血圧症の経口治療薬であるボセンタンの製品化に世界で初めて成功、「トラクリア」の商品名で販売している。以後、循環器系希少病種に関する新薬開発に取り組み、エンドセリン受容体拮抗薬や、ゴーシェ病(GD1)に対応するミグルスタットやイロプロスト、グルコシルセラミド合成阻害薬や、日本新薬との提携によるプロスタグランジン受容体作動薬の開発などを行っている。

スイスを拠点に、アメリカオーストラリアなど世界20か国以上に拠点を持つ。2000年3月にスイス証券取引所に上場した[2]2015年の収益は20億フラン以上[3]

日本法人(アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン)は2001年10月、東京に設立された[4]。国内に札幌から福岡まで8つの支店を持つ。

2017年1月、ジョンソン・エンド・ジョンソンによるアクテリオンの買収が発表され[5]、6月に買収が完了(上場廃止)、アクテリオンはジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のヤンセン ファーマの子会社となった[6]。なおアクテリオンのバイオテクノロジー関係の研究開発部門は、Idorsia Pharmaceuticals Ltdの社名で分離しスイス証券取引所に上場、アクテリオン創業者のジーン・ポール・クロゼールは同社に移っている[7]

脚注[編集]

  1. ^ Profile:Jean-Paul Clozel” (英語). ネイチャー (2007年2月1日). 2016年9月5日閲覧。
  2. ^ Switzerland's Actelion going public in one of Europe's biggest biotech IPOs” (英語). The Pharmaletter (2000年3月27日). 2016年9月5日閲覧。
  3. ^ Actelion Fact Sheet (PDF)” (英語). Actelion Ltd.. 2016年9月5日閲覧。
  4. ^ 沿革”. アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン. 2016年9月5日閲覧。広尾に設立されたが、2016年10月、ミッドタウン・タワー内に移転した。
  5. ^ 米J&J、スイスのアクテリオン買収で合意 価格は300億ドル”. ロイター (2017年1月26日). 2017年1月30日閲覧。
  6. ^ Johnson & Johnson Completes Acquisition of Actelion” (英語). Globe Newswire (2017年6月16日). 2017年11月4日閲覧。
  7. ^ J&J社、買収したActelion社のスピンアウト新会社がスイスで上場「Idorsia」の社名で開発継承”. 日経バイオテク (2017年6月21日). 2017年11月4日閲覧。

関連項目[編集]

いずれも日本法人一社提供の番組。