アグワン・ドルジェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アグワン・ドルジェフ

アグワン・ドルジェフ: Agvan Dorjiev: Агва́н Лобса́н Доржи́евチベット文字ངག་དབང་བློ་བཟང་རྡོ་རྗེ་ワイリー方式ngag dbang blo bzang rdo rje1854年 - 1938年)は、ブリヤート人チベット仏教。日本ではドルジェフと呼ばれることが多いが、ドルジーエフとも表記される[1]

経歴[編集]

ダライ・ラマ13世の教師であり、外交面においては「ロシアこそシャンバラである」と主張しロシア帝国寄りの姿勢をとった。

1913年チベット・モンゴル相互承認条約をチベット側の代表として締結した。 スターリン政権下の1937年、モンゴルおよび日本のスパイ容疑で逮捕され、翌1938年に獄中死。

脚注[編集]

  1. ^ 棚瀬慈郎 『旅とチベットと僕』 講談社、2013年、235頁。

参考文献[編集]

  • 河口慧海『チベット旅行記(四)』 講談社〈講談社学術文庫〉、2004年、82-99頁、ISBN 9784061582668
  • 棚瀬慈郎『ダライラマの外交官ドルジーエフ』岩波書店、2009年、ISBN 9784000237833

関連項目[編集]