アグネス・アーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アグネス・ロバートソン=アーバー(Agnes Robertson Arber FRS、1879年2月23日1960年3月22日)は、イギリスの植物学者(植物形態学・植物生理学)、植物学史、生物学の哲学に関する著作の著者である。1946年に王立協会フェローに選ばれた最初の女性植物学者となった。(1945年のキャスリーン・ロンズデール(結晶学者)とマージョリー・スティーブンソン(化学微生物学)に次ぐ3人目の女性FRSである。)リンネ・メダルを受賞した最初の女性でもある。

略歴[編集]

ロンドンに生まれた。父親は画家で、弟や妹にギリシア文学の教授となるドナルド・ロバートソン、肖像画家になるジャネット・ロバートソン、詩人、キーツについての著作を行うマーガレット・ロバートソンがいる。父親から絵画の練習を受けたことが、後に植物学の図版を自ら描くために役立った[1]。8歳から女子教育を推進したフランセス・バス(Frances Buss)が運営する学校に入り、科学の女性教師に植物学の関心を開かれ、1894年に校内紙に研究を発表し、優秀な成績を得ることで、女性植物学者のエセル・サージェント(Ethel Sargent)の指導を受けた[2][3]。1897年からユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで学び、1899年にケンブリッジ大学のニューナム・カレッジに進み1902年に卒業し、エセル・サージェントの個人研究所、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで研究を進め、1905年に博士号を得た。

1909年に古生物学者のエドワード・アーバー(Edward Alexander Newall Arber)と結婚し、ケンブリッジに移り、1912年にニューナム・カレッジの研究職(Research Fellowship)を得て、最初の著作、 "Herbals, their origin and evolution" を発表した。1818年に夫を病で失うが研究を続けた[2]。女性が運営する科学研究所であるバルフォア研究所(Balfour Laboratory)で、結婚後から施設が閉鎖される1927年まで研究した。その後も自宅の研究所で1940年代まで研究を続けた。

研究分野としては、当初、エセル・サージェントの指導を受けて、植物組織の顕微鏡観察する技術を学び、1903年に最初の論文'Notes on the anatomy of Macrozamia heteromera'「マタバオニザミア(ザミア科の植物)の植物解剖学的知見」をケンブリッジ大学の紀要に発表した。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンでは裸子植物の形態学、解剖学の研究をした。最初の著作"Herbals, their origin and evolution"は植物学史の分野のもので、スタンダードワークとして評価された。1920年までに2冊の書籍と94の論文、記事を執筆した。1925年に出版した著書"Monocotyledons"(「単子葉植物」)はケンブリッジの植物学ハンドブックのシリーズとして、サージェントに執筆を依頼されたもので、健康の優れなかった、サージェントが1918年にアーバーを推薦したことによって執筆されたものである。その後は植物学史や生物学の哲学に関する著作を多く行った。

1908年にロンドン・リンネ協会の会員に選ばれ、1948年に女性として初めてリンネ・メダルを受賞した。1946年に王立協会のフェローに選ばれた。アメリカ植物学会の通信会員でもあった。

A.Arberは、植物の学名命名者を示す場合にアグネス・アーバーを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • Arber, A. (1912). Herbals, their origin and evolution. Cambridge.  2nd edition, 1938.
  • Arber, A. (1920). Water Plants: A Study of Aquatic Angiosperms. Cambridge. 
  • Arber, A. (1925). The Monocotyledons. Cambridge. 
  • Arber, A. (1934). The Gramineae. Cambridge. 
  • Arber, A. (1950). The Natural Philosophy of Plant Form. Cambridge. 
  • Arber, A. (1954). The Mind and The Eye. Cambridge. 
  • Arber, A. (1957). The Manifold and the One. John Murray. 

参考文献[編集]

  1. ^ Hanshaw Thomas, H. (1960) "Agnes Arber, 1879–1960 Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society Vol.6 (Nov 1960)
  2. ^ a b Packer, K. (1997) Notes and records on the Royal Society of London Vol.51, No.1
  3. ^ Schmid, R. (2001) 'Agnes Arber, nee Robertson 1879–1960: Fragments of her life, Including her Place in Biology and Women's Studies' Annals of Botany 88.