アクトパル宇治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アクトパル宇治(アクトパルうじ)は、宇治市の総合野外活動施設である。

1999年4月、宇治市により宇治市西笠取地区に開設された。自然体験林間学習をはじめ、 スポーツ合宿や勉強合宿、各種研修といった用途に使われ、リクリエーションのためのキャンプスペースなどが存在する[1]。年間来場者数は10万人を超える。 管理・運営は、平成23年4月より公益認定を受けた「公益財団法人 宇治市野外活動センター」による。[2]

施設[編集]

管理棟[編集]

食堂、売店、研修室、宿泊室、洗濯室、浴室、天体観測室がある。

天体観測室は京都府下の公開天文台では最大の口径25cm屈折望遠鏡ニコン製)が天体ドームの中に設置されており、予約さえすれば誰でも天体観察・太陽観察をする事ができる。

宿泊棟[編集]

平屋建ての宿泊棟4棟に宿泊室が6室ずつ計24室、定員6名の和室と定員8名の洋室があり、合計172名が宿泊可能。

体育館[編集]

バレーボールコート1面(練習用2面)、バスケットコート1面、バドミントンコート3面をとることができる。卓球台は6台を備えている。

その他[編集]

テントサイト、川遊び場、アスレチックなど。

利用案内[編集]

休所日は、毎週月曜日(学校夏期休業期間及び国民の祝日を除く)および年末年始(12月28日 - 1月4日)である。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宇治市総合野外活動センター「アクトパル宇治」 - 宇治市WEBサイト
  2. ^ 公益財団法人 宇治市野外活動センター - 設立・沿革