アグネスラズベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アグネスラズベリ
Agnes Raspberry.jpg
2008年3月2日阪神競馬場
欧字表記 Agnes Raspberry
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2001年4月20日
死没 (存命)
抹消日 2008年3月5日
エアジハード
アグネスミネルバ
母の父 トニービン
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 渡辺孝男
吉田照哉
→渡辺孝男
調教師 西浦勝一栗東
田中道夫兵庫
→西浦勝一(栗東)
競走成績
生涯成績 27戦8勝
獲得賞金 2億1480万2000円
テンプレートを表示

アグネスラズベリとは、日本の元競走馬で現在は繁殖牝馬である。 2007年に函館スプリントステークスを制した。

経歴[編集]

戦績[編集]

2003年中央競馬でデビューするが、未勝利のまま2005年兵庫県競馬組合に移籍し園田競馬場で初勝利を挙げた。その後中央に移籍し条件戦で4連勝を含む活躍で、オープンクラスに上り詰めた。

2006年、オープンクラスになっての初戦、ヴィクトリアマイルに出走し5着となり注目を集め、その後のCBC賞では1番人気に推されたが8着に敗れる。

その後は好走を続けるものの、なかなか勝ちきることができずにいたが、2007年の6戦目となる函館スプリントステークスを制し重賞初勝利を挙げる。同年のサマースプリントシリーズキーンランドカップでは2着に入り、同シリーズ暫定トップで最終戦セントウルステークスに出走。大外枠と馬体重20キログラム減であったが9着に終わる。サンアディユがこのレースを優勝したために逆転を許し、サマースプリントシリーズは2位に終わった。その後は第41回スプリンターズステークスに出走、13着に敗れた。その後阪神カップに出走するも9着だった。

2008年シルクロードステークスから始動。馬体重12キログラム増で、デビュー以来最高馬体重での出走となり13着だった。その後阪急杯では10着だった。そしてこのレースを最後に3月5日、競走馬登録を抹消され競走馬を引退した。

繁殖入り後[編集]

2008年春より繁殖入り、繋養先は生まれ故郷の社台ファームである。

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
初仔 リインカネーション 2009年 アグネスタキオン 栗毛 栗東石坂正 (有)社台レースホース 4戦0勝(引退)
2番仔 メジャーフラガール 2010年 ダイワメジャー 栗毛   不出走(引退・繁殖)
3番仔 クイーンラズベリ 2011年 ネオユニヴァース 栗毛 美浦加藤和宏[要曖昧さ回避]
高知・松木啓助
(株)グリーンファーム
→松本忠正
33戦1勝(引退)
4番仔 レッドオルバース 2012年 ダイワメジャー 栗毛 美浦・国枝栄 (株)東京ホースレーシング 現役
5番仔 レッドラーザム 2014年 ゼンノロブロイ 鹿毛 栗東・音無秀孝 (株)東京ホースレーシング 現役
6番仔 2015年 ダイワメジャー 栗毛

血統表[編集]

アグネスラズベリ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 テスコボーイ系

エアジハード
1995 栗毛
父の父
サクラユタカオー
1982 栗毛
*テスコボーイ Princely Gift
Sun Court
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
父の母
アイシーゴーグル
1987 栗毛
*ロイヤルスキー Raja Baba
Coz o'Nijinsky
シャダイアイバー *ノーザンテースト
サワーオレンジ

アグネスミネルバ
1994 栗毛
*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
母の母
*ベリアーニ
Berliani
1985 鹿毛
Nereyev Northern Dancer
Special
Eleven Pleasures What a Pleasure
Eleven Keys
母系(F-No.) ベリアーニ系(FN:3-l) [§ 2]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×4、Hyperion 5×5、Bold Ruler 5×5 [§ 3]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [2][1]
  3. ^ [1]
近親
母の半姉スターバレリーナ(父Risen Star)はローズステークスなどの勝ち馬。そのスターバレリーナの産駒に重賞勝ち馬のグランパドドゥやアンドゥオール、スターバレリーナの孫に皐月賞ロゴタイプなどがいる。

出典[編集]

  1. ^ a b c 血統情報:5代血統表|アグネスラズベリ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年2月20日閲覧。
  2. ^ 望田潤 (2013年6月17日). “ベリアーニ牝系とAphrodite≒Eight Thirty≒War Relic”. 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog. 2017年2月20日閲覧。