アクメイズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

アクメイズムロシア語:Акмеизм英語:Acmeism)は、ロシア帝国(現:ロシア)で1910年から1912年にかけて成立した文学流派または文学運動。「アクメ」とはギリシア語頂点を意味する「Acme」で[1][2]、アクメイズムを詩のスタイルとする人をアクメイストと呼んだ。

ロシアの詩人作家であるニコライ・グミリョフミハイル・クズミン英語版指導者となり、象徴主義からの技法を学びつつも、神秘性を否定して明晰な塑像性と古典的調和を追求した。

グミリョフ、クズミンはグミリョフのアンナ・アフマートヴァや同国出身の詩人であるオシップ・マンデリシュタームセルゲイ・ゴロデツキー英語版ミハイル・ゼンケヴィッチ英語版ウラジーミル・ナルブト英語版ボリス・サドフスキーロシア語版らは自らをアダミズムと呼び[1]「詩人の職場(Tsekh poetov)」と称して1909年から1917年まで機関誌『アポロン』を出版した。

しかし十月革命の際にグループを解体し、一部のメンバーは文壇を去ったがアフマトーヴァは文壇に残り、1946年の批判で文壇から去ることを余儀なくされた[3]

脚注

  1. ^ a b 万有百科大事典 1973, p. 9.
  2. ^ グランド現代百科事典 1983, p. 159.
  3. ^ 世界大百科事典 1972, p. 124.

参考文献

関連項目