アグラフェナ・ロスチスラヴナ (リャザン公妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アグラフェナ・ロスチスラヴナ
Аграфена Ростиславна

死去 1237年
配偶者 リャザン公イーゴリ
子女 ロマン
イングヴァリ
ユーリー
家名 リューリク家
父親 キエフ大公ロスチスラフ1世
テンプレートを表示

アグラフェナ・ロスチスラヴナロシア語: Аграфена Ростиславна、? - 1237年)は、リャザン公イーゴリの妻である。

父はおそらくキエフ大公ロスチスラフノヴゴロド公ロスチスラフ・ユーリエヴィチ(ru)の娘という説もある)。1237年モンゴルのルーシ侵攻によるリャザン包囲戦において、息子のユーリーやその妻らと共に死亡した。

子女[編集]

夫・イーゴリとの間に以下の子がいる。

出典[編集]

  • Славянская энциклопедия. Киевская Русь — Московия: в 2 т. / Автор-составитель В. В. Богуславский. — Т. 1. — С. 11.